成果報告書詳細
管理番号20140000000082
タイトル平成25年度成果報告書 カンボジア王国農村地域における籾殻などバイオマスを利用したエネルギー・環境技術の普及に係る調査
公開日2014/6/24
報告書年度2013 - 2013
委託先名ヤンマーグリーンシステム株式会社 株式会社環境総合テクノス
プロジェクト番号P09018
部署名国際部
和文要約件名:平成25年度成果報告書 カンボジア王国農村地域における籾殻などバイオマスを利用したエネルギー・環境技術の普及に係る調査
本調査の目的は、平成23-24年度に実施した「カンボジア王国農村地域における籾殻などバイオマスを利用したエネルギー・環境技術実証開発事業」で実証した、低コストでコンパクトな籾殻発電環境システム(籾殻分離・ガス化発電・炭化)の技術の安定化および鉱工業省や農林水産省と連携した対象技術と効果のカンボジア国内への普及、並びにカンボジア国の周辺諸国への普及可能性を検討することである。
1.システム能力の検証
籾殻発電環境システム(籾殻分離・ガス化発電・炭化)の能力を検証することを目的として、システム全体の連続運転を実施し、安定した籾殻のガス化と発電能力の確認および各システムの性能確認を行った。
ガス化発電のエネルギー効率は目標値18%に対し、測定値は17.1%であった。そのガスの成分を熱量を計算すると約1,400Kcal/Nm3の結果であった。ガス化発電での燃料消費量は、通常のディーゼル発電に比べて、平均の燃料削減率は44.5%になった。ただし、同じ設備でも使い方によって燃料削減率が変わることがわかり、発電機の定格出力に対して、約80%の負荷を安定してかけて運転すると、最も燃料削減率が大きくなる。
籾殻炭化装置は収炭率が平均30.0%、およびそれから出る排熱の熱量は1,400 MJ/h以上で、目標値をクリアした。
2.システム利用に関する講習・研修会
(1)籾殻発電環境システム講習・研修会
籾殻発電環境システムの機能と効果を理解する関係者を増やし、導入の機運を高めることを目的として、タケオ州のSok Keo社精米所を中心に講習・研修会を平成25年7月から平成26年2月の間で合計7回開催した。
(2)精米所職員の技能向上の強化訓練
籾殻発電環境システムのモデルとなるSok Keo社精米所の人材育成を図ることを目的として、精米所職員の技能向上の強化訓練を平成25年6月5日から17日に行った。さらに籾殻ガス化発電システムに重点を置いた強化訓練を平成25年12月から平成26年3月に実施した。
(3)くん炭普及研修会
くん炭の普及を担う現地リーダーを育成することを目的として、くん炭普及研修会を平成25年10月7日から6日間実施した。また、その後に農地実習のモニタリングを継続し、同年12月12日に研修会フォローアップの検討会を1日間実施した。対象者は、農林水産省が推奨をするタケオ州内の篤農家30人および州農業部職員など16名であった。
3.システムの普及に係る課題の整理・分析
対象技術である籾殻発電環境システムの能力検証の結果およびシステム利用に関する講習・研修会の成果をカンボジア全体に普及させる目的として、カンボジア政府関係機関、地方開発銀行、民間銀行、精米協会、民間精米会社、機械メーカー、新聞、テレビ等のマスコミ関係者も参加した全体報告セミナーを平成26年3月17日に現地のRaffles Hotelにて開催した。参加者は約150名であった。
なお、日本大使館からは隈丸大使、カンボジア鉱工業省からはSuy Sen大臣が出席された。また、NEDOからは古川理事長が主催者代表として挨拶された。
英文要約Title: The Survey for the dissemination of Rice Husk Power Generation Systems Utilizing Energy and Environmental Technologies.
The research objectives are as below;
- To settle the ecofriend technology of an low-cost and compact rice-husk generation system demonstrated in the pilot project of " The Demonstrative Project for Rice Husk Power Generation Systems Utilizing Energy and Environmental Technologies " in 2013 - 2014,
- To disseminate the system technology and its effect over Cambodia in collaboration with MIME (presently MME) and MAFF, and
- To consider a feasibility to disseminate to the surrounding coutries.

1. Verification of system ability
The plant system consists of rice mill machines, gasification generator and carboniser, and they were continuously operated for inspecting their abilities.
An energy efficiency of the gasification generation was 17.1% against the target of 18%, and a heat quantity of the gas composition was about 1,400 Kcal/Nm3.
A fuel consumption of the gasification generation was reduced by 44.5% in average in basis of a conventional diesel generation. However, it is recognized that the reduction rate of fuel consumption depends on the operating conditions. The highest rate of fuel consumption rate is attained when the generator is run under the lord of 80% in basis of rating power output.
The rice husk carboniser produced kuntan at 30% in average, and the calorie of heat emitted from it was more than 1,400 MJ/h. Those values reached the targets.

2. Lecture class and Training course on the plant system operation
(1) Lecture class and training course of eco-friendly rice-husk generation system
The objectives are to increase the number of people who can understand the function and effect of the eco-friendly rice-husk generation system, and encourage the motivation of people.
The lecture class and training course were held 7 times mainly at Sok Keo rice mill in Takeo during July, 2013 and February 2014.
(2) Intensive training of technical advancement for rice mill employee
The objective is to enhance the staff quality of Sok Keo rice mill which is the pilot model of the eco-friendly generation system. The training course was held twice on 5 to 17 June, 2013, and on 24 February to 5 March, 2014.
(3) Training course of kuntan dissemination
The objective is to encourage the local leaders who can carry out the kuntan utilization. The course was held for 6 days on 7 to 10 October, 2013. Subsequently, one-day follow-up workshop was held on 12 December, 2014 as the result of monitoring the field trial of kuntan. The participants were 30 farmers in Takeo recommended by MAFF, and 16 persons from the provincial department of agriculture.

3. Arrangement and analysis on dissemination of the plant system
The objective is to disseminate the results of capacity verification of eco-friendly rice-husk generation system and the results of lecture classes and training courses. The reporting seminar was held at Raffles Hotel on 17 March, 2014 with150 participants. The Japanese Ambassador, Mr. Kumamaru and the Minister of MME, Mr. Suy Sen attended the seminar. Mr. Furukawa, the chairman of NEDO gave a speech as the representative of the seminar sponsor.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る