成果報告書詳細
管理番号20130000001072
タイトル平成24年度成果報告書 平成24年度採択先導的産業技術創出事業 11B15004d 透明導電パターンフィルム向け低温焼成ナノインクの開発 平成24年度中間
公開日2014/4/3
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人東北大学蟹江澄志
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約本年度は,低沸点溶媒であるメタノールを用いた ITO ナノ粒子の直接合成法の確立と ITO 前駆体からアモルファスゲルを作成する技術開発を行った.得られた結果は,今後,低温焼成性を有する透明導電性ナノインク開発を推進する上で重要な基幹技術となった.さらに,界面活性剤レスの条件で,ATO, AZO, GZO ナノ粒子の合成法を確立した.得られたナノ粒子を用いて低温焼成ナノインクを調製し,バーコーター塗布して得られた透明導電性薄膜の評価を行った.その結果,抵抗率および透過率に関し,本研究の中間目標値をクリアした透明導電性薄膜を得ることに成功した.
英文要約For the introduction of low temperature sintering ability, highly-crystalline ITO nanoparticles were synthesized by a solvothermal system using methanol. On the other hand, amorphous gel-like precursor of ITO nanoparticles was also prepared. Furthermore, ATO, AZO, and GZO nanoparticles were obtained by solvothermal method without using surfactants. The resulting nanoparticles were applied to prepare nanoink-coated thin film by dispersing in organic solvents. Electrical and optical properties of the coating films were investigated and the properties were better than that of the interim target values of the present study.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る