成果報告書詳細
管理番号20140000000313
タイトル*平成25年度中間年報 地球温暖化対策技術普及等推進事業 モンゴル国における省エネ送電システムによる電力低損失化実証(JCM実証事業)
公開日2014/7/1
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社日立製作所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約1.実証事業の内容及び成果等 -1.本実証プロジェクトの基本計画立案 省エネ送電システムの実証、JCM事業の実証について、全体スケジュール等基本計画を作成。-2.架線予定の従来型ACSR電線仕様の調査および送電線路の確認 新オユトルゴイ変電所からツァガン・ソブラック変電所を結ぶ新設220kV送電線の従来型ACSR電線仕様書・鉄塔図面(変電所内門型鉄塔、引留鉄塔、耐張鉄塔、懸垂鉄塔)・線路縦断図、弛度計算書等の設計資料を入手。線路縦断図より送電線亘長は約159kmで、鉄塔数量は合計で485基。-3.計測装置設計用サイト情報・機器情報調査 図面上で、VT/CTの2次側回路を調査。220kV OHL スイッチギアに設置されたVT/CTから、変電所制御室内のMetering盤に接続される事を確認した。計測器は、気象計測器を制御室屋上、電線温度計を変電所引き込み部分近傍の省エネ電線、従来電線の双方に据付ける事とした。-4.計測装置設計用サイト現地調査 新オユトルゴイ変電所制御室には、他社製パネルが既に複数面据付されており、製作仕様に反映した。ツァガン・ソブラック変電所は、新築工事中であったが、計測用盤(2面)は変電所制御室内の空きスペースに設置できる事を確認した。-5.省エネ送電システム(省エネ電線および計測装置)の基本設計 省エネ電線の基本設計は、鉄塔の補強などが不要となるように、従来ACSR電線と同等の機械的特性(外径、重量、引張荷重)を有し、電気抵抗を約12%低減させたものとした。計測装置の盤構成、配置レイアウト計画、制御ケーブル敷設計画を実施し、全体システム構成図を作成した。また、計測装置の健全性を日本国側から遠隔監視するためのネットワーク構成を検討した。-6.省エネ送電システムの詳細設計・構成機器/部品調達、出荷前検査および出荷 省エネ電線および計測装置の詳細設計を行った。省エネ電線製造メーカーにて、計3回の立会試験を実施し、良好な結果を得た。2014年3月に合計144ドラムを出荷した。-7.輸送方法・輸送ルート・通関手続き等の調査 横浜港から天津港に海上輸送し、中国国内を内陸輸送する。モンゴル/中国国境付近のガンキマオダオにてデバンニングを実施し、GSKの税関にて通関し、オユトルゴイ付近の指定保管場所まで約100kmのトラック輸送を行う。-8.GHG排出削減量の定量化、測定、報告、検証(JCMの活用) (1).送電線に関するMRV方法論の確認 省エネ電線を対象とした送電分野のMRV方法論について、適切なフォーマットに編集し、合同委員会に提出。合同委員会にて審査後、承認が得られた。(2).プロジェクト設計書(Project Design Document(PDD))作成 MRV方法論に合わせたプロジェクト設計書(PDD)の作成中。-9.系統解析 (1).モンゴル国電力系統に関するデータ収集 モンゴル国・中央送電公社からPower Factoryという解析ソフトのモデルデータとモデル構築に使用された調査データを入手した。(2).系統解析モデル構築 110kV以上の部分を詳細模擬し、110kV未満の部分および外国系統は適切に縮約したモデルとし、系統解析ソフト:ETAPを用いて行う事とした。
英文要約1.Description and results for this Project
-1.Base plan for this verification project The base plan and whole schedule for Demonstration and Verification of High efficiency transmission system and JCM Project were made.
-2.Specification of conventional type ACSR conductor and line route We got the design documents for new line using ACSR conductor between New Oyu-Tolgoi Substation (OT S/S) and Tsagaan Suvraga (TS) S/S such as Specification, Tower drawings, Plan & Profile of Transmission Line, etc. As per these information, the total line length was about 159 km, with 485 towers.
-3.Site information and equipment specification for design of Monitoring equipment (ME) The secondary circuits were confirmed to be connected from VT and CT on 220kV OHL Switchgear, and terminated at Metering Panel in S/S control room. The weather sensors on roof of Control Bldg, and the temperature sensors on both of Low-loss type and ACSR conductors are to be installed.
-4.Site survey for design of ME In New OT S/S, the general information was collected from panels by others, and it was reflected to manufacturing of ME panels. TS S/S construction was in progress, and new ME panels were confirmed to be installed in the available space in S/S control room.
-5.Base design of Low-loss conductor (LLCD) transmission system To eliminate the reinforcement of towers, LLCD was designed to have the same level mechanical characteristics, and have about 12% less electrical resistance than ACSR conductor. For ME, the panel configuration, layout, control cable schedules were provided, and the system configuration diagram was made.
-6.Detail design of LLCD transmission system, procurement of equipment and material, pre-shipment inspection, and Shipment The detail design for LLCD and ME was made. In March 2014, total 144 drums of LLCD have been shipped.
-7.Transportation procedures, route and custom clearance The Transportation route will be from Yokohama to Xingang Port on ship, and inland transportation by Truck through China. After devanning at Ganqimaodao near border, custom clearance will be at GSK, and further to the storing area near Oyu-Tolgoi by truck.
-8.Calculation, measurement, report and verification of GHG emission reduction (registration as JCM Project)
(1)Confirmation of MRV method for transmission line MRV method was arranged with the suitable format for LLCD in transmission field. It was submitted to joint committee, and already approved.
(2)Project Design Document (PDD) The establishment of PDD is in progress to meet with the MRV method.
-9.Power system analysis
(1)Data for Power system in Mongolia The studied data applied for configuring model, and the model data for simulation software (Power Factory) was collected from NPTG
(2)Configuration of simulation model The network of 110kV or higher was modeled in detail, and the rest of network and out of borders were simplified. The simulation software was decided to apply ETAP.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る