成果報告書詳細
管理番号20140000000086
タイトル平成24年度成果報告書 平成21年度第2回採択産業技術研究助成事業 09C46574a 自律型自己組織化液体ナノプロセス・装置の開発 平成24年度最終
公開日2014/6/13
報告書年度2013 - 2013
委託先名国立大学法人信州大学是津信行
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約ナノ粒子濃度の微動を検出するセンサーの数を1→3に増設することで,これまでは“なりゆき”に任せていた面内方向の濃度分布を平均化するシステムを導入した。また,昨年度から継続して近赤外光応答局在プラズモンセンサの開発に取り組み,目標としていたサブフェムトモラリティ感度の検出の実現に目処が付いた。その他,本事業で開発したナノ粒子成膜装置の主要技術が権利化された。また,協力企業支援のもと同装置の販売とサポート体制を構築し,2014年3月に民間材料メーカより受注を得た。
英文要約An array of plasmonic Au nanoshells having conical shape can be reproducibly fabricated on designated substrate with 50x50 mm dimension. The nanoshells was found to response as extremely-high LSPR sensors toward chemisorption events on the nanoshell surfaces, such as molecular selectivity based on antigen-antibody reaction. Symmetry-broken structures achieved sub fM level sensitivity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る