成果報告書詳細
管理番号20140000000349
タイトル平成23年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09C46076a 無機NIR発光体を用いた新規がん医療診断技術の開発 平成23年度中間
公開日2014/7/1
報告書年度2011 - 2011
委託先名独立行政法人理化学研究所座古保
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約これまでに1-2μm帯域の近赤外で励起・発光が可能な希土類含有セラミックスナノ粒子の開発に成功した.この粒子の発光強度は充分高く、ブタ大腸内に配置したときに奬膜側からのNIR発光観察が可能であった.本年度は近赤外領域で励起・発光観察が可能な近赤外腹腔鏡システムを開発し、モデル動物(ブタ)を用いた手術シミュレーションを行った.内視鏡で腸内に固定化したNIR発光マーカーを近赤外腹腔鏡により観察することに成功した.
英文要約We have already successfully developed phosphors that shows NIR emission at 1.5 μm under NIR excitation at 980 nm by using Yb and Er-doped yttrium oxide nanoparticles (Y2O3:YbEr-NP). The emission intensity was strong enough for detection through animal tissue. This year we have developped NIR laparoscopy imaging system and applied for laparoscopic surgery for gastrointestinal cancer using swine model. Cancer site can be recognized during cancer surgery through the intestinal wall by NIR fluorescence from the NIR clips fixed inside the colon, which suggest determination of the proper resection margins for curative resection during surgery is possible.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る