成果報告書詳細
管理番号20140000000024
タイトル平成23年度-平成24年度成果報告書 災害対応無人化システム研究開発プロジェクト 作業移動機構の開発 重量物ハンドリング遠隔操作荷揚台車の開発
公開日2014/3/19
報告書年度2011 - 2012
委託先名株式会社東芝
プロジェクト番号P11018
部署名技術開発推進部
和文要約作業員の立ち入りが困難な有害汚染物質環境下にある設備内外において、階段、エレベータ等の移動手段に代わって、各種ロボット、各種資材等の重量物を各階に移送可能な「重量物ハンドリング遠隔操作荷揚台車」を開発した。重量物ハンドリング遠隔操作荷揚台車は現場での使用を想定した防塵防滴性を備え、簡易メンテナンス性を考慮した装置レイアウトとした。また高所まで遠隔作業装置等の重量物を持ち上げることが可能な機能としてパイプジョイント方式を考案し、移送時に発生する横揺れを抑制するため、プラットホームに揺れ止め機構を実装した。これらの機能を全て備えることで、災害が発生した建屋への進入と、その建屋内の制限された空間で移送姿勢を取ることができる装置として動作することを確認した。
英文要約Title: Final Report on the Mechanism Development for Transfer Device by Research and Development Project for Unmanned System Used for Disaster Recovery (FY2012-2013)

Toshiba developed “Remote Controlled Platform Truck for Handling Heavy Object”which is a transfer device, and it lifts up various robots, equipments and materials to elevated floors in the building under radiation harsh environment instead of personnel transferring them through steps and elevators by hands. This truck is designed to be easily maintained with dust and water proof features specifically for the site use. To safely and surely lift heavy remote controlled equipments to elevated floors, Toshiba developed “Pipe Joint Structure” for this device, and to control side-to-side shaking during transfer, we contained “Shake Control Mechanism” on the platform.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る