成果報告書詳細
管理番号20140000000345
タイトル平成23年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 プロジェクト 09C46130a シリコン結合タンパク質をバイオインターフェイスとした高集積化シリコンリング光共振器による多項目同時測定バイオセンサの開発 平成23年度中間
公開日2014/7/1
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人広島大学池田丈
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約レセプターである抗体の解離という問題を解決するために、二種類の組換えタンパク質、Si-tag融合protein GとSi-tag融合scFvを作製し、どちらも機能的なタンパク質として取得することに成功した。作製したSi-tag融合protein Gを用いて抗体を固定化し、リング光共振器によるバイオセンシングを行ったところ、抗体の解離はほとんど見られず、安定なレセプター固定化に成功したことが示された。これにより、従来に比べ約10倍の高感度化に成功した。
英文要約Two recombinant proteins, Si-tagged protein G and Si-tagged scFv, were constructed. The former protein was used to immobilize antibody (IgG) on the resonator surface. The resonator functionalized with the stably immobilized antibody showed 10-times higher sensitivity than the one functionalized by the previous method.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る