成果報告書詳細
管理番号20140000000248
タイトル平成21年度-平成25年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 熱電併給所高効率ガスタービンコジェネレーションモデル事業(ウズベキスタン)
公開日2014/7/1
報告書年度2009 - 2013
委託先名東北電力株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約本事業は、ウズベキスタン共和国内の熱電併給所に高効率ガスタービンコジェネレーション設備を導入し、我が国の優れた省エネルギー技術の有効性を実証することにより、本技術のウズベキスタン国内への普及を図ることを目的に実施したものである。実施サイトとして首都タシケントのタシケント熱電併給所を選定し、国産の高効率ガスタービンに排熱回収ボイラを組み合わせたコジェネレーション設備を設置した。事業内容としては現地調査・協定関連業務、設計、機器製作・輸送、機器据付、試運転、実証運転、普及活動、クリーン開発メカニズム(CDM)関連業務である。現地調査・協定関連業務として、NEDOとウズベキスタン政府間の基本協定書(MOU)に関する協議の支援や、当社とウズベクエネルゴ社間の協定付属書(ID)に関する協議および締結を実施した(平成21年度)。MOUは平成21年7月14日に締結され、IDを平成21年8月1日に締結した。実施サイトの現地調査として、既設設備や新設設備の詳細調査を実施した(平成21年度)。設計業務として、MOUおよびIDに基づき、新設設備の基本設計・詳細設計および相手国との調整を実施した。また、相手国側所掌設備の設計・調達に関して技術フォローを実施した(平成21年度-平成23年度)。機器製作・輸送として、平成21年度からルート等の輸送計画、諸手続き、相手国との協議・調整を実施した。機器製作は平成22年9月から順次開始し、平成23年5月から順次輸送を始め、平成24年3月に完了した。機器据付は平成24年5月より開始し、据付工事に係る技術支援を実施するとともに、メーカー技術員を現地に派遣して据付指導を実施した。平成25年9月6日に据付工事完了証明書に署名した。期間を通じて、相手国側所掌設備の据付に係る技術指導・助言も実施した。試運転調整により、既設設備との連携を含めた全体システムの運用最適化を図り、平成2年8月7日に実施した新設設備の性能確認試験において計画性能を満足することを確認した。日本側所掌設備の健全性および今後の運用に問題ないことを確認できたため、平成25年10月17日に試運転完了証明書に署名した。なお、新設設備の現地運転員を対象に、メーカー指導員をはじめとする日本側技術者により、導入機器の運転操作や保守等に関する教育を実施した。新設設備が連続的に性能を維持しながら安全で安定した運転が継続できることを確認するため、試運転完了に伴い実証運転に移行した。約2ヶ月間に亘る運転データの採取および評価を実施し、計画と同等以上の省エネルギー効果を確認できたことから、平成25年12月27日に実証運転完了証明書に署名した。普及活動として、平成25年12月12日に首都タシケントにおいて普及セミナーを開催し、ウズベキスタン政府関係者の他、ウズベキスタン国内の熱電併給所や火力発電所関係者に、本事業の内容と省エネルギー効果について説明した。CDM関連業務として、本事業に関するCDMプロジェクトにおいて既存の承認方法論および改定方法論の適用が困難であるため、新規方法論開発を平成21年度から開始し、平成23年11月25日に新規方法論が承認された。プロジェクト設計書を作成、提出し、平成24年12月に国連指定審査機関による現地審査を受審した。
英文要約The purpose of the project is to demonstrate effects of energy-saving that Japan offers by introducing equipment of high-efficient gas turbine cogeneration into a cogeneration plant in Uzbekistan and to promote dissemination of this Japan’s technology nationwide.We selected the Tashkent cogeneration plant as a demonstration site and established a cogeneration plant combined with a Japanese high- efficient gas turbine.The project includes On-site Study & Agreement, Designing, Manufacturing & Shipping, Installation, Commissioning, Demonstration Operation, Dissemination Activities, and Clean Development Mechanism (CDM).We gave consulting supports for the Memorandum of Understanding (MOU) between Uzbekistan and NEDO, and discussed the Implementation Document (ID) between UZBEKENERGO and Tohoku Electric Power. The MOU and the ID were concluded respectively on July 14, 2009 and on August 1, 2009.We also carried out detailed investigation for the existing and new plants.We conducted basic and detailed designing for the new plant and coordinated with Uzbek-side in accordance with the MOU and the ID.We also provided technical supports to Uzbek-side in designing and procuring the Uzbek-side equipment.We performed planning of shipping, formalities, and consulting and coordinating with Uzbek-side from 2009.We started manufacturing from September 2010 and shipping from May 2011, and completed in March 2012.We started installation in May 2012.We gave technical assistance in installation and sent advisors from Japan-side manufacturers in order to provide specific instructions.We completed the installation on September 6, 2013.By commissioning, we tried to optimize operation of the whole system including interconnecting with the existing plant.We confirmed that the new plant achieved the planned performance by a performance test on August 7, 2013.After we confirmed well-built equipment of Japan-side and no problem in future operation, we completed the commissioning on October 17, 2013.With the completion of commissioning, in order to make sure that the new equipment will secure a stable operation, demonstration operation was carried out.By evaluating operational data for about two months, we confirmed that the energy-saving effect was more than we had planned.We completed the demonstration operation on December 27, 2013.We conducted a dissemination seminar in the capital Tashkent on December 12, 2013.And we explained the project and energy-saving effect of this technology to Uzbekistan government officials and concerned personnel from cogeneration and thermal power plants in Uzbekistan.We started developing a new methodology for CDM to apply to this project in 2009 because the existing and revised methodologies were not applicable.Our new methodology was approved by the United Nations (UN) on December 25, 2011.Then we drew up a project specification and submitted it, and conducted the site visit by the UN designated operational entity in December, 2012.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る