成果報告書詳細
管理番号20140000000083
タイトル平成24年度成果報告書 アジア等地域における現地適用型インフラシステム技術実証開発事業 カンボジア王国農村地域における籾殻などバイオマスを利用したエネルギー・環境技術実証開発事業
公開日2014/6/24
報告書年度2011 - 2012
委託先名ヤンマーグリーンシステム株式会社 株式会社環境総合テクノス
プロジェクト番号P11015
部署名国際部
和文要約1. 事業の目的
 本事業の目的は、籾殻などのバイオマスから得られる電力、熱、農業有用物(肥料など)およびそれによって可能となる省エネ型籾殻分離システム導入による農業生産性、および籾殻供給能力の更なる向上など複合的なメリットを生み出す低コストでコンパクトなバイオマス発電環境システムの実証開発を行うことである。

2. 事業の体制
 委託事業者のカウンターパートはカンボジアの民間精米企業のSok Keo Import & Export Co., Ltd(以下、Sok Keo社と称する)で、Sok Keo社がタケオ州タケオ市近郊で工場新設を計画し、一部を実施していた事業地を実施サイトとして選定した。委託事業期間は平成23年9月20日から平成25年3月19日までである。

3. 適用技術と設備
 1) 籾殻ガス化は籾殻消費量1,000kg/hのガス化炉1基、エンジンは可燃性ガスとディーゼル油を併用するデュアルフュエル方式、および発電設備は320kW発電機を4台を導入した。2) 籾殻の炭化設備は籾殻処理能力 300kg/hの連続式炭化炉1基を入れ、炭化時の排熱は二次燃焼して籾乾燥に利用する。3) 省エネ型籾殻分離設備システムは、籾処理能力10t/hで粗選機、籾摺機、精米機、選別機および出荷袋詰機で構成される。以上の機器設備の据付および試運転を完了した。

4. 実証運転による効果の検証
 1) 籾殻ガス化発電の効率は、現プラントを用いた試験では17.1%を出力し、目標18%に近い値を達成した。2) 籾殻の連続式炭化では、くん炭の製造量、くん炭の固定炭素量ならびに炭化装置から発生する高温の排気ガスを利用した乾燥用温風の利用熱量も目標に近い値を達成した。3) くん炭の施用試験を行い、くん炭が稲(苗代)に高い成長効果があることと化学肥料の半減化を実証した。

5. 対象サイトにおける化石燃料使用量の削減効果は、籾殻ガス化発電および炭化熱利用である。それらによる石油代替エネルギー効果は年間38,307GJ、温室効果ガス削減効果は年間2,631t-CO2と試算された。本事業の経済性評価を行い、初期投資額が9年目に回収でき、内部収益率(IRR)は7.0%と試算された。

6. 対象技術の普及可能性調査
 カンボジア政府の閣議決定「米の生産と輸出振興」(2010年7月)以降、大型精米所の設立が各地で徐々に増えており、高品質米を安定的に生産できる高度な籾殻分離システム(精米機など)の導入は、精米所の近代化を促進し、政府方針と合致するものである。ただし、本事業のような環境とエネルギーの改善措置を基盤とする精米所の事業に対して、カンボジア政府が資金調達や優遇税制などを講じる施策が早急に必要である。
 事業費用を検討し、事業収支に大きい影響を与える因子を抽出し、同国で普及する経済性評価を行い、その課題と対応策を検討した。また、精米所で余剰電力が発生する場合、その売電の可能性を検討した。
 本事業を普及させる候補地としては、タケオ州の他に、コンポンチャム州、バッタンバン州などを考慮しており、委託企業として多様なネットワークを通じて対象技術をカンボジアに普及させる具体的な戦略を策定した。

7. フォローアップ事業計画の策定と実施
 農林水産省と協力しくん炭セミナーを開催し、くん炭の普及を実施した。各設備の運転管理をオペレーターへ指導し、設備・メンテナンスの体制の構築に努めた。
英文要約1. Objective of project
The objective of project is to develop an eco-friendly, low-cost and compact system of biomass power generation in a pilot scale, which will create an integral advantage of power, heat and kuntan (biochar) produced from rice husk, which will increase agricultural productivity, and encourage rice-husk supply capability.

2. Organization of the project
Sok Keo Import & Export Co., Ltd ( hereinafter called "Sok Keo") was appointed as Cambodian counterpart.They provided the project site in Takeo Province. The project period was from 20 September, 2011 to 19 March, 2013.

3. Applied technology and infrastructure
1) A system of rice-husk gasifier consists of a unit of gasifier kiln with processing capacity of 1,000-kg/h rice-husk, and 4 units of dual-fuel engines using combustible gas and diesel oil in parallel connecting to power generators of 320 kw.
2) Rice-husk carbonizer consists of a continuous kiln with capacity of 300 kg/h rice husk of which exhaust heat is used for paddy dry.
3) A rice-husk remover system consists of pre-cleaner, rice huller, polisher, sorter and packer with the capacity of 10 t/h.
The above-mentioned instrument and infrastructure were completely installed and preliminarily operated.

4. Investigation of pilot operation results
1) The generating efficiency of rice-husk gasification came out 17.1% on the trial, which reached to the target of 18.0%.
2) The products of rice-husk carbonizer attained nearly the targets such as the kuntan amount, the fixing rate of carbon, subsequently the available heat calorie from heated waste gas utilized for paddy dry almost reached the target.
3) The field trial of kuntan application was carried out, consequently the kuntan application is effective on the growth of juvenile paddy, and on the reduction of chemical fertilizer with a half dosage.

5. Reduction effect of fossil-fuel consumption amount at the project involves the rice-husk gasifier power and the heat conversion from carbonizing. The energy reduction effect of alternative fossil-fuel is estimated as 38,307 GJ/y, and the effect of GHG emission reduction is forecasted as 2,631t-CO2/y. The economical assess of the project results in that the initial investment cost shall be returned in 9 years, and IRR is 7.0%.
6. Dissemination potential of objective technology
As a large-scale rice-mill factory has been gradually increasing at any provinces since the cabinet decision on " Rice Production and Export Promotion" in July 2010, the introduction of high-performance rice-husk remover, which is capable to produce stably a qualified rice, enhances a modernization in rice-mill factories and entirely support the above government policy. Meanwhile, it is keenly required for Cambodia government to make the policies of finance provision , tax exemption, etc. against the rice-mill factories positively induced with eco-friendly and energy-saving performances.
The costs in the project was investigated, and a few of important parameters affecting the project financial balance were screened, an dissemination potential was economically assessed, subsequently the subjects and measures are investigated. The feasibility of electric power sale is investigated in assuming the surplus electricity at the project rice-mill factory.
The future candidates disseminated under a scheme of the project are considered in the Provinces of Kampong Cham and Battambang as well as Takeo. We, contractors made a concrete strategy disseminating this model technology over Cambodia using different networks.

7. Planning and implementation of the follow-up project
We held the seminar of Kuntan in collaboration with MAFF for dissemination. We gave a guidence of operation management of each plant to Sok-Keo’s staffs for building the systems of plant and maintenance.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る