成果報告書詳細
管理番号20140000000102
タイトル平成25年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 ベトナム国における有機性廃棄物からのエネルギー回収プロジェクトの案件(組成)調査
公開日2014/7/1
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社PEARカーボンオフセット・イニシアティブ
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 ベトナム国の製造業の多くは、化石燃料を用いて蒸気を発生させて熱源・動力源に利用し、頻発する停電対策としてディーゼル発電機を設置して稼働させている。このような工場では、石油製品価格の値上げが続いていることから燃料コストが増大している。また、増え続ける廃棄物の量を減らすためにも、工場が排出する埋立処理される産業廃棄物の削減も求められている。
 このような背景の下、本調査では、有機性の産業廃棄物を燃焼させて熱エネルギーを回収し、蒸気や電気を供給するシステムである青野式バイオマスシステムを工場に導入し、従来は廃棄物業者が引き取って埋立処理されていた産業廃棄物を自社工場内でサーマルリサイクルするプロジェクトの実現可能性について調査を実施した。
 青野式バイオマスシステムは、製造工場内で発生する湿分の多いスラッジを含む廃棄物を化石燃料代替として熱エネルギーを回収するために利用するシステムであり、燃焼炉、排熱ボイラー、排熱冷却装置(大気汚染物資除去装置)などで構成される。このシステムの第一の特徴は、「ガス化燃焼方式」であり、1,050度以上の高温で完全燃焼を惹起することである。また、排ガスなどのベトナムの環境基準に適合し、低カロリー・高水分の有機性廃棄物に対しても、スタート時以外バーナーによる助燃が不要で、温室効果ガス削減とエネルギー回収に最も適した技術である。このシステムを採用することで、廃棄物処理費用の削減と燃料コスト削減の相乗効果が見込める。
 本調査では、北部州の工業団地に進出している飲料製造工場が、青野式バイオマスシステムの導入を検討していることから、同社のケースについて検討を加えた。同工場の廃棄物は食品廃棄物や下水スラッジなどが主である。本プロジェクトの収入は、蒸気発生用燃料コストの削減分と廃棄物処理費用の削減分である。採算性を評価した結果、事業性が高いことが明らかになった。
 本調査では、CDM統合方法論ACM0022を参考としつつ、ベトナム国の通常の工場稼働の範囲内で運用可能な方法論を検討し、MRV方法論「有機性廃棄物の焼却によるエネルギー回収」を作成した。方法論の作成に当たっては、CDM方法論等の厳格な方法論に比べて簡素化を図る以峰で、保守性の確保にも留意した。適格性要件には、排出削減の追加性と導入予定の技術の稀少性を反映させている。工場から排出される廃棄物だけでは燃料が不足する場合を想定し、外部からのバイオマス燃料調達にも対応できる方法論とした。また方法論は、日常の工場操業管理の中で実施可能なモニタリングパラメータを特定している。作成した方法論は、一般財団法人日本品質保証機構によるMRV方法論適用可能性等の審査を受け、明確化すべき点は1点残ったが修正すべき点はなく審査を終了した。
 作成した方法論を用いて試算したモデルケース(飲料工場)のCO2排出削減量は、年間およそ1,500トンであった。
 提案事業は、燃料費削減効果と廃棄物処理費の効果により数年で投資回収が行える可能性が示された。しかしながら、ベトナムでは初期設備投資の資金調達が難しいことから、JCM制度での支援策が必要と考えられる。
英文要約Most of factories in Vietnam utilize steam generated by fossil fuel boilers as heat and power sources. They also install and operate captive diesel power generator for frequent blackout. As the price of oil products have continued to rise, the industry has a problem of fuel cost increase. It is also required to cut down the amount of waste of the factory to reduce the total amount of ever-increasing wastes to be land filled.

Under these situations, the feasibility study of a project which introduce Aono’s waste-to-energy system to recover heat energy generated by combustion of organic industrial wastes, which had been disposed to waste dumping site, and to supply steam and/or electricity to the factory. The system utilizes organic wastes as substitute fuels for fossil fuels and consists of incinerator, boiler and flue gas cooling/scrubbing unit. The primary feature of the system is “gasification combustion” which enables complete burning of the wastes over 1,050 °C. The quality of flue gas from the incinerator meets the environmental criteria. As the system is efficient to burn high water content and/or low calorific capacity wastes completely without additional fuel combustion except for start-up, the system is suitable to reduce GHG emissions and recover heat energy. The system could provide synergetic effect to reduce fuels cost and payment of wastes treatment fee.

As a beverage plant in the industrial complex located in the northern country has a plan to introduce Aono’s system, the feasibility study was carried out on the plan. The wastes generated from the plant are dominated by food waste and sludge. The project income is reductions of fuels cost and payment of wastes treatment fee. The assessment indicated positive profitability.

MRV methodology practicable through normal operation of the factory is developed by reference to CDM Methodology ACM0022. Although it is important to develop more simple methodology compared with strict CDM methodology, conservativeness is noticed at the same time. Additionality of the emissions reductions and identification of engineering level introduced are reflected in the eligibility criteria of the methodology. The methodology allows that additional biomass fuels obtained from outside of the factory could be utilized in the case of shortage of wastes. The methodology identified monitoring parameters which are practicable under normal operation. The methodology was reviewed by Japan Quality Assurance Organization whether the methodology meets all relevant requirements have been closed out except only one CL. Estimated amount of CO2 emissions reductions for the model case according to the proposed methodology is about 1,500 ton annually.

Proposed project has a possibility to recover the capital investment during several years. However, as it is difficult to provide financing for capital investment in Vietnam, some supportive measures are required under the JCM scheme.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る