成果報告書詳細
管理番号20130000000901
タイトル平成24年度成果報告書 バイオエタノール一貫生産システムに係る最新動向と事業化へ向けた市場性・経済性に関する検討
公開日2014/6/19
報告書年度2012 - 2012
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P10010
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 「バイオエタノール一貫生産システムに係る最新動向と事業化へ向けた市場性・経済性に関する検討」

セルロース系バイオエタノールの製造技術について、各国政府による研究支援プログラム、技術開発状況等について調査した。
GHG排出量に関する研究動向および商用プラントの稼働計画等を整理すると共に、セルロースエタノール製造技術の経済性について検討した。
また、国内外におけるバイオ燃料市場を検討し、将来の市場規模の試算を行った。
以上に基づき、セルロース系エタノール製造事業のシナリオを想定し、GHG削減効果や経済波及効果を分析した上で、セルロース系エタノールの市場性や導入による影響についてとりまとめた。
英文要約Title: Research on the recent status for a cellulosic bioethanol production plant and its economy and marketability toward business(FY2012)Final Report

The research on the national programs in main countries and the recent status of technological development were conducted regarding technologies for producing cellulosic ethanol.
The existing study regarding effects on GHG reduction by using cellulosic ethanol, updated startup schedules for commercial plant and economy of cellulosic ethanol production was also researched.
On the other side, future market size of cellulosic ethanol was analyzed with considering various aspects which effected on the market in focused countries.
The marketability and effects by using cellulosic ethanol had been considered with analyzing the extent of GHG mitigation and economic ripple effect based on some scenarios assumed from results above.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る