成果報告書詳細
管理番号20140000000119
タイトル平成25年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 モンゴル国におけるウランバートル市内のゲル集落の高性能集合住宅化によるGHG削減プロジェクトの案件発掘調査
公開日2014/6/13
報告書年度2013 - 2013
委託先名三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社  株式会社高組
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 本調査報告書は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社と株式会社高組が行った平成25年度地球温暖化対策技術普及等促進事業「モンゴル国におけるウランバートル市内のゲル集落の高性能集合住宅化によるGHG削減プロジェクトの案件発掘調査」について、その成果を取り纏めるものである。
 
 本調査の目的は、今後推進されるモンゴル国ウランバートル市(以下、UB市という)ゲル地区再開発事業において、わが国の誇る高断熱・高気密住宅を普及し、暖房用エネルギー消費の大幅な削減を図ることにある。これにより、同国が抱える首都の大気汚染問題を改善し、同国の持続可能な発展と温室効果ガスの削減に寄与する。
 
本調査は、(1)UB市の住宅性能調査、(2)高性能集合住宅建設に関する詳細調査、(3)MRV方法論の開発、(4)ワークショップによる成果報告を実施するものである。

 本調査を実施するにあたり、以下の2つの課題が考えられた。
 (1)データ未整備:住宅ストック、熱源機器の熱効率、CO2排出係数、気象統計情報などの調査は、モンゴルの既存の調査資料を収集することを想定している。日本においてはこれら情報が整備されているが、モンゴルでこれらデータが十分に整備されていないことが懸念される。
 (2)政治・行政リスク:モンゴルでは政策運営にあたり政治的意図が強く反映されるため、政権の状況により、ゲル地区再開発のスピード感が左右される可能性がある。
 こうした課題に対し、UB市および環境省や、本調査の支援協力先であるモンゴル科学技術大学などの専門家の協力により、事業実施に繋がる貴重なデータや情報が入手できた。また、政治・行政リスクに対しては、現地カウンターパートを通じて、モンゴル政府およびUB市から適宜情報収集することでリスク回避に努めた。
 
 本調査で想定したモデル住宅(戸数90戸の集合住宅)において、UB市における標準的な断熱仕様の住宅と北方型住宅に適合する高断熱な集合住宅では、年間の暖房負荷が戸当たりで19.31 [GJ]、建物全体で1,738 [GJ]の差が生じるとこがシミュレーションの結果、算定された。本調査で開発された方法論に基づくGHG削減量の算定結果は、当該対象モデル住宅単体で年間1,604tCo2e、UB市全体のポテンシャルとしては年間3,297,111tCo2eとなる。
 
 高組は、すでに現地に子会社を設立しており、高効率住宅の設計・コンサルをベースに事業展開をスタートする予定である。また、本調査の結果を受けて、UB市長からは、同市が所有する土地提供の申し出があり、モデル事業に実施を強く求められている。
英文要約 This report provides a summary of the findings of the study jointly conducted by Takagumi Co., Ltd. and Mitsubishi UFJ Morgan Stanley Securities Co., Ltd. for the purpose of its FY2013 Global Warming Mitigation Technology Promotion Project, entitled "Project Development Study for GHG reduction by introducing energy-efficient housing complex in the Ger areas of Ulan Bator, Mongolia (hereinafter, “the Study”).”
 
 The purpose of the study is to achieve reduction of energy consumption for heating by introducing high-efficiency insulation and air-tightness technology of Japan as part of the redevelopment project of the Ger areas in Ulan Bator, Mongolia. Through this effort, contribution will be made in improving air quality of the capital city and sustainable development as well as GHG emission reduction.
 
The Study is composed of (1) survey of current performance of housing in Ulan Bator, (2) detailed study of construction of energy-efficient housing complex, (3) development of MRV methodology and (4) presentation of findings of the Study at a workshop.

The following two issues were first taken into consideration when implementing the Study.
(1) Lack of sufficient data: It is planned that data, such as housing stock, efficiency of heating equipment, CO2 emission factor and weather statistics are to be collected from existing statistical reports. However, sufficient data may not be available in Mongolia.
(2) Political and administrative risk: Political will is strongly reflected in policy implementation in Mongolia. As such, political situation may influence the speed of redevelopment of the Ger districts.
Notwithstanding such issues, the Study was able to collect important data and information with support provided by the City of Ulan Bator, Ministry of Environment, and Mongolian University of Science and Technology among others. Political risk was best avoided by exchaning information from the Mongolian government and the city of Ulan Bator through our local counterpart.
 
 The simulation carried out for a model collective housing targeted under the Study (a building with 90 households) reveals that the difference of heating load between housing with standard insulation and housing with high performance insulation adapted is 19.31 [GJ] per household and 1,738 [GJ] per building. Based on the MRV methodology developed under the Study, the GHG reduction for the model housing is estimated at 1,604tCO2e/y while the GHG reduction potential for the entire Ulan Bator City is over 3 million tCO2e/y.
 
 Takagumi Co., Ltd. has already set up its subsidiary in Ulan Bator and plans to start business operation based on designing and consulting services for high performance housing. At the same time, the successful result of the Study has led the Mayor of Ulan Bator to offer a piece of city-owned land on which implementation of a demonstration project is strongly requested.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る