成果報告書詳細
管理番号20130000000440
タイトル平成22年度-平成24年度成果報告書 「固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発事業 要素技術開発 酸化物系非貴金属触媒」(継続研究)
公開日2014/6/11
報告書年度2010 - 2012
委託先名株式会社アライドマテリアル
プロジェクト番号Q05017
部署名新エネルギー部
和文要約触媒粉末の微細化による触媒性能の向上を目的として、Zr-CN前駆体粉末の微細化に取組んだ。従来に比べ微細な酸化物粉末(Ta2O5, ZrO2)を使用することにより熱処理温度の低減を可能にした結果、Ta-CNおよびZr-CN粉末の粒径をそれぞれ130 nmおよび49 nmまで微細化することに成功した。他の取り組みとして、NMRを用いた触媒粉末の活性点について解析するために、13Cカーボンを含有したTa系触媒粉末の開発に着手した。13Cカーボンの添加量と熱処理温度の関係を明らかにし、目的とする粉末を得ることができた。継続研究で実施した技術開発により得られた粉末についてはプロジェクトメンバーに提供し、多くの成果に繋げることができた。
英文要約We have tried to prepare fine particles of tantalum and zirconium carbonitride powder as precursors of oxide-based catalysts in order to improve the oxygen reduction activity. The use of fine oxide powder caused heat treatment temperature of carbonitridation lower, thereby we succeeded to obtain fine tantalum and zirconium carbonitride powder of 130 and 49 nanometers, respectively. As another research, we tried to develop Ta based catalyst powder added a carbon-13C to analyze the catalytically active sites using nuclear magnetic resonance (NMR). We clarified the relationship between additive amounts of carbon-13C and heat treatment temperature of carbonitriding, and consequently obtained carbonitride powder including a carbon-13C as a precursor. By the technological development, we provided aimed catalyst powders and contributed to the promotion of our project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る