成果報告書詳細
管理番号20140000000245
タイトル平成25年度成果報告書 タイ王国における空調冷媒過冷却システムプロジェクトの案件(発掘)調査
公開日2014/6/13
報告書年度2013 - 2013
委託先名高砂熱学工業株式会社 株式会社レノバ
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約空調冷媒過冷却システム「サブクールシステム」は、高砂熱学工業が開発した空冷パッケージエアコン及び空冷ビル用マルチエアコン(ビルマル)等に対する省エネシステムある。冷媒主管の経路中に冷媒/水熱交換器(サブクールユニット)を挿入し、外部から冷却水を供給して冷媒を冷却することで、冷房能力を向上させるものである。空調のエネルギー効率を10-15%向上させることが日本の実績で検証されている。本技術は、凝縮後の冷媒を過冷却し冷媒循環流量を低減することで動力を削減し、運転効率の向上を図るシステム技術である。導入先の空調等の稼働率が高いほど省エネ効果が高くなるため、年間を通じて空調が稼動している東南アジアでは電力削減効果が高くなると見込まれる。機器導入のメリットの理解を得て、導入スキームを構築することができれば、普及に向けた大きな可能性がある。
本調査では、サブクールシステムをタイ国に導入するにあたっての展開可能性及びGHG削減効果の検証を行った。高砂熱学工業の顧客を中心とした現地17工場を訪問し、導入可能性について調査した。このうち、3箇所に対して本システムを実証導入し、12月-1月の1ヶ月間にわたって稼動データを取得し、効果の検証を行った。実証期間中は乾季で外気温が最も低く、本システムの効果が出にくい季節であるに関わらず、11-15%の消費電力削減効果があることがわかった。年間を通じての外気の変化に本調査結果を当てはめると、年間での消費電力削減量は、15%以上であると推計される。
本実証結果を参考として、MRV方法論の作成を行い、第三者機関による審査を受けた。また、本方法論を用いて、本技術の導入によるタイ国におけるGHG削減量ポテンシャルを推計した。
政府機関や金融機関等に訪問ヒアリングを行い、本システム導入に対しての支援制度やファイナンススキームの活用方法についての検証を行った。本システムは、初期投資が比較的小さいため、導入しやすい省エネ技術である。実証結果を基に事業性を検証すると投資回収年数が3年程度であり、現地の企業にとっても導入判断を行いやすい設備投資であるとみられることがわかった。
今後は、本調査結果を受けて、高砂熱学工業の現地法人や現地の工事業者等と協力して、本技術の展開を行っていく方針である。これにより、タイにおける地球温暖化対策に貢献する。
英文要約The refrigerant super-cooling system, “Sub-cool System” which Takasago Thermal Co., Ltd. has developed and launched is an energy-saving system for air-cooling packaged air conditioners and air-cooling multi-split air conditioning systems for buildings, etc. A refrigerant / water-heat exchanger (sub-cool unit) is installed in the refrigerant main piping route and cooling water supplied from outside super-cool the refrigerant, improving the cooling capacity. Performances in Japan have proved that it improves energy efficiency by more than 10-15%. This is an operation efficiency enhancement system technology for air-cooling packaged air conditioners and air-cooling chillers, and is aimed at highly improving efficiency by utilizing cold source outside the air conditioner to super-cool compressed refrigerant and decrease the amount of circulating refrigerant flow, resulting in compressor power reduction. The higher the operation rate of an air conditioner, etc. which applies this system, the higher the energy saving effect becomes. Therefore, in Southeast Asia, where air conditioners are under operation throughout the year, the electricity saving rate is estimated to be higher than in Japan. There is a great feasibility that this technology comes into wide use, if introduction benefits are realized and introduction schemes are developed.

In this study, feasibility of development to introduce sub-cool unit into buildings and factories in Thailand and GHG reduction effects were examined. 17 local factories, mainly customers of Takasago Thermal Co., Ltd, were visited and studied for feasibility of sub-cool system introduction. Pilot demonstrations of this system were conducted at three of them, examining the effects by collecting operation data for the period of one month between December and January. In spite of the fact that the demonstration period was in the dry season when the outside temperature was lowest and the effect of this system was supposed to be smallest, the electricity reduction effects turned out to be 11-15%. In consideration of outside air temperature changes throughout the year and this study results, the annual electricity reduction rate is estimated to be more than 15%.

MRV Methodology was developed based on the demonstration results and examined by a third-party organization. Also, GHG emission reduction potential in Thailand through this technology was derived based on the methodology.

This energy saving technology requires relatively small initial investment and enables factories and buildings to introduce with ease. The investment return is estimated to be around 3 years based on the feasibility review with the demonstration results, which is considered to make it easier for local companies to make facility investment decisions.
In future, based on the study results, this technology is planned to be developed in cooperation with Thai Takasago Co., Ltd., Takasago Thermal Co., Ltd.’s local affiliate, etc.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る