成果報告書詳細
管理番号20140000000097
タイトル平成25年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 ベトナム国の丘陵地向け風力発電プロジェクトの案件組成調査
公開日2014/7/1
報告書年度2013 - 2013
委託先名兼松株式会社 株式会社日立製作所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約ベトナム国では、近年の高度経済発展に伴い電力需要が急増しており、今後の経済成長を支えるためには電力インフラの整備が必須である。また、ベトナム政府は、上記に加え、エネルギー源の多様化を重要視しており、これまでの主力であった水力発電から、将来的にはガスや石炭火力を含む多様な電力構成計画を掲げている。
本プロジェクトでは、ベトナムのカウダット地区において、30MWの2MWダウンウィンド方式の風力発電機15基を導入し、二国間オフセット・クレジット制度(JCM)での活用の可能性を調査した。幹事会社は兼松株式会社であり、株式会社日立製作所との共同で実施された。調査項目は以下の通りである。
1) ベトナムにおける風力発電の普及可能性について検討するため、同国の電力需給事情、再生可能エネルギー普及政策、固定買取価格制度や風力発電市場等について動向調査を行なった。また、プロジェクトサイトへのダウンウィンド式風力発電機の導入に係る有効性や課題ならびに対応を整理し、導入案を検討した。
2) 風力発電プロジェクトの具体的な計画作成のため、現地関連情報の収集、風況解析や電力系統解析を基に、プロジェクトサイトでの風力発電システム基本構成、機器設計、設備基本配置、発電機器設備等のダウンウィンド方式風力発電機の導入計画を策定した。設備建設を前提に、機器輸出搬入(ロジスティックス)、現地基礎調査、据付工事の方式を検討し、対象となる環境影響評価の情報や電力系統連結の条件を確認し、工事の許認可等、必要な行政手続きも明確化した。
3) ダウンウィンド方式風力発電の事業性を評価し、同技術の普及可能性を調査するため、建設コスト、電力系統接続の設計コスト、電力系統の受容度に応じた電力安定化設備コスト等、本プロジェクトに関する初期投資額を算出した。また、プロジェクトの採算性も検討し、事業実現に向け現状最も具現性の高い資金調達方法を調査した。
4) 本プロジェクトによる温室効果ガスの削減を特定するため、CDM方法論のACM0003やAMS.I.D等の考え方、及びJCM制度に関するFS事業(経済産業省、環境省、NEDO)で開発された方法論を参考にMRV方法論を開発した。

英文要約Vietnam's rapid economic growth in recent years has created a surge in demand for electric power, and an upgrade of electric infrastructure has become imperative. Additionally, the Vietnamese government has emphasized the need for a more diverse energy-source mix, rather than relying solely on hydroelectric power.
In this project, we studied the possibility of installing in the Cau Dat district 15 2-MW downwind-type wind turbines, capable of generating a total of 30 MW; and examined the possibility of implementing this project under the Joint Crediting Mechanism (JCM). This project, conducted under the management of Kanematsu Corporation and in cooperation with Hitachi Ltd., covered the following topics:
1) To study the possibility of disseminating wind-generated power throughout Vietnam, we examined the trend in electricity demand and supply, the country's renewable-energy deployment policy, the Feed-in Tariff scheme, the wind-power market, and other related topics. We also studied the effectiveness of installing downwind-type turbine generators at the project site, the challenges involved, and appropriate countermeasures.
2) To develop a concrete plan for this wind-power project-based on information on the project area and the results of wind-energy and power-system analyses-we developed plans of the basic structure of a wind-power generation system at the project site, including equipment design, the basic layout of the facilities, and the power-generation equipment and facilities required. With a view of constructing the facilities, we reviewed details pertaining to the importation and installation of equipment (i.e. logistics), the data gathered through basic field surveys, and required installation work. We also identified Environmental Impact Assessment requirements, needs pertaining to power-system linkages, and administrative procedures such as construction permits.
3) We evaluated the viability of introducing a downwind-type power-generation system, and calculated the project's initial investment costs-such as construction costs, design costs for power-system linkages, and the cost of power-stabilization equipment required-to study the dissemination potential of the technology. In addition, we evaluated the project's profitability, and considered the most appropriate funding scheme for project implementation.
4) To estimate the reductions in greenhouse gases generated from the implementation of this project, we developed an MRV methodology based on the ACM0003 and AMS.I.DAC concepts of the Clean Development Mechanism (CDM) methodology and methodologies developed for JCM-related feasibility studies (i.e. those of the Ministry of Economy, Trade and Industry; Ministry of the Environment; and the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO)).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る