成果報告書詳細
管理番号20140000000459
タイトル平成25年度成果報告書 分野横断的公募事業の成功・失敗事例分析と今後の技術開発型ベンチャー関連支援制度に関する検討
公開日2014/7/1
報告書年度2013 - 2013
委託先名一般社団法人先端技術産業戦略推進機構
プロジェクト番号P12012
部署名イノベーション推進部
和文要約 我が国の経済再生政策では、長期的に成長率を押し上げ、経済構造の改革・調整を進める上で、ベンチャーへの期待が高まっている。大学や企業等の優秀な技術シーズの事業化を担う技術開発型ベンチャーの役割は経済再生の重要な鍵であると認識されてきたが、一方で、実効性の高い成果創出の効果については種々の問題点が指摘されている。
 そこで本調査では、NEDO分野横断的公募事業である「イノベーション実用化助成事業」、「大学発事業創出実用化研究開発事業」で実施された研究開発テーマを対象として、アンケート調査、ヒアリング調査等を通じて、事業化達成状況、達成段階ごとの要因を分析し、今後の技術開発型ベンチャー関連支援制度のあり方について検討を行った。
 アンケート調査では2005-2011年度において両事業に採択された研究開発テーマの現在の状況を把握するとともに、事業化達成状況とその要因、応募当時におけるビジネスプランの検討状況についてデータ収集を行った。
 さらに、事業化の進捗度に応じて成功・失敗事例を抽出し、その事業に関わった機関、企業等にヒアリング調査を実施し、成功要因や中断要因、そこに至るまでのプロセス、その他、公的支援事業に対する要望等について意見を聴取した。
 加えて、基礎研究から実用化・製品化まで直接・間接的に支援する多岐にわたる研究開発支援事業・制度について情報を収集し整理した。
 上記の調査結果をふまえ、有識者からの助言を受けつつ、研究開発テーマの成功・失敗の要因と、支援制度のあり方について検討を行った。
 成功・失敗要因については以下の項目が抽出された。
 【ユーザー評価の的確な把握】
  ユーザー企業が要求する条件を的確に把握し、ユーザーにとって価値ある製品を開発・提供していくという組織的・計画的な取組の有無
 【市場変動リスクの想定と対応】
  市場変動リスクの影響を軽減・回避するため、製品開発終了後1-2年内の販売の実現と、開発した技術・製品のユーザーや用途の複数想定
 【研究開発・製品開発だけでなく販売まで明確化したビジネスプラン】
  ユーザー評価を満たしうる製品を開発し販売していく計画など、研究開発から販売まで実践的なビジネスプランの策定
 【技術開発部門だけでなく経営幹部が参画しリーダーシップをとる事業体制】
  研究開発から製品開発に進み販売まで達成するためには、技術開発部門だけでなく、市場展開を含めた経営戦略を担う経営幹部が参画し、リーダーシップをとる事業体制

 以上の結果から今後の支援制度のあり方を検討すると、応募する研究開発テーマとその事業者の経営計画との関連性、研究開発から事業化計画の実現性(社内体制や担当者の意欲も含め)、開発の意義に関する評価等を念頭においた採択審査が必要とされる。
 また支援内容については、研究開発から製品開発、販売に至る達成率向上には、販売実現に対する意欲と取組の継続を目指した助成期間中の評価、市場や技術など外部変動要因に関する情報、製品開発後の改良・改善、量産化や販路開拓段階におけるハンズオン支援の充実・強化が求められる。
 支援体制については、助成事業で必要となる条件や課題を事前に徹底させるため、助成事業応募に向けたフィージビリティ・スタディ等の支援制度の新設が有効と考えられる。加えて、国や地方自治体が行う支援事業を組み合せたシームレスな支援提供が今後の方向性として考えられる。
英文要約Title: Study on success or failure case analysis of cross-sectoral R&D business, and on the role of the support system for R&D venture companies. (FY2013) Final Report
 In the economic revitalization policy of Japanese Government, the expectation for a venture is growing.
 The role of the R&D venture companies which bears commercialization of excellent technology owned by universities or companies is important key to economic revitalization. However, there are various problems in order to get the results with high effectiveness.
 Therefore, we carried out interviews and questionnaires as the target on research projects that have been carried out "NEDO Innovation Commercialization Venture Support Project" and “NEDO Matching Fund Project”. Then, we analyzed the cause and commercialization achievements, and have studied about the direction of the support system for R&D venture companies in the future further.
 In order to grasp the current status of R&D themes that have been adopted in 2005-2011 fiscal year, we conducted a questionnaire survey, and collected data on the business plan in the time of application and commercialization achievement factor. Through hearing survey of success or failure case, we collected information about the process that led to the interruption and success factors. And, collected the information about public research support projects or services at home and abroad.
 By the above findings, we examined the factor in the success or failure of research and development themes, for the way of support system. And, the following items are extracted for the success or failure factors.
 - Clear grasp about the user evaluation
  Knowing the requirements of the user. Presence or absence of systematic efforts to continue to develop and provide products of value to the user.
 - Corresponds to market risks
  To reduce the impact of market volatility risks, implementation of sales within 1-2 years after the end of product development, and Assumption of multiple applications and user of the product you have developed.
 - Clear business plan
  Development of business plan to cover to sales from R&D.
 - Leadership and participation of senior management
  Leadership and Participation of executives in charge of the management strategy including market expansion.
 Considering the way of support system in the future from the above results, it is necessary to adopt examination that in mind below.
  - Relevance to the business plan and R&D themes
  - Feasibility of business plans from the R&D stage
  - Evaluation of the significance of technology development
 To improve success rate, strengthening of hands-on assistance is required. And for support system, we consider new feasibility study is valid, and the provision of assistance that combines support businesses conducted by the government and local governments will be even more important in the future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る