成果報告書詳細
管理番号20140000000157
タイトル平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 モロッコ王国における太陽光発電技術と系統安定化技術導入可能性に関する調査
公開日2014/7/5
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社ニュージェック
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 モロッコ王国における太陽光発電技術と系統安定化技術導入可能性に関する調査
本基礎調査は、2011年4月から2012年12月下旬の約1年8ヵ月間で、モロッコ王国Ouarzazate地域等を対象に、太陽光発電と系統安定化技術の導入可能性について文献調査及び現地調査を行い、収集した基礎データを基に評価・分析を行った。
以下に調査結果概要を示す。
モロッコ王国の再生可能エネルギー導入に係る基本方針等について
モロッコの基礎情報、政策、インフラ整備状況と今後の展望等および、電力政策(電力規制、自由化の進行状況等)、環境政策全般の現状及び今後の展望等に関し調査を行った。
対象地域での太陽光発電と系統安定化技術導入のための基礎情報
対象地域の基礎情報、対象地域の電力会社の現状と今後の展望、および、対象地域へのインフラ整備状況の現状と今後の展望を調査した。
モロッコ王国における太陽光発電と系統安定化技術(スマートグリッド技術等を含む)の普及可能性について
モロッコ王国における、日本の太陽光発電モジュールの特性比較モジュール、太陽光発電の電力シフト技術、および、太陽光発電設備の導入等に関する日本企業及び海外先進国の動向調査等を調査した。
普及可能性に対する考察
本調査で得られた情報を評価・分析することを基に、モロッコ発電原価構造分析を行い、太陽光太陽光発電設備と蓄電池の構成について、容量や売電条件の違いを加味して評価分析を行った。               
英文要約Title:Mid Term Annual Report on Fundamental Research Project for the Introduction Possibility of the Photovoltaic Power Generation and the Grid Stabilization Technology (including smart grid technology) in the Kingdom of Morocco (FY2012)

To obtain basic policy, information, current situation and future prospect on the introduction of photovoltaic (PV) power generation and the system stabilization technology (including smart grid technology, etc.) in the Kingdom of Morocco, fundamental study was conducted. The main target area of study is Ouarzazate where the materialization of the plan is most prospective in the Moroccan Solar Energy Plan. And the study was done through literature, existing reports/documents and the site investigation.
The main study items are as follows:1. Configuration of electric power source,2. Interconnection transmission line to foreign countries,3. Electric tariff structure,4. Introduction plan of renewable energy,5. Fundamental information for photovoltaic power generation and grid stabilization technology,6. Possibility of photovoltaic power generation and the grid stabilization technology (including smart grid technology),7. Local contractors
As the result of the study, the followings were confirmed.(1)Meteorological conditions in Ouarzazate of the Kingdom of Morocco are suitable for photovoltaic power generation.(2)Introduction possibility of Japanese photovoltaic system technologies are high.(3)Power tariff is reasonable though the Kingdom of Morocco is importing power from neighboring country, and PPA (Power purchase agreement) price is not so high.The economy efficiency and dissemination potential of the photovoltaic generation systems were confirmed through multidisciplinary simulation including the utilization of storage battery and European power wholesale marker along on power tariff structure including whether there are any subsidies or not.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る