成果報告書詳細
管理番号20130000001073
タイトル平成24年度成果報告書 平成24年度採択先導的産業技術創出事業 11B16002d 革新的ナノ接合を活用した水中接着性ポリフェノール重合体の創製 平成24年度中間
公開日2014/4/3
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人九州工業大学若手研究者フロンティア研究アカデミー金子大作
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約シナモン由来分子であるDHHCAとベリー類由来分子である3HPPAの共重合体の最適な組成比,即ち接着力が最大となる割合を決定できた。その共重合体poly(DHHCA-co-3HPPA)の接着強度は,最大30MPaであり,石油由来接着剤のエポキシ樹脂をも凌駕する値を示した。また,MTT試験やALP試験など,歯の歯髄細胞を用いた毒性試験においても極めて高い生体親和性が確認できた。短期水中安定性では良好な結果を示したが,長期水中安定性は37℃水中で接着強度は約30%まで減少した。これを押さえるために天然長鎖アルキル基の導入が効果的だと確認できた。
英文要約Suitable molar ratio of DHHCA derived from cinnamon and 3HPPA derived from berries are decided, suitable means the combination can achieve the strongest adhesive strength. The adhesion force was 30MPa which is superior to epoxy resin. Our adhesives are also confirmed to be very safety even to pulpal cell by MTT test and ALP test. Water-resistant ability of our adhesives was confirmed no to be very high, however, we have found to improve effectively the problem by inducing lauric acid into their polymer chain having hydrophobic alkyl chain.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る