成果報告書詳細
管理番号20140000000280
タイトル平成25年度成果報告書 ドイツ連邦共和国におけるスマートコミュニティ技術実現可能性に関する現状分析」に係る委託業務実施報告書
公開日2014/6/13
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社NTTドコモ 北海道電力株式会社 株式会社野村総合研
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本調査は、ドイツのReinland-Pfalz州Speyer市において、太陽光発電による発電電力の自家消費を最大化するシステムの実証に先駆けた基礎調査である。
本調査は、以下の5章立てとなっている。1)から3)では当該地域におけるHEMS技術導入の適合性と要件について検討し、この結果を踏まえて4)においてHEMS技術の適合性を評価している。さらに、5)においてNEDOの実証事業としての実施計画案を作成している。
1)対象地域及び対象地域の属する連邦州における基礎情報の収集
2)HEMS技術導入の適合性の調査
3)HEMS技術導入のための要件に関する調査
4)HEMS技術展開に向けた成功要因の適合性評価
5)NEDOの実証事業としての実施計画案の作成

1)対象地域及び対象地域の属する連邦州における基礎情報の収集
Speyer市は、ドイツの南西部Reinland-Pfalz州にある人口約5万人の街である。年間の平均気温は日本の盛岡と同程度であるが、日照時間は約2000時間あり、東京の日照量(1991年-2001年の平均値)よりもやや高く、太陽光発電には適していると言える。また、当市は、市内の電力供給に占める再生可能エネルギーの割合を、2010年の15%程度から、2030年までに100%に引き上げる野心的な環境計画を掲げている。このため、当市は、先進的な再生可能エネルギー利用技術を積極的に導入しており、本実証事業の実施地域として適していることが把握された。

2)HEMS技術導入の適合性の調査
Speyer市で実証するHEMSのコンセプトを、ドイツの状況を踏まえ、「太陽光発電の自家消費最大化を実現するHEMS」と設定した。その上で、現地の状況を踏まえた機能の構成を検討した。さらに、この機能を実現する、現地にフィットした具体的なエネルギーシステムについても検討し、現地に適合するHEMS技術導入のシステムイメージを形成した。
また、HEMS技術導入の際に課題となる、各種関係法令についても把握した。

3)HEMS技術導入のための要件に関する調査
Speyer市において2)で検討したHEMS技術を導入し、実証するサイトについて、現地の電力供給会社ならびに住宅公社とともに吟味し、具体的な建物を実証サイトとして設定した。今後のさらなる対象個数の増加も住宅公社の引き続きの協力により実現が見込まれる状況である。さらに、サイトの建物への設置を考慮した機器の構成、性能要件について具体的な検討を行った。これを踏まえ、一定の条件の下での効果のシミュレーションを行い、需要サイド、供給サイドに見込まれる定性的な効果についても検討した。本章では、本調査におけるドイツ側関係者との打合せに基づき、今後の実証実施に向けたタスクと課題についても分析・整理している。

4)HEMS技術展開に向けた成功要因の適合性評価
1)-3)の検討結果に基づき、HEMSの当地での技術の競争力、技術展開のフィージビリティの評価、ならびにパートナー企業等との連係可能性について評価を行った。

5)NEDOの実証事業としての実施計画案の作成
以上の検討結果を踏まえ、NEDOの実証事業として、HEMS技術をSpeyer市で実施するにあたり必要となる体制の要件を整理した。また、実証事業を計画するにあたって目的、内容、実施方式を、実施計画案としてとりまとめた。
英文要約This study is a fundamental research for the pilot project to maximize in-house consumption of power generated by PV at the city of Speyer, the state of Reinland-Pfalz in Germany.

This study consists of five chapters as below. The compatibility of, and the requirements for the introduction of HEMS technology in the area are examined in the chapters 1) to 3). Consequently, the appropriateness of the KFS for the introduction of HEMS technology in the area is evaluated in chapter 4). The implementation plan for NEDO’s pilot project is formulated in chapter 5).

1) Basic information regarding the target area and the federal state,
2) Study of the compatibility of the HEMS technology introduction,
3) Study to identify the requirements for the HEMS technology introduction,
4) Evaluation of the appropriateness of the KFS for the deployment of the HEMS technology,
5) Formulation of the implementation plan for NEDO’s pilot project.

1) Basic information regarding the target area and the federal state
The city of Speyer is a municipality with the population of approximately 50 thousand in the state of Reinland-Pfalz located in the south-western part of Germany. Though its annual average temperature is comparable to that in Morioka, Japan, the annual sunshine duration is almost 2,000 hours, slightly shorter than in Tokyo. Hence the city is suited to PV generation.
The city has an ambitious environmental plan to increase the proportion of the renewables in the city’s power supply to 100% by 2030 from close to 15% in 2010.
The city, therefore, is positively introducing advanced renewables-related technologies, and is evaluated suitable for the site of this pilot project.

2) Study of the compatibility of the HEMS technology introduction
The concept of HEMS to be demonstrated in Speyer was set as “HEMS for the maximization of in-house consumption of PV-generated power.” Then, the configuration of functions reflecting the site conditions was considered. The prototype system of the HEMS technology introduction suited for the site was visualized after the analysis of energy system realizing those functions. Laws and regulations regarding HEMS technology implementation were reviewed.

3) Study to identify the requirements for the HEMS technology introduction
A building was identified as demonstration site in Speyer, after the survey together with a local utility company and a public housing company, for the introduction of the HEMS technology examined in chapter 2).
Further addition of the sites is expected with the continued help of the public housing company. Realistic evaluation of device configuration and their specifications, with the due consideration for their installation in the building was conducted. Based on the above, the simulation of the project benefits was done based on a certain condition, in which qualitative effects on demand and supply sides were examined. In this chapter, tasks and difficulties for the coming pilot project were analyzed and explained, based on the series of discussion with the German parties in this project.

4) Evaluation of the appropriateness of the KFS for the deployment of the HEMS technology
Based on the evaluation in the chapters 1) to 3), technological competitiveness of the HEMS in Germany, the feasibility of the deployment of the technology, as well as the possibility of the alliance with partner companies were evaluated.

5) Formulation of the implementation plan for NEDO’s pilot project.
Consequently, institutional requirements for the NEDO’s pilot project demonstrating the HEMS technology in Speyer were considered. The implementation plan specifying the objectives, contents and methodology was formulated thereafter.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る