成果報告書詳細
管理番号20130000001108
タイトル平成24年度-平成25年度成果報告書 アジア地域におけるバイオマスエネルギーの最新動向と普及に関する検討
公開日2014/5/2
報告書年度2013 - 2014
委託先名一般財団法人エネルギー総合工学研究所 一般財団法人電力中央研究所
プロジェクト番号P10010
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成24年度-平成25年度成果報告書 「アジア地域におけるバイオマスエネルギーの最新動向と普及に関する検討」

 本調査では、アジア地域(ASEAN、中国およびインド)におけるバイオマスエネルギーの普及促進に向けたモデルを構築するために、当該地域におけるバイオマス資源賦存量、バイオマスエネルギーの市場、および我が国のバイオマス利活用技術開発について最新動向を調査した。それらの調査結果を踏まえて、バイオマスの賦存量、転換技術の適用性、便益および事業の持続可能性を加味し、総合的に評価した普及モデルを構築した。
 さらに、今後の適切な技術開発目標を立てるための一助とするために、上記普及モデルに加えて、日本企業の東南アジア地域における事業化への課題を抽出、整理した。

【アジア地域におけるバイオマスエネルギーの最新動向】
 アジア地域10カ国(中国、インドとシンガポールとブルネイを除いたASEANの8カ国)では、毎年84億7,100万トンの賦存量が存在する結果となり、廃棄物系と未利用系のバイオマスがそれぞれ約20%を占める。資源作物系は栽培可能な土地面積からの推計となるが約60%のポテンシャルとなった。国別に主要なバイオマスは異なり、中国はトウモロコシ由来のバイオマスが多く、インドはサトウキビ、インドネシアとマレーシアはパーム、タイはパラゴムやキャッサバが多い。持続可能性の観点からは、含水量が少なく、輸送に係るエネルギーが不要な廃棄物系バイオマスを最優先に利用することが重要である。
 エネルギー利用は主に発電、熱、バイオエタノール、バイオディーゼルに分かれ、電力不足解消の観点からバイオマス発電からの買取価格を高く設定する制度の導入が進んでいる。ガソリンや軽油への混合を進める国が多いが、食料競合の観点から生産量は停滞しており、非食用原料からの液体燃料製造が課題である。
 我が国のバイオマスエネルギー導入政策をベースに、各省庁のバイオマス利活用技術開発の取組や日本企業のバイオマス利活用ビジネスへの参画状況を整理した。技術が実証-事業化段階にあるという条件を考慮して、アジア地域への普及が見込まれる有望転換技術を検討したところ、直接燃焼、メタン発酵、エタノール発酵、ガス化およびエステル化が抽出された。

【アジア地域におけるバイオマスエネルギー普及促進へ向けたモデルプランの構築】
 前述の「アジア地域におけるバイオマスエネルギーの最新動向」で得られた情報を基に、「バイオマス原料-転換技術-(利用技術)-市場流通形態」といった一貫したバイオマス利活用事業についてのモデル(トータルシステムモデル)を検討した。5つの有望視された技術に基づいて検討した各トータルシステムモデルについて、バイオマス資源の賦存量とバイオマスエネルギーの市場規模から想定されるシステムの期待導入数を検討した。
 さらに、資源の賦存量とエネルギーの市場規模から想定されるシステムの期待導入数がマッチするトータルシステムモデルに対し、経済性試算を行い、その技術が普及するための課題を明確にすることによって、バイオマスの賦存量、転換技術の適用性、便益および事業の持続可能性を加味し、総合的に評価した普及モデルを構築した。
 また、その普及モデルを対象に、事業化に関わる課題や日本企業の強みを踏まえて、国際実証事業につながる提案を行った。
英文要約Title: Latest Bioenergy Survey in Asian region and Development of Bioenergy Spreading model. FY2012-FY2013

In order to develop bioenergy spreading model in Asian region (including ASEAN, China and India), we have investigated the latest trend of biomass resource endowments and bioenergy market in the region, and have surveyed biomass utilization technology of our country. Based on the survey results, we have developed the bioenergy spreading model taking into account abundance of biomass resource, the application of biomass utilization technology, sustainability of the biomass and business benefits.
Furthermore, to help to make suitable goals of biomass utilization technology development for the future, we have identified issues to commercialization of bioenergy in the Asian region of Japanese companies.

[Latest Bioenergy Survey in Asian region ]
This report estimated that biomass quantity was 8,471 million tonne in 10 Asian countries include China, India and ASEAN countries except Singapore and Brunei. Waste type biomass and unused type biomass had same share or around 20 % of the total biomass quantity. This share for energy crop type was estimated around 60 % by calculation from available land area. Main biomass sources of each country varied, such as maize for China, sugarcane for India, oil palm for Indonesia and Malaysia and Para wood and cassava for Thailand. Priority of using waste type biomass is high from sustainable aspect because that had lower water content and lower energy losses for transportation.

Main utilization of biomass energy was for electricity, thermal energy, bioethanol and biodiesel. Governments is supporting biomass power plant by law and registration with higher price to solve the problem of shortage of electricity. Although many countries had policy of biomass blending with gasoline and diesel, production does not grow because of food security aspect. So liquid biofuel from non-edible source was challenge for higher production.

Based on bioenergy policy in Japan, we sorted out efforts to develop technologies for use and application of biomass by Japanese government ministries and agencies and/or Japanese companies. From technologies that were sorted by the above, we investigated a promising biomass use and application technology spread to the Asian region. Biomass use and application technologies such as, direct combustion, methane fermentation, ethanol fermentation, gasification, and esterification has been extracted where having regard to the condition that in the demonstration to commercialization stage technology.

[ Development of Bioenergy Spreading model ]
Based on the information obtained by the "Latest Bioenergy Survey in Asian region", we built a business model (total system model) including biomass feedstock, conversion technology, utilization technology, and market distribution. Each total system model with promising technology was examined from the market scale of bioenergy and abundance of biomass resources.
In addition, issues for spreading the technology were clarified by economic performance investigation of the total system model with abundance of biomass resources to meet the requirements of the market. Bioenergy spreading model was developed by the above economic performance investigation.
Finally, we gave information supplement leading to international demonstration projects on the basis of the strengths and issues of Japanese companies related to commercialization in Asian region
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る