成果報告書詳細
管理番号20130000001057
タイトル平成24年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業(バイオマス) ボイラー用バイオマスリサイクル燃料の技術開発
公開日2014/6/11
報告書年度2012 - 2012
委託先名グローイングジャパン株式会社 国立大学法人三重大学
プロジェクト番号P10020
部署名技術開発推進部
和文要約平成24年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業(バイオマス) ボイラー用バイオマスリサイクル燃料の技術開発

本研究事業では、これまで産業廃棄物として処理されてきた、製造業者等から排出される固形廃食用油を、重油・灯油に混合して、リサイクル燃料・バイオマス燃料とすることの可能性を検討した。また、これら固形廃食用油を排出していた企業自身、または他のボイラーユーザーでの活用を念頭に置き、当該混合燃料を製造・供給する際の基準値を明らかにし、「エネルギー循環利用システム」の構築を目指した。
技術検討は下記5つの項目について実施した。
(1)固形廃食用油の基本特性評価
(2)ボイラー実体試験
(3)ボイラー腐食耐久性評価
(4)環境およびリスク評価
(5)全体システムの設計と事業計画の策定
その結果、
(1)固形廃食用油混合NEF燃料は、JISK2205(A重油)規格を満足するので、実用化に当っては、A重油の加工品ということで、ユーザーとの個別契約となるJISK2205(A重油)-2類で品質保証を行う。また、廃食用油については受入れ検査を行うため、簡易検査装置を導入する。
(2)固形廃食用油混合NEF燃料のボイラ効率は、従来のA重油と同程度でボイラー用燃料として十分に使用可能である。
(3)ボイラーの腐食耐久性に関しては、伝熱管に対しては硫黄分、塩素分を対象に、600時間の実機試験を行なった。固形廃食用油混合NEF燃料とA重油の比較において、ボイラーの腐食耐久性への差異は認められなかった。また、ノズルに対しては、夾雑物の影響を検討したが、両燃料において問題は発生しなかった。
(4)環境評価では、固形廃食用油混合NEF燃料はA重油と比較してGWP(Global Warming Potential)を9.5%削減できることが分った。この値は、現在の20%の混合割合を増やせば更に多く削減可能である。健康リスク評価では、固形廃食用油混合NEF燃料はA重油に比べ、ベンゼンがより多く検出された。また、健康リスク評価確率においても、A重油の方が発癌危険率が高いと言える。
(5)全体システムの設計と事業計画の策定に関しては、固形廃食用油混合NEF燃料の導入に当り、ユーザーの環境改善効果を重視するか、ボイラー効率で代表される省エネ効果を重視するか、で考え方が変わる。また、遠隔地ユーザーに対し、ブレンダー装置を導入するといった前提でメリット計算したが、十分にメリットのある結果となった。
英文要約Title:New energy venture innovation business/New energy venture innovation business(biomass)/Technological development of biomass boiler fuel recycling. Fiscal year 2012 Final Report

In this research project, we measured the possibility of making recycled oil / biomass oil by combining leftover solid type cooking oil that is normally treated as industrial wasted with heavy oil or kerosene. Then, with the companies who produce leftover solid type cooking oil as well as users of boilers in mind, we aimed to construct an “Energy Recycle System” that passed the standards for producing and supplying the mixed oil in question.
The technological development can be divided into 5 main steps.
(1)Examination of the main properties of leftover solid type cooking oil
(2)Experimentation of the actual boiler
(3)Measured the corrosion endurance properties of the boiler
(4)Life Cycle Assessment and Risk Assessment
(5)Designing the whole system and making its business plan
Results
(1)The NEF fuel (leftover solid type cooking oil) satisfied the standards of JIS K2250 (A-heavy oil)-Type 2 to users’ individual contract as a processed good. And we innovated convenient inspection equipment to check the purity of the leftover solid type cooking oil.
(2)The boiler efficiency when using the NEF fuel is the same as the conventional A-type heavy oil and can be used in a regular boiler.
(3)Regarding corrosion endurance properties of the boiler, we performed a test of the actual boiler for 600 hours, and then checked the damage to the water pipes caused by sulfur and chlorine. There was no difference in the corrosion endurance properties between the NEF fuel and A-type heavy oil. And we checked the effect of impurities on the nozzle and no problems occurred.
(4)On the Life Cycle Assessment, NEF fuel has reduced the Global Warming Potential by 9.5% compared to A-heavy oil. This decrease can be amplified if the mixture proportion is increased to more than the current 20%.On the Health Risk Assessment, A-type heavy oil contains more benzene, and it also increases the probability of cancer.
(5)Regarding the design of the whole system and its business plan, when you introduce the NEF fuel, by making a point of the user’s environment improvement effect and the saving energy by showing the boiler’s efficiency, we can change the way people think.And for the far away users, on the assumption that they procure their own blending machine, then there is sufficient merit to use NEF fuel.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る