成果報告書詳細
管理番号20130000000915
タイトル平成24年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A02021a RNA/RNP分子デザイン・セレクション法を活用した特定細胞を選択的に認識・検出する多機能性アプタマーの創成及び細胞機能制御技術の開発 平成24年度最終
公開日2014/6/13
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人京都大学齊藤博英
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約平成24年度では、細胞運命を制御するため、RNA三角形に機能性タンパク質やRNA配列を挿入したRNPナノ構造体を作製し、高速原子間力顕微鏡を用いることにより、目的のRNPナノ構造体を1分子レベルの高解像度で観察することに成功した。さらに、RNAナノ構造体がタンパク質との相互作用によりダイナミックに構造変換する様子をリアルタイムで観察することにも成功した。また、この構造体により標的細胞の検出や遺伝子発現制御が実現できることを確認した。
英文要約This year we have succeeded that functional RNP nanostructures can be designed and visualized at single molecule resolution. The RNP-based triangular nanostructures with various sizes were analyzed in solution using high-speed atomic microscopy. Both the RNP interaction and the protein-induced RNA conformational change were clearly and directly observed. Moreover, functional RNP nanostructures, such as human breast cancer cell detector or RNA interference inducer, can be designed by attaching corresponding modules on the RNA scaffold with the optimized nanoscale. Synthetic RNP nanoarchitectures could provide alternative materials to detect and control mammalian cellular functions.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る