成果報告書詳細
管理番号20140000000074
タイトル平成23年度-平成25年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実施事業 基礎事業「タイ工業団地のピンチテクノロジー等の工場間エネルギー利用解析による省エネ診断事業」
公開日2014/6/21
報告書年度2011 - 2013
委託先名千代田化工建設株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約件名:平成23年度-平成25年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実施事業 基礎事業 「タイ工業団地のピンチテクノロジー等の工場間エネルギー利用解析による省エネ診断事業」

タイ国最大の石油化学コンビナートであるマプタプット工業団地を対象にエリアワイドピンチテクノロジーによる省エネ余地解析を実施した。本解析の目的は複数工場間にまたがる連携型省エネ案の創成であり、ユーティリティーシステムの統合によるエネルギー効率の改善や余剰熱の共有等である。今回の解析により工業団地内の各工場は極めて効率的に設計され運転されているにもかかわらず、工場間のエネルギー共有に目を向ければ大量の省エネ余地が存在する事が明らかになった。又、解析結果を元に当該工業団地の長期的な省エネ計画を策定した。本解析はマプタプット工業団地中心部5km圏内に位置する15工場に適用され、対象業種は製油所、化学工場、ガス分離工場、発電所と多岐にわたる。本解析ではユーティリティーシステムの効率と排熱回収の可能性を評価した。その結果、理論省エネ余地4,250 GJ/hを把握したが、これは当該工業団地のエネルギー消費量15,400 GJ/hの28 %に相当する。すなわち、ほぼ全ての工場で考えられる全ての省エネ対策を実施済みであるにもかかわらず、工場間でユーティリティーシステムの統合や熱共有を実施すれば、さらに現状のエネルギー消費量を28 %削減できる事が示された。解析結果を元に17件の連携型省エネプロジェクト案が創成された。これら17件の創成案を元に長期的な省エネ計画をロードマップの形で策定した。これにより各創成案を順に実施していった場合に累積される省エネ効果と投資額の関係が明らかになった。最終的に9件の創成案を選択し、ロードマップ上に展開した。9件の創成案を順次実施していく事で、1,226 GJ/hの省エネが可能になり、全体の回収年数は5年未満となった。
英文要約Title: Fundamental Research Projects for Increasing the Efficient Use of Energy Basic Survey Project for The Execution of Energy-Efficiency Analysis For Improving Energy Allocation Flexibility at a Thai Industrial Estate Using Area-W6ide Pinch Technology (FY2011-FY2013) Final Report

Area-wide energy saving study by using Area-wide pinch technology was implemented in Map Ta Phut industrial area, which was one of the biggest heavy chemical complexes in Thailand. This study demonstrates that despite the very high efficiency of the individual sites in the complex, there is a huge amount of energy saving potential through energy sharing among the various sites. A long-term plan has been developed on this basis. This study covered 15 sites located in the center of Map Ta Phut industrial area, within 5 km distance of each other. The sites consisted of a refinery, chemical plant, gas separation facility, and a utility company. Area-wide pinch technology can evaluate the efficiency of an energy system and the possibility of recovering the waste heat. As a result, the theoretical amount of energy saving was 4,250GJ/h, which was equivalent to a 28% reduction in the integrated energy consumption of 15,400 GJ/h in the whole of the industrial area. In other words total heat integration of all the sites would enable further energy saving, which could reduce current energy consumption by 28%, even though almost all energy saving measures thought to have been possible had already been introduced to those sites. This study targeted the development of collaborative energy saving ideas among sites, such as improving energy efficiency by integrating the utility system and surplus heat sharing across the sites, because no further saving potential in the individual sites had been considered. 17 collaborative energy saving project ideas in total were developed. The long-term plan for energy saving was then studied based on the 17 ideas above, which comprised a roadmap on how to accumulate the practical ideas one by one and avoid dual investment. Finally 9 ideas were chosen and rearranged for the roadmap, which confirmed, as expected, that there was 1,226 GJ/h of further energy saving potential in the whole of the industrial area and that the overall payback period of the roadmap was less than 5 years.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る