成果報告書詳細
管理番号20140000000305
タイトル平成25年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業フォローアップ事業 独立系グリッドにおける風力発電事業関す現状分析 (極東ロシア) 」
公開日2014/7/1
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社駒井ハルテック 三井物産株式会社 株式会社沖縄エネテック
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約 候補サイト、ウストカムチャッカのディーゼル発電所には、旧式のディーゼル発電機800kWが8台稼動している。夏と冬で需要に差があり、デマンドは最低1.2MWから最大5-6MWである。寒冷地仕様で、耐震性の高い風力発電機3基を連系し、風力発電機の出力調整及び熱供給システムの利用によるデマンド調整を行う必要がある。
 そこで、駒井ハルテックにてブレード着氷対策とヒーティングシステム、風車制御を中心に、-40℃あるいは-50℃対応の寒冷地仕様の検討を、沖縄エネテックにてエネルギー損失の少ない合理的な電力系統安定化システムの概略検討を行った。
 熱供給所、及び候補サイトはカムチャッカ州政府の所有であり、発電所はR社所有、運営は系列のK社が担っており、風力発電事業は同じく系列のM社が管轄する。三井物産にて各ロシア機関との交渉、調整を行い、現地調査からモスクワでの中間報告会を経て、調査を完遂した。
 その成果に対するロシア側の期待の表れから、日露投資フォーラムにて「独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、R社及びカムチャッカ地方政府による再生可能エネルギー源の開発分野の協力に関する意向表明書」が締結された。
 今後、M社は、ウストカムチャッカ及びカムチャッカ地方全体で、50基の導入計画を持っており、風力発電機と系統安定化システムの売り上げは、75億円が見込まれる。
 インフラシステムの脆弱なカムチャッカ地方での今後の普及にむけて、システム設計から輸送、土木工事、設置工事、系統連系工事、試運転調整、メンテナンスまで日本側で支援し、その後、段階的に現地化を図ることで、コスト削減を実現することが可能である。
 10機風力発電機を導入する場合、そのコストメリット、現地化により、風速6.34m/sの場合は設備利用率23.36%、風速7.0m/sの場合は設備利用率27.58%と予測される。
 調査中も、沿海州、サハ共和国等より寒冷地仕様の風力発電機、マイクログリッドシステムについての問合せが寄せられており、本調査に基づくシステムを実現するこができれば、極東地域で1000基とも見積もられる風力発電本格導入への足掛かりとなることができる。
英文要約At the diesel power plant of Ust-Kamchatka, the proposed site of this project, there are eight 800kW diesel generators in operation. There is a difference in demand in summer and winter, and where the lowest is 1.2MW and the highest is 5-6MW. Three wind power generators of cold climate version with high earthquake resistance are required to be interconnected there and to optimize the energy use by using heating system and by controlling the output from the wind generators.

Komai Haltec Inc. has studied the specification of cold climate wind energy system resistant to the low temperature as low as minus 40 or 50 degrees, which included blade protection from icing, temperature control of the system output control of wind generator. Another member of the study team, Okinawa Enetech, has designed the optimum micro grid system with minimum energy loss.

At the proposed site, heat supply stations and the land of the location for wind turbines are the property of Kamchatka State Government, While RAO owns diesel power station which is operated by their family company. The new wind energy project will be lead by another their family company. Mitsui and Co. Ltd. took the role of communication and negotiation with each of these Russian parties. Site visit to Ust-Kamchatka and the mid-term report presentation in Moscow were followed by the completion of this study.
Reflecting the expectation from the Russian authorities on this proposed project, NEDO, RAO and State government of Kamchatka singed the MOU on the collaboration on renewable energy development in Kamchatka, during the Japan-Russia Investment Forum.

In the Kamchatka region including Ust Kamchatka, another family company, has a plan of installintg 50 units of wind turbines, which means the 7.5 billion yen sales of the grid control system and wind turbines.

To dissimilate the wind energy system in Kamchatka with underdeveloped infrastructure, it is required for the Japanese parties to support the system design, transportation , installation grid connection, commissioning and maintenance at the first stage, and then gradually localize to pull down the initial and operation cost of the system.

Considering the localization in the future, the project economy is expected to be as follows:
Case A) wind speed 6.34m / s, capacity factor 23.36%
Case B) wind speed 7.0m / s, capacity factor 27.58%

During the study, we have received inquiries on cold climate model wind turbines and microgrid system from other regions of Russia, such as Primorsky and Sakha. The success of the pilot project will be a significant step forward to the installation of as many as 1,000 units of wind turbines in the entire Far East Russia.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る