成果報告書詳細
管理番号20130000000203
タイトル平成22年度-平成23年度成果報告書 SBIR技術革新事業 BTCセラミックスによる防弾能力を持った材料の研究開発
公開日2014/6/13
報告書年度2010 - 2011
委託先名株式会社ニチワ工業 学校法人東京理科大学
プロジェクト番号P08015
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成22年度-23年度成果報告書 「SBIR技術革新事業/BTCセラミックスによる防弾能力を持った材料の研究開発」

この研究開発は、防弾板を構成する上で重要となる耐弾性能を満たし、同時に機動性を確保し、総重量の軽減を達成するための実証研究であり、平成22年度-23年度に実施された。金属セラミックスTiB2-B4Cの製造プロセス開発と、機械的特性を評価するための社内試験方法を確立し、結果に基づいた材料特性データベース構築と材料テラーリングにより、目的とする耐弾レベルの合理的な設計が行える技術評価を平成22年度に実施したF/Sフェーズにて達成することが出来た。さらに平成23年度に実施したR&Dフェーズでは社内試験の精度確立と、米国司法省研究所で制定しているNIJ-STD-0108.01試験を実施し、米国政府機関のDDTCによる試験内容評価と認証試験登録を済ませることが出来た。弊社では単独で開発することが非常に困難な分野であり、当プロジェクトを推進する過程で委員会の設置を行い、学術機関等、産学官の各界から当該分野の第一線で活躍されている研究者、技術者を結集し開発作業を進め、前記成果を達成することが出来た。米国政府認証を受けたNIJ 耐弾レベルは目標がNIJ 3(III)、4(IV)であったため、弊社では左記の認証を取得し開発を終了した。認証取得はNIJ 3A+(IIIA+)、3(III)、3+(III+)、3++(III++)、4(IV)の合計5カテゴリーを同一素材のコンビネーションにより取得した。また、同一素材で取得の背景には、性能を満たした上で低価格での市場投入を目指し効率的に生産を行うため、開発テーマの上位に上げていた物で今後速やかに市場投入を目指す計画を持っている。現在、適切な政府機関とのコンタクトを開始し、要求の仕様にて製品投入を行うための準備を進めている。以上のような成果を得ることが出来、国産の金属セラミックスによって耐弾性能をクリアした素材を開発出来たため、製法を的確に確立し同時に営業活動を開始して、関係部署の要求されている部材を可及的速やかに市場投入することが、国家形成の一助となると確信している。
英文要約Title:Technology Innovation Program for Small Business Innovation Research/Research and development of materials with the ability of bulletproof by BTC ceramics (FY2010-FY2011) Final Report

This R&D meets the bulletproof performance that became important in constituting a bulletproof plate and to ensure mobility at the same time and it is proof study to achieve reduction of the gross weight and was carried out from fiscal year 2010 to 2011. To establish development of manufacturing process of metal ceramics TiB2-B4C, in-house testing method for evaluating the mechanical properties, by materials properties database construction and materials Teller ring based on a result, technical evaluation can be designed with a reasonable level of intended bulletproof, could be achieved at F/S phase was conducted in FY 2010. In addition, in the R&D phase, establish the accuracy of in-house testing, test NIJ-STD-0108.01 which has been established by U.S. National Institute of Justice, test evaluation and certification exam by DDTC U.S. Government was able to complete registration. It is a very difficult field for us to develop alone, to establish a committee in the process of promoting this project, has been at the forefront of art from various fields such as academic institutions, industry, academia and government, was able to proceed with their development brings together the engineer, to achieve the above results. The target of bulletproof NIJ level, which is certified by the U.S. government, was NIJ 3(III) and 4(IV), has finished development on the left to get the certification. The certification was obtained total 5 categories which were NIJ 3A+(IIIA+),3(III),3+(III+),3++(III++),4(IV) by the combination of the same material. In addition, the reason was to get standards in the same material, for the purpose of efficient production and enable the market at a low price meets the performance, the challenge was positioned on top of the priority development themes, for the achievement, plan aims to market as soon as possible in the future. Currently, we initiate contact with the appropriate government agency, are preparing the specifications for performing the product introduction of the request. It can be obtained the results as described above, by domestic metal ceramics, other materials can be developed due to clear the bulletproof performance, to start operating activities at the same time to establish accurately the process, we confident that will help the formation of the nation, that market as soon as possible the material is being requested relevant departments.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る