成果報告書詳細
管理番号20130000001013
タイトル平成20年度-平成25年度成果報告書 NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開 イノベーション政策研究講座
公開日2014/6/21
報告書年度2008 - 2013
委託先名国立大学法人東京大学
プロジェクト番号P06046
部署名技術開発推進部
和文要約 本講座は、2008年3月、東京大学工学系研究科総合研究機構内に設立された。地球の持続可能性や社会の高齢化のような地球的課題の顕在化、電子化された情報・知識の爆発、経済・人口構造の地政学的な重心の移動等、我が国の社会生活や産業活動に大きな影響を及ぼす構造変化が生じている。また、それに伴いイノベーションのモデルが変化し、更にそれを支える社会システムにも変革が求められている。本講座は、新たなイノベーションモデルの特定等に寄与する学術的な方法論の開拓とその普及、新たな社会システム構築のための知的貢献、それらの基盤となる国際的なネットワークの構築を目的としている。具体的には、学内外と連携しつつ、(1)イノベーション・技術経営に関する研究、(2)成果の迅速な普及と人材育成、(3)国際的なネットワーク形成、(4)社会への貢献を4つの柱として活動を展開している。
(1)イノベーション・技術経営に関する研究
 本講座の研究活動の特徴の一つは、領域横断性である。自然言語処理、ネットワーク分析等の情報工学系の手法を核としつつ、工学、経済学、経営学、社会学等の多様な知識分野を統合し、新たな知識領域を開拓することを目指している。二つ目の特徴は、新たな手法の開拓を重視していることである。アメリカ連邦政府が公表した科学技術政策のための科学において、ネットワーク分析、サイエンスマッピング、データマイニング等は、手法的に未成熟な分野であると分析されている。講座は、このような世界的にみても未成熟な領域において、社会で実用が可能な手法を開拓する基礎研究を積み重ねている。
(2)成果の迅速な普及と人材育成
 人材育成に関しては、社会人、大学院生、学部生のそれぞれに対し、研究成果の普及を図り、MOT人材の育成を行っている。大学院教育は、東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻にてイノベーション政策に関連した講義を行うとともに、大学院生を受け入れ、修士論文・学位論文研究の指導にあたっている。また、講座
の研究成果をWebツールとして実装し用いている。社会人を含む広範な受講生を対象にしたものとして、イノベーション政策研究会を組織し、イノベーション政策の実務、および研究に携わる若手を対象に、セミナーやワークショップを実施している。
(3)国際的なネットワーク形成
 イノベーション・技術経営、計量書誌学、サステナビリティ等の国際学会に多く参加し、研究拠点としての知名度を高めるともに、人脈形成を行っている。また、カンファレンスの開催等を通じて、OECD、APEC、ERIA等の国際機関、スタンフォード大学言語情報研究所、サセックス大学SPRU、清華大学公共管理学院、韓国科学技術院等と組織的な協力関係を構築している。
(4)社会への貢献
 社会への貢献については、国際機関や国内公的機関への助言を積極的に行っている。例えば、2010年のOECD閣僚理事会で合意されたInnovation Strategyにおいては、教員がExpert Advisory Groupの一員として公式に貢献を行っている。また、ERIA(東アジアASEAN経済研究機構)、WHO(世界保健機構)からの要請に応じて、それぞれエネルギー・ロードマップの作成、患者安全の領域で助言活動を開始している。国内では、特許庁の次世代シームレス検索システムの開発に対し助言を行ったほか、提供した研究成果の一部が平成22年版科学技術白書に掲載される等されている。
英文要約Activities of Innovation Policy Research Center

 Innovation Policy Research Center was established in 2008 aims to perform scientific inquiry on innovation and to develop system supporting activities for innovation. Fundamental challenges we face are complexity of social issues like sustainability and aging society, information flood which is promising to contribute those issues but hampers us to comprehend and utilize, redistribution of resource for resource associating globalization. These factors change innovation model and requires innovation supporting system to transform. To overcome these issues, the center has performed the following activities; (1) basic research on innovation policy and technology management, (2) outreach and education, (3) global network building, and (4) social contributions.
(1) Basic research for innovations policy and technology management,
We conducted an interdisciplinary research integrating diverse knowledge in different disciplines from engineering, computer science, economics, management science, social science, etc. We developed engineering tools such as network analysis, science mapping, data mining, machine learning etc for technology and innovation management. A report on Science of Science Policy by US government analyzed network analysis, science mapping, and data mining as a immature research domains which should be developed and supported for the development. Our center has developed basic research which can be applied for practical use in those domains.
(2) Outreach and education
We offered innovation policy research course to educate undergraduates, graduates, working people in innovation management. Lectures including "Science, technology and industrial policy" and "Social system and industry" were conducted at Department of Technology Management for Innovation and Department of System Innovation. We supervised graduate students for their master and doctor thesis. We developed materials for these lectures based on the outcome of basic research for innovations policy. We organized special interest group of innovation policy and held a series of seminars and workshops.
(3) Global network building
We presented our research outcome in major international conferences relating technology and innovation management, infometrics, and sustainability. We also cooperate with international body including OECD, APEC, IEA, ERIA, Center for the Study of Language and Information at Stanford University, SPRU at University of Sussex, School of Public Policy and Management at Tsinghua University, KAIST, etc.
(4) Social contributions
Based on our research outcome and experience, we offered expertise and consulted international body including OECD, ERIA, and WHO about innovation strategy, energy roadmap, patient safety, respectively. We also advised the government such as Japan Patent Office for next generation seamless retrieval system and MEXT for white paper on science and technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る