成果報告書詳細
管理番号20140000000031
タイトル平成20年度-平成24年度成果報告書 エネルギーITS 推進事業 国際的に信頼される効果評価方法の確立
公開日2014/3/19
報告書年度2008 - 2012
委託先名国立大学法人東京大学生産技術研究所 株式会社アイ・トランスポート・ラボ 一般財団法人日本自動車研究所
プロジェクト番号P08018
部署名省エネルギー部
和文要約地球温暖化防止の観点から、自動車交通からのCO2排出量低減が求められており、自動車単体の燃費改善等と並んで、Intelligent Transport Systems (ITS)による効果が期待されている。ITS施策の適切な運用のためには、どのような施策が、どのような交通状況で、どの程度有効であるかを事前に定量評価することのできる国際的に信頼されるツールが不可欠である。本研究開発では、ITS施策によるCO2低減効果を評価可能なツールの満たすべき条件を明確化して国際的な合意形成をおこない、効果評価方法を確立するため、以下の6項目について研究開発を実施した。1.ハイブリッドシミュレーション技術開発:粒度の異なる複数のシミュレーションモデルを組み合わせて、全国規模から交差点規模まで、規模感の異なるITS施策を総合して考慮できる交通流シミュレーションを構築した。2.プローブによるCO2モニタリング技術の開発:リアルタイムで得られるプローブデータ等より交通状況をシミュレーションで逐次再現し、地域全体でのCO2排出量を推計する技術を開発した。3.車両メカニズム・走行状態を考慮したCO2排出量推計モデル:ITS施策導入による自動車の走行挙動変化や車両メカニズムを考慮したCO2排出量推計技術を開発し、推計モデルを構築した。4.交通データ基盤の構築:国内外に散在する交通関連データについて、国際的に統一管理できるデータウェアハウスを構築し、ツールの検証データや入力データ等の効率的な活用を可能にした。5.CO2排出量推計技術の検証:構築する効果評価ツール群より求められるCO2排出量の精度検証をおこなうとともに検証手順を定め、評価手法全体の信頼性を高めた。6.国際連携による効果評価手法の相互確認:海外の研究者と連携して国際的なネットワーキングの促進により国際的に信頼される効果評価方法を確立し、その成果を国内外に発信した。以上の研究開発の結果、得られた成果4点を以下に記す。1.CO2排出量推計のためのツール群を構築し、これらから得られるCO2排出量の妥当性をデータウェアハウスに含まれるベンチマークデータセットを用いて検証し、信頼性のあるCO2排出量推計技術を確立した。加えて、この推計技術の検証手順を策定し、後述する国際共同レポートに取りまとめた。2.これらのツールを用いて、東名高速道路における大型車隊列走行の効果、東京23区におけるeスタート(エコドライブの一種)の効果、および社会還元加速プロジェクトと連携して、柏市および豊田市におけるエコドライブ支援およびエコルート案内による効果のケーススタディを実施し、具体的な場所とITS施策評価のための適用手法および評価ツールの運用体制を確立した。3.交通流シミュレーションの実施や検証に資する交通データウェアハウスを構築した。このデータベース(ITDb: International Traffic Database)は、東大生研が運営するサーバで管理・公開されている。4.日欧米の共同研究体制を構築し、ITS施策の効果評価手法として満足すべき要件やツールの検証手法について整理・合意して、国際共同レポート『Guidelines for Assessing the Effects of ITS on CO2 Emissions -International Joint Report-』として取りまとめ、平成25年3月に発行した。
英文要約From the viewpoint of preventing global warming, further reduction of CO2 emissions from road transport is required. Besides measures for each automobile, such as greater fuel efficiency, the effects of Intelligent Transport Systems (ITS) measures are expected to be a valuable CO2 reduction method. Evaluation methods for CO2 reduction in real world traffic situations is crucial to promote appropriate ITS measures. In this project, research and development was done for the following six items in order to clarify the conditions which should be filled to evaluate the tools of CO2 reduction effects by ITS measures, to perform international consensus building and to establish effective valuation methods. 1. Development of hybrid traffic simulation. 2. Development of CO2 monitoring systems with probe data. 3. Development of CO2 emission models. 4. Development of a traffic database. 5. Verification of CO2 emission. 6. International collaboration. The results obtained by the above research and development are described below. The tools for CO2 emissions estimation were built, the validity of the estimation results obtained from these tools was verified using the benchmark data set contained in the data warehouse, and a reliable CO2 emissions estimation method was established. The verification procedure of this estimation method is described in the international joint report. Case studies for the effect of truck platooning on the Tomei Expressway, the effect of "e-start" (a kind of eco-driving) in Tokyo's 23 Wards, and the effect of eco-driving support and eco-route guidance in Kashiwa City and Toyota City were carried out using these tools. With these case studies, an application method for a concrete target area and concrete ITS measure evaluation were established. In addition, a traffic data warehouse which contributes to the execution and verification of traffic simulation was built. This database (ITDb: International Traffic Database) is released on a computer server managed by the University of Tokyo. Furthermore, the Japan-Europe-U.S. joint research organization was built, and this organization has agreed on the requirements and qualification methodology of evaluation methods for ITS measures. The agreement was summarized as an international joint report, and was published.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る