成果報告書詳細
管理番号20130000000434
タイトル平成23年度成果報告書 NEDOプロジェクトから生まれた製品、NEDOインサイドに関する俯瞰調査
公開日2014/6/14
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P09018
部署名評価部
和文要約 NEDOでは、過去30年間で累計数千件の研究開発プロジェクトを実施しており、多くの研究開発成果が社会で様々な貢献を行っている。NEDOではプロジェクト終了後5年間における研究開発成果の活用状況や売上、波及効果等についての追跡調査を実施しているものの、5年間の追跡期間を超えた開発成果の効果等については把握できていない。そこで、本調査では、NEDOでの研究開発成果がコア技術として活用された製品等を「NEDOインサイド製品」と定義し、これらNEDOインサイド製品が社会にもたらしている様々な効果を推計した。さらに効果推移結果について、必ずしも科学技術に専門的知見を有さない方々にも分かりやすい形で取り纏めることで、NEDOとして国民への説明責任を果たすとともに、NEDOプロジェクトマネジメントの改善に資することを目的とした。
 NEDOインサイド製品30製品については、平成21年度にNEDO内部で情報を収集・整理した実績を有する。本年度調査では、これら既存30製品についての情報更新を行った。最新の市場環境を経済効果推計、波及効果推計に反映させたほか、今後の経済情勢等によって大幅に市場展望が変動する一部製品については複数のシナリオを設定した上で将来的な売上予想等の経済効果推計を行った。
 本年度は、新たにNEDOインサイド製品20製品の追加を行った。まずは、NEDOの有する資料、及び関係者へのヒアリング調査等をもとにNEDOインサイド製品候補として71製品を抽出した。文献・ウェブ等調査、及び、業界団体キーパーソン等へのヒアリング調査をもとに、特に経済効果の有無(現状及び将来展望)を軸として絞込みを行い36製品とした。これらの新規NEDOインサイド候補については、現状及び将来的な市場規模展望を推計した上で、関連するNEDOプロジェクトの従事者に対するアンケート調査をもとに情報の確定を行った。なお、アンケート調査等をもとに精査した結果、最終的には新規NEDOインサイド製品候補20製品についての経済効果、波及効果等の情報を集約した。
 NEDOインサイド製品は、直接的な売上に代表される経済効果のみならず、省エネ機器によるCO2削減効果、介護機器によるQOL向上、日本企業のプレゼンス向上等、様々な効果を有する。本調査では、NEDOインサイド製品が有する多様な効果を抽出・整理した上で、NEDOインサイド製品に対する評価のあり方を検討した。結果、NEDOインサイド製品を類型化すると、(1)市場創出の先駆者、(2)国際競争力のブースター、(3)幅広い分野の発展を底上げ、(4)社会的な課題解決への貢献、の4つの区分に分類でき、各区分に応じて重点的に評価すべき効果が異なる可能性が示された。今後、NEDOインサイド製品の評価を行う際には、各区分への分類と、区分別の評価、その他個別に評価すべきポイントの確認、の手順が適していると考えられる。なお、本調査項目については、有識者で組織する委員会での議論をもとに検討した。
 最終的に、必ずしも科学技術に専門的知見を有さない方々にもNEDOインサイド製品の効果を理解頂けるように、成果物をとりまとめた。NEDOインサイド製品には製品類型に応じて多様な効果があることや、NEDOのミッションを概説した上で、代表的なNEDOインサイド製品の効果を個票の形で表現した。個票は、(1)市場創出の先駆者区分については、市場創出効果(主に経済効果)を、(2)国際競争力のブースター区分については日本企業のプレゼンス向上への貢献、(3)幅広い分野の発展を底上げ区分については導入用途の広がり、(4)社会的な課題解決への貢献については環境保全効果やQOL向上効果など具体的な貢献を強調する表現とした。さらに、参考としてNEDOインサイド製品の経済効果を累計して添付した。
英文要約 Over the last 30 years, NEDO (New Energy and Industrial Technology Development Organization) has been conducting a few thousand research and development projects which contribute to society in varied way. Even though 5-year follow up survey of NEDO projects was conducted in terms of practical use, sales, and ripple effect, so far it was not obvious the result after 5 years from the end of the project. From the background, this research focused on a long-term effect of “NEDO inside” products, those were defined as the products in which core technologies from NEDO project were used. Also this research emphasized to describe the effects of them in an Easy-To-Understand way due to the accountability to the public and improvement of PDS (Plan-Do-See) approach in NEDO project.
 In this research, NEDO inside products were divided into “30 existing products” and “20 newly added products”. The Former is the ones already investigated by NEDO in 2009. In this category, economic and its ripple effect were updated in accordance with the latest market survey. Also, in some products, several propagation scenarios were set due to their unpredictability. The latter means the products newly added from this research. At first 71 products were selected based on interview and literature review, and then had been narrowed down to 36 according to in-depth study of economic aspect. A questionnaire survey to related person was carried out for those 36 products in order to verify their effect. In response to the result, 20 products were finally extracted as newly added ones.
 Evaluation method for NEDO inside products was considered with taking account into their various effects; not only positive economic outcome but also CO2 reduction by improving energy efficiency, enhancement of quality of life, and empowerment in the status of Japanese company. As a result, It was revealed that NEDO inside product was mainly categorized into 4 groups on its function; (group 1) Creating new market, (group 2) Boosting international competitiveness, (group 3) Bottom up of wide range of technology, and (group 4) Contributing to solving social problem. Hence, for proper evaluation, it is needed to classify their category at first, and then evaluate based on its function and other advantage. This evaluation method was discussed in the committee consisting of intellectuals.
 Eventually work product in this research was made up in order to be easily understood by those who were not thoroughly familiar with science and technology. Also it explains NEDO’s mission, various effects, and representative examples of NEDO inside products, which emphasized (1) Market creation effect (particularly economic aspect) in group 1, (2) Empowerment in the status of Japanese company in group 2, (3) Wide spread of practical use in group 3, and (4) Improvement of environment and quality of life in group 4. Furthermore, cumulative economic effect of NEDO inside products is attached in the appendix.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る