成果報告書詳細
管理番号20140000000127
タイトル*平成25年度中間年報「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト アジアにおける先進的な資源循環システム国際研究開発・実証 有用金属を含む廃棄物の高度リサイクル技術」(H24-H26)
公開日2014/5/17
報告書年度2013 - 2013
委託先名日本磁力選鉱株式会社
プロジェクト番号P11010
部署名環境部
和文要約本実証で導入する低品位プリント基板濃縮設備、及びブラウン管モニター処理設備は、平成25年11月に全て現地サイトに到着している。当初の計画では平成25年9月末までに設備の据付けまで行う予定であったが、平成25年7月に現地サイトで土砂崩れが発生し、設備を導入する建屋とアクセス道路が多大な被害を受けた。それらの復旧に時間を要し、平成25年12月末に建屋が完成。基礎工事が終わった平成26年3月初旬より据付け工事が開始された。しかしながら、現地サイトにおける諸問題発生により据付け工事は一時中断している。問題解決後据付け工事を再開する予定。現在のところ再開は5月中旬を予定している。設備設置後に廃基板・白物家電等、ブラウン管の処理実証を開始し、終了はH27年2月末を予定している。以上に加えて、本プロジェクトのH25年度の取組として、インドのE-waste法(E-waste Handling Rules2011)に基づいた、メーカーによる電気・電子機器廃棄物(E-waste)の回収の最新動向、課題、今後の方向性についての調査を通じ、メーカー業界団体は同団体を主メンバーとしたPRO(Producer Responsibility Organization)を設立しメーカー共同でE-waste回収にあたる計画を有することを把握した。これを受け、E-waste回収の今後の動向の把握と販売店の販売網も活用したE-wasteの回収ネットワークの構築に向けた回収実証を行っていく。
 メーカー、リサイクラー関係者と、我が国におけるE-waste回収メカニズムの実態や回収促進のための方策、中国で施行されている中国版WEEE法の施行動向や同法により家電の買い換え時に適用される政策の効果、課題等についても合わせて啓発活動の一環として情報提供を実施した。E-wasteの解体実験による分析実証については、今後、回収実証により得られるE-wasteについて、現地パートナーの協力を得て、E-wasteの種類、性状(リユース可否等)、モデル(製造年代)等の調査や、解体工数の分析等を現地のリソース、ニーズ等を勘案して行う。ブラウン管処理実証における生成物の流通実証としては、ブラウン管由来のガラスカレットの生成時期や需給状況等を踏まえた上で、ガラスカレットの販売に向けた対応を行う予定である。また、白物家電等の処理によって発生する有価金属等についても同様に、販売先の特定、流通経路の把握、コスト分析を行う予定である。
英文要約Both the lower graded printed circuit board concentration facility and the CRT monitor processing facility have already arrived at the project site by November 2013. In the original plan, installation of the facilities would be completed by the end of September 2013; however, mudslide occurred at the project site in July 2013, and consequently the building and the access road suffered serious damage. Their restoration took some time, and the building was completed at the end of December 2013. Installation work has begun from early March 2014, after completion of foundation work.
However, installation work has been suspended due to the problems found at the project site. It is scheduled to resume installation work after settling these problems, presumably, in mid-May. After the completion of installation work, a processing demonstration study will begin and expected to finish at the end of February 2015.

In addition to the above items, latest trend, current challenges, and future direction of e-waste collection by manufacturers, required by the E-waste Handling Rules of 2011, were thoroughly studied as project’s work items for 2013. One of the findings is that a manufacturer’s organization has a plan to establish a PRO (Producer Responsibility Organization), placing themselves as its main member.
Taking these findings under consideration, both a study of E-waste collection’s future trend and a demonstration study to build a collection network utilizing retailer’s sales network will be conducted.
Also, information sharing with manufacturers and recyclers was conducted as a part of awareness raising and information promoting activities by providing information on Japanese E-waste collection mechanism, measures to promote collection, Chinese WEEE law’s current situation, effectiveness and challenges of the law when applied to take-backs, and etc.
Considering local resources and needs, demonstration study of processing e-waste will be conducted with those e-wastes purchased in the collection demonstration study, focusing on their types, current conditions (can be reused or not), model numbers (production years) , analyzing manpower for dismantlement, and etc.
For the logistical demonstration of generated products from CRT processing demonstration, sales of glass cullet are planned according to time of generation and supply-demand situation.
Also, regarding valuable metals generated from processing of white goods, identification of potential buyers, distribution channels, and cost analysis are planned.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る