成果報告書詳細
管理番号20140000000393
タイトル平成22年度成果報告書 平成20年度第2回採択産業技術研究助成事業 08C46542a 生細胞内多種タンパク質間相互作用を同時検出する発光スクリーニング法の開発 平成22年度中間
公開日2014/7/1
報告書年度2010 - 2010
委託先名東京大学 小澤 岳昌
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約GPCRとβ-arrestinタンパク質との相互作用を指標とした、GPCRに作用するケミカルライブラリースクリーニング用細胞を新たに3種類開発した。β-arrestin type 2に加え、新たにβ-arrestin type 1にルシフェラーゼフラグメントを連結したプローブの、恒常発現細胞株を樹立した。またERスクリーニング系の開発では、リガンド刺激に対して80倍以上のS/N比を示すプローブ開発に成功した。PIP3検出プローブ開発では、プローブ評価系の細胞株を樹立し、異なる原理に基づくプローブの設計・開発を行った。
英文要約Three new cell lines were generated for chemical library screening of G-protein coupled receptors (GPCRs) based on GPCR-β-arrestin interactions in living cells. In addition to the type 2 β-arrestin, a stable cell line expressing type 1 β-arrestin was generated. In case of ER screening system, a higher-sensitive probe for estrogen-like chemical compounds was developed using a new luciferase C-terminal fragment. We demonstrated that the bioluminescence increased 80 fold upon ligand stimulation. In the PIP3 detection system, a new cell line, which expressed a PDGR receptor, was generated for the use of evaluating the probes we generated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る