成果報告書詳細
管理番号20140000000435
タイトル平成25年度成果報告書 「NEDO研究開発プロジェクトに係る追跡調査・評価(産業技術分野)」
公開日2014/7/1
報告書年度2013 - 2013
委託先名神鋼リサーチ株式会社
プロジェクト番号Q05007
部署名評価部
和文要約終了直後調査では平成24年度終了テーマ11件、簡易調査では平成19年終了プロジェクト 11件、平成21年終了プロジェクト14件、平成23年終了プロジェクト12件、詳細調査については、上市・製品化の37機関、中止の23機関、非実施の20機関について、アンケート票の送付・回収を行った。
個別データ間の分析および統計的解析は、成果の評価に対して非常に多くの要因(アンケートの質問項目)が影響し、主要な要因がどれであるかの判定が困難となっていること、集積されたデータを用いて適切な統計的分析を行うことで、どのような要因が重要な役割を果たしているかが明らかとなること、さらに「調査手法の改善案」として主要なアンケート項目が抽出され、次年度以降のアンケート調査に活用できる、ことを期待して行った。
エネルギー分野のアンケート結果も加えて、終了直後調査、詳細調査結果の統計解析を行った。アンケート項目を、プロジェクト開始前、実施中、終了時、マネジメントの主体者(企業 あるいはNEDO)、マネジメント事項、成果・達成度、終了時の状況、層別要因に分類し、重回帰分析より、終了時の状況、成果・達成度に影響する(寄与率の高い)説明変数の抽出を行い、パス解析を行った。
終了直後調査の分析では、継続・非継続の分岐に大きく影響する変数として、上市製品化時期、実現メリット(プレゼンスの向上)、研究テーマの適切性、ユーザーとの協議、コスト目標設定の有無、協議頻度(事業部門)が抽出された。研究テーマの適切性は、分析内容の深堀りのための設問変更に伴う新規設問追加によるものである。
詳細調査の分析では、上市製品化/中止・中断の分岐には、上市製品化時期、実現メリット(スピードアップ)が統計的に有意な説明変数として抽出された。上市製品化時期が、例えば3年以内あるいは3-5年以内といった明確化している、見通しができている段階となっていることが最重要であり、次いで実現メリットのスピードアップ(顕著な研究の進展であり、競争力ポジション変化に影響すると考察できる)となっている。
さらにマネジメント事項に遡ると、上市製品化時期には、期待メリット(スピードアップ)、事業部の関与等が抽出され、参画機関の意思・意欲、ビジネスに直結した変数が上位となっている。スピードアップについては、同じく期待メリット(スピードアップ)、データ取得量の多さが抽出され、必要十分なデータを適正な期間内に取得できることが重要であることが分かった。
これまでの3年間の統計解析の結果から、プロジェクト実施中の状況はほぼ把握できたと考えられる。今後は、継続状況をより正確に把握して、上市製品化率をより高めるための方策を抽出する必要がある。
英文要約Abstract

Questionnaire studies were conducted as follows:
・Immediately after the end of project following study (Immediately following study)
covering 11 projects completed in FY 2012.
・Simplified study covering 11 projects completed in FY2007, 14 projects completed in FY2009 and 12 projects conducted in FY2011.
・Detailed study covering 37 organizations that succeeded in commercialization, 23 organizations that abandoned commercialization and 20 organizations that stopped continued research.

The obtained data were analyzed statistically and correlatively.
Both the immediately following study results and the detailed study results were combined with the results of a study on energy field, which were mostly subjected to statistical analyses.
Questions of the questionnaire were classified according to before, during and the end of project, management performer, management items, results and achievement and the status for commercialization, and the explanatory variables for results and achievement and the status for commercialization were extracted and pass analysis was conducted.

From statistical analysis of the immediately following study results, expected time of commercialization,elevation of status, appropriateness of the research theme, consultation frequency with users, presence or absence of a set of cost targets and consultation frequency with business sector were extracted as variables affected the results of discontinued or continued the research after the end of project. Appropriateness of the research theme is the result from the novel question to depth analysis.
From statistical analysis of the detailed study results, expected time of commercialization and speed up the research and development(R&D) , were extracted as statistical significant explanatory variables affected the results of success in commercialization or abandon commercialization. It is important that along with the progress of R&D, firstly time of commercialization may be expected as, for examples, within 3 years or within from 3 to 5 years, and secondary speed up the R&D affected remarkable achievement and competitive position change.  
Dating back to management item, expected time of commercialization was affected by anticipation of speed up, involvement of business sector etc., reflecting intention or motivation of participating organizations and variable connecting directly to business.
Toward speed up the R&D, anticipation of speed up and many of the amount of data were extracted. It was interpreted that acquiring necessary and sufficient data within the period was important. 
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る