成果報告書詳細
管理番号20130000000956
タイトル平成24年度成果報告書 最先端研究開発支援プログラム 低炭素社会に資する有機系太陽電池の開発 有機系太陽電池に関する特許動向調査
公開日2014/6/14
報告書年度2012 - 2012
委託先名JFEテクノリサーチ株式会社
プロジェクト番号P09026
部署名新エネルギー部
和文要約 本調査の対象分野「色素増感型太陽電池」、「有機薄膜型太陽電池」、「色素増感・有機薄膜ハイブリッド型太陽電池」について、優先権主張年1988年以降から直近まで、特許動向調査を行った。対象国としては、日本、米国、欧州、中国、韓国、豪州、台湾とし、出願人国籍別出願件数推移及び出願件数比率等の分析を行った。「色素増感型太陽電池」および「有機薄膜型太陽電池」では日本の特許出願件数が最も多いが、近年中国・韓国の件数が増加している。
 また、研究開発動向では、わが国は発電効率競争において世界トップレベルである。一方、特許出願から公開までの動向を把握するために行った論文調査では、件数的には「色素増感型太陽電池」では中国等、「有機薄膜型太陽電池」では欧州等が多く、研究開発競争が激しくなっている状況である。「色素増感・有機薄膜ハイブリッド型太陽電池」としては、新規概念を応用した様々なタイプが提案されており、発電効率の向上のみならず、耐久性改善も期待できるため、今後の有機系太陽電池開発で重要である。
 さらに政策動向として、有機系太陽電池に関わる各国の開発プロジェクトの調査を行った。
 市場環境調査として、本分野ではまだ市場が立ち上がっていないため、主要開発企業の製品化動向について調査を行った。そして今後の商品化のために、有機系太陽電池の発電特性を活かせる用途に応じた性能達成が重要であることから、「軽量・フレキシブル性」、「斜めから光が入っても発電できる特性」、「弱い光でも発電する特性」および「透明性やカラー・デザイン等の意匠性」の区分に対し、要素技術と製造技術として何が必要かという観点から、注目すべき研究テーマについて整理した。
 以上の調査・分析を踏まえ、日本が取り組むべき課題、目指すべき研究開発、技術開発の方向性として、以下の結論を得た。
(1)有機系太陽電池の産官学一体となった研究開発の推進を行う。
(2)発電特性を活かせる商品分野での新規アプリケーション開発とその商品化に必要な技術の強化を行う。
(3)バリューチェンのどの部分から利益を得るかという事業形態にあった戦略的特許出願が必要である。
(4)国際標準化では、実発電量、室内光基準、入射角依存性等有機系太陽電池の優位性をアピールできる分野の規格化を狙う。
英文要約Title:Patent trends survey of orgenic solar cells

This patent trends of dye sensitized solar cells (DSSC), organic photovoltaic (OPV) and dye sensitized / organic thin film hybrid solar cells was surveyed from the priority year of 1988 to 2012.
For the regions (Japan, United States of America, Europe, China, Korea, Australia and Taiwan), the trend of the number of patents with each applicant nationality ,the percentage of the number of patents and so on were analyzed. The number of Japanese patent application was most in the field of DSSC and OPV. But in these fields, Chinese and Korean numbers of patents are increasing rapidly.
On the trend of research and development (R&D), Japan is regarded as top-level in the competition of conversion efficiency in the world. In order to study the R&D trend of the period before patent publication, the number of DSSC articles of China was more than Japanese one, and the number of OPV articles of Europe was more than Japanese one. In these fields R&D competition has been keen.
In dye sensitized /organic thin film hybrid solar cells field, various types of solar cells with novel concept were reported and it is important for future organic solar cells to be developed because of not only conversion efficiency but also durability improvement.
The each national project of R&D of organic solar cells was surveyed to grasp political trends.
The products development trends of the major companies for development were surveyed because the organic solar cells market has not grown yet. And in order to create the future market, for the characteristics, that is, “lightweight and flexibility”, “low dependency to incident light angle”, “performance for low light intensity” and “transparency, color, design”, from the viewpoint of elemental and manufacturing technology, necessary R&D subjects were reported.
The conclusion was drawn for the task to put effort into, vital R&D subjects and the policy of R&D from the above-mentioned surveys and analysis. The conclusion was shown as follows.
(1)Promotion of organic solar cells R&D with industry-government-academia formation.
(2)Development of new application in the production field to maximize the conversion performance, and enforcement of the necessary technologies.
(3)Strategic patent application to fit the business plan which we can get the profit from what part of value-chain.
(4)On the international standardization, the advantageous sections of organic solar cells, for example actual electrical production under the conditions of the interior lighting or dependency to incident light angle, should be selected to be standardized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る