成果報告書詳細
管理番号20130000000912
タイトル平成23年度-平成24年度成果報告書 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 次世代技術・フィージビリティスタディ等 水素ステーションの設置・運用等に係る規制合理化のための研究開発
公開日2014/6/11
報告書年度2011 - 2012
委託先名水素供給・利用技術研究組合 高圧ガス保安協会
プロジェクト番号P08003
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成23年度-平成24年度成果報告書 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発/次世代技術開発・フィージビリティスタディ等/水素ステーションの設置・運用等に係る規制合理化のための研究開発

水素ステーションの普及には、関係する規制・技術基準の見直しまたは新たな技術基準の策定が必要である。そこで、本研究開発では12テーマの研究開発に取り組んだ。以下に主な成果を記述する。
(1) CNGステーション併設時の設備間距離に関する検討
CNGスタンドと水素ステーションを併設する際の設備間距離に関して検討を行い、CNGスタンドと水素ステーションの設備間に障壁を設置することによって、現行の設備間距離よりも短縮が可能な技術基準案を作成した。
(2)水素ステーションの保安検査基準に関する検討
蓄圧器の非破壊検査を含む水素ステーションの保安検査基準案を作成した。
(3) 圧縮水素運送自動車用複合容器の安全弁に関する検討
各種試験を実施し、既存のJIGA-T-S/13/04(圧縮水素運送自動車用附属品の技術基準)に新たにガラス球式安全弁固有の検査として落下試験を追加した改正案を作成した。
(4)水素ステーションを併設する給油取扱所に関する検討
ガソリンと水素ディスペンサーの併設、および危険物改質装置の遠隔監視による無人暖気運転に関する技術的検討結果を纏め、消防庁主催の委員会へ報告した。
(5)公道とディスペンサーの離隔距離に関する検討
公道とディスペンサーの離隔距離を短縮するため障壁による方策を検討し、技術基準案を作成した。
(6)セルフ充てん式ステーションに関する検討
セルフ式水素ステーションでの充填操作、充てんノズルの装着確認方法等の安全対策、ノズルの軽量化等の設備仕様等を検討し、セルフ式水素スタンドの必要要件を纏めた。
(7)ディスペンサー周辺の防爆ゾーン基準に関する検討
JIS基準「JISC60079-10」に基づき、水素ガスの放出量、危険箇所範囲を計算し、水素ディスペンサー周辺の防爆ゾーン等を明確にした基準案を作成した。
(8)公道でのガス欠対応のための水素充てんに関する検討
ガソリン車のガス欠対応方法を参考に、高速道路のSA・PA・IC等の安全な場所での水素ガス充填を想定した充てん設備等の検討を実施し、公道でのガス欠対応に必要な要件を纏めた。
(9)フル充てんに対応した水素ステーションに関する検討
FCV GTR(FCVの世界統一基準)、現状の充てんプロトコル(SAE TIR J2601)等を調査し、フル充てんに対応した水素ステーションの設備構成と仕様を検討し、技術基準案を作成した。
(10) 水素ステーションでの水素保有量に関する検討
水素トレーラー留置方式による貯蔵量規制値超水素ステーションの建築基準法の個別許可取得に必要な資料の作成、複合容器水素トレーラー(35MP)の設計・製作および運用を実施した。
(11)プレクール設備冷凍機の保安距離短縮に関する検討
事故事例に加え想定事故に対する対応策を検討し、プレクール設備冷凍機の保安距離を、同一敷地内の高圧ガス設備の保安距離(敷地境界距離)以下に短縮する技術基準案を作成した。
(12)複合容器蓄圧器の設置等基準に関する検討
火災による輻射熱、紫外線による樹脂等の劣化、および飛来物による損傷などへの安全対策を検討し、複合容器蓄圧器の設置に関する技術基準の検討案を作成した。
英文要約Title: Development of technologies for hydrogen production, delivery, and storage systems. Next-generation technical development・Feasibility study etc. Optimization of Regulations for FCV and Hydrogen Infrastructure (FY2011-FY2012)Final Report
A new technical standard needs reexamination of a related statute etc., and to be decided for the spread of hydrogen stations. So, in this research and development, twelve themes are tackled and the main results obtained from these studies are described below. (1)The study of safety distance between a CNG station and a hydrogen station: We've established the technical standard which allows shorter safety distance by placing a barrier. (2)The study of inspecting standards of hydrogen stations:The revision draft of related regulation for inspection of hydrogen stations including non destructive inspection was prepared. (3)The study of pressure relief devices (PRD) of composite containers for hydrogen transportation:The revision draft of related regulation was prepared especially regarding to glass bulb type PRD. (4)The study of gas stations with hydrogen refueling dispensers:The report about safety installing of gasoline stations with hydrogen dispensers was proposed to the Fire Defense Agency. (5)The study of safety distance between public roads and hydrogen refueling dispensers: The revision draft of related regulation for shortening by installing barriers was prepared. (6)The study of self-service refueling systems at hydrogen stations:The requisite of self-service hydrogen stations was summarized. (7)The study of the criteria of dangerous zone around hydrogen refueling dispensers:The criteria standard of dangerous zone was prepared with calculation procedures. (8)The study of hydrogen refueling on public roads in the case of hydrogen lack of fuel cell vehicles: The requisite of hydrogen refueling on public roads was summarized (9)The study of hydrogen refueling over nominal working pressure at hydrogen stations: The specification and configuration of equipments at hydrogen stations were studied and the revision draft of related regulation was prepared. (10)The study for increment of hydrogen amount possessed at hydrogen stations: Required technical data were created, and a composite container trailer of 35MPa hydrogen was manufactured, and operated. (11)The study of safety distance required for a refrigerating unit of pre-cooling system:As a result of examination through safety analysis, it was concluded that safety distance was unnecessary if flammable or toxic fluid was not used for refrigerant gas, and the revision draft of related regulation was prepared. (12)The study of safety measures required for installation of composite (CFRP) hydrogen cylinders in hydrogen fuelling stations:Hazards for composite hydrogen cylinders installed in hydrogen station were studied, and the technical proposal including safety measures ,ultra-violet rays and collision was prepared.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る