成果報告書詳細
管理番号20140000000325
タイトル平成24年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09C46043d 結晶相/非晶相・ナノ共連続構造の三次元規則配列化による次世代型高分子電解質膜の創製と燃料電池システムへの実装研究 平成24年度最終
公開日2014/7/1
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人群馬大学上原宏樹
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約本年度は、エンジニアリング・プラスチックの1種として知られる超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE)の溶融二軸延伸膜をさらに多孔質化する技術開発を行い、溶剤を全く用いることなく、直径数十nmの細孔チャネルがネットワーク状に広がったナノポーラス膜を製造することに成功した。UHMW-PE多孔質膜は、リチウムイオン電池セパレーターとして用いられており、各種の電池膜基材として利用可能であると期待される。
英文要約We successfully prepared the nanostructured ultra-high molecular weight polyethylene thin membranes. Subsequent tensile-drawing causes delamination of the lamellar interfaces, leading to the resultant nanoporous membrane morphology composed of passing-through channels several tens of nanometers in diameter without any solvent processing.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る