成果報告書詳細
管理番号20140000000267
タイトル平成20年度-平成25年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 セメント工場におけるバイオマス及び廃棄物の有効利用モデル事業(マレーシア)
公開日2014/7/5
報告書年度2008 - 2013
委託先名太平洋エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成20年度-平成25年度成果報告書「国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 セメント工場におけるバイオマス及び廃棄物の有効利用モデル事業(マレーシア)」

太平洋エンジニアリング(株)が親会社の太平洋セメント社と共に長年培ったエネルギー消費効率改善と廃棄物の原燃料に係わる技術・ノウハウを適用して、セメント製造工場において、バイオマス及び廃棄物のうち、可燃性廃棄物を化石燃料の代替燃料として活用することによる化石燃料消費量の削減を図る事を目的としている。本モデル事業はマレーシアのセメント製造会社CIMA社(Cement Industries of Malaysia Berhad)とパートナーを組み、CIMA社傘下のセメント製造会社のNSCI社(Negeri Sembilan Cement Industries Sdn. Bhd.) No.1ラインを実施サイトとした。計画された代替燃料は、廃タイヤとバイオマスとして、パーム椰子の製油工場で搾油後に発生するEFB (Empty Fruit Banch)、PKS (Palm Kernel Shell)及びFiberであるが、また価格によってはWood Chip及びSaw Dustも使用する可能性を含むものである。本プロジェクトの設備は2種類の設備に別けられ、1つは代替燃料を貯蔵場所から抽出し、プレヒータに投入する設備と、もう1つは代替燃料使用時にセメント製造設備を安定連続運転させる設備である。代替燃料投入設備としては、(1)廃タイヤ破砕投入設備(2)PKS及びFiber投入設備(3)EFB及び含水量の多い代替燃料の乾燥投入設備が設けられている。またセメント製造設備を安定連続運転させる設備として(4)塩素バイパスシステムと(5)TCS (Taiheiyo Coating Solution)システムを導入した。タイヤ及びバイオマス系代替燃料を使用することにより、塩素、アルカリや硫黄などの揮発性成分が増加し、なかでも塩素量の増加が最も鋭敏にプレヒータ内でのコーティングの生成を助長することが判明している。そのため、キルン排ガスを一部抽気することによって塩素を系外にバイパスしてプロセス内の濃度を下げ、キルンの安定運転を行う設備が(4)塩素バイパスシステムである。また、硫黄に関しては系内濃縮率が低く、塩素バイパスでは系外排出がほとんど出来ない。そこでキルン入口でキルン排ガス中のSO2ガスにプレヒータ上段から分岐させた低温原料を接触させ瞬時に浮遊状態で凝縮固化させ、コーティングの生成を抑制する設備が(5)TCSシステムである。これらの設備のうち、(1),(2),(4)及び(5)は2013年10月27日に完成し、(3)の設備は2013年12月11日に完成した後試運転を開始した。性能評価は代替燃料の抽出設備輸送能力と石炭代替効果について検証試験を行い、その結果両方とも目標値を満足し、CIMA社からPlant Completion Certificateが2013年12月30日に発行された。また、竣工式は日本、マレーシアの政府関係者を招待し2014年3月17日に行い、翌日の3月18日にはマレーシアのセメント関連同業他社を招待し普及活動の一環としてプロジェクトの設備説明会を行う予定となっている。
英文要約Title: Fundamental Research Projects for Increasing the Efficient Use of Energy Model Project etc. The Model Project for Alternative Fuel Combustion in the Cement Industry (Malaysia) (FY 2008-20013) Final Report

Model Project aims at reduction of fossil fuel consumption applying technology on efficient energy consumption and raw material and fuel of industrial waste in cement plant fostered for many years by Taiheiyo Engineering Corporation with its parent company of Taiheiyo Cement Corporation through effective use of combustible waste in industrial waste and biomass. Model Project is implemented with CIMA and carried out at NSCI a cement manufacturing company under CIMA. Planned alternative fuel is waste tire and EFB, PKS and Fiber generated at oil palm mills. Depending on cost Wooden Chip and Saw Dust are involved. Equipment of Project is divided into two. One is those extract alternative fuel from storage and feed it into preheater and the other is those maintain steady operation of cement plant while alternative fuel are used. As equipment for feeding alternative fuel, (1) waste tire breaking and feeding system, (2) PKS and Fiber feeding system, (3) drying and feeding system of EFB and high moisture alternative fuel are provided. As equipment for stabilizing cement plant operation, (4) Chlorine Bypass system and (5) TCS are introduced. By using tire and biomass, volatile component such as chlorine, alkali and sulfur increase and increased chlorine most actively promotes generation of coatings in preheater. For this the equipment which maintains stable operation of kiln by lowering concentration in process through bypassing chlorine through extracting kiln exhaust gas partially is (4) Chlorine Bypass System. As for sulfur by (5) TCS, SO2 in exhaust gas is condensed and solidified while it is suspended in exhaust gas through contact with low temperature raw material in a second. Equipment (1), (2), (4) and (5) were completed on October 27th and (3) was completed on December 11th 2013 and then test operation was commenced. Performance was evaluated by extracting capacity of equipment and replacement ratio with coal. Since both items satisfied target value CIMA issued Plant Completion Certificate on December 30th 2013. Further, Completion Ceremony of Model Project is scheduled on March 17th 2014 inviting representative of Government of Japan and Malaysia and on next day Project facilities will be introduced to people involved in Malaysian Cement Industries as part of dissemination activity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る