成果報告書詳細
管理番号20140000000425
タイトル平成21年度-平成25年度成果報告書 生活支援ロボット実用化プロジェクト 安全技術を導入した搭乗型生活支援ロボットの開発 搭乗型生活支援ロボットにおけるリスクアセスメントと安全機構の開発 研究開発項目1「安全機構を有した搭乗型ロボットにおけるソフトウェア、ハードウェアの研究開発」
公開日2014/7/24
報告書年度2009 - 2013
委託先名トヨタ自動車株式会社
プロジェクト番号P09009
部署名ロボット・機械システム部
和文要約開発項目

生活支援ロボット実用化プロジェクト
開発項目[5]
安全技術を導入した搭乗型生活支援ロボットの開発
搭乗型生活支援ロボットにおけるリスクアセスメントと安全機構の開発
最終成果報告
トヨタ自動車株式会社

研究開発の詳細と結果

トヨタ自動車は3台の新型立ち乗り搭乗型ロボットを開発した。そのうち,2台は生活支援ロボット安全検証センターに2013年に提供し,ISO13482に基づいた一連の試験を実施した。また,残りの1台は独立行政法人国立長寿医療研究センターに提供した。これらの新型立ち乗り搭乗型ロボットは,電気とメカ構造を改良し,小型化,操作性向上,電気ハードの信頼性向上,操作系の使いやすさ向上,及び耐環境性を高めたものである。トヨタ自動車はその安全検証センターと共に安全検証センターの試験設備を用いて検証した。

さらに,トヨタ自動車は国立長寿医療研究センターと屋内環境における立ち乗り搭乗型ロボットの実環境試験を実施し,独立行政法人産業技術総合研究所及び一般財団法人日本自動車研究所と共に屋外環境における実環境試験を実施した。国立長寿医療研究センターとの実環境試験では,立ち乗り搭乗型ロボットを医療スタッフが国立長寿医療研究センター内で運転し運転中のリスクを評価した。立ち乗り搭乗型ロボットの運用に関して患者の意見を収集した。産業技術総合研究所及び日本自動車研究所との実環境試験では,立ち乗り搭乗型ロボットを118名の一般人が公共の場で運転し,立ち乗り搭乗型ロボットの安全性に関する意見を収集した。これらの意見を基に,トヨタ自動車はリスクアセスメントを実施した。

また,トヨタ自動車は日本自動車研究所,産業技術総合研究所及び独立行政法人労働安全衛生総合研究所と共に,試験方法の研究開発に参加した。この研究開発を通じて,トヨタ自動車は試験治具設計の助言,電磁両立性試験の検査ソフトウエアの提供,立ち乗り搭乗型ロボットの保守,試験人員の教育を実施した。

最後に,トヨタ自動車は一般財団法人日本品質保証機構と共に認証手段のパイロットスタディーに参加し,その中で生活支援ロボットの認証手段が開発された。

Contract Management No.
09003699-0
英文要約Development Items 

Project for practical applications of service robots
Developmental item [5]
Development of passenger robots based on safety technology
Development of risk assessment and safety mechanism for passenger robots
Final Report
Toyota Motor Corporation (TMC)

Research and Development Details and Results

TMC has developed three new standing scooter-type robots. Two of the new standing scooter-type robots were provided to Service Robot Safety Testing Center in 2013 where a set of safety tests is conducted according to ISO13482, and a new standing scooter-type robot was provided to National Center for Geriatrics and Gerontology (NCGG). The new standing scooter-type robots improved electronic and mechanical architecture design for size reduction and maneuverability, reliability of electronic system, usability of human-machine-interface, and environment resistance. TMC has evaluated safety technology with Service Robot Safety Testing Center utilizing their testing facilities.

Additionally, TMC has conducted real life tests of the standing scooter-type robots with NCGG in an indoor environment, and with National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) and Japan Automotive Research Institute (JARI) in an outdoor environment. In a real life test with NCGG, two standing scooter-type robots are driven by medical staffs in NCGG, and risk associated with the operation is evaluated. The operation is observed by chosen patients and their opinions regarding the safety of standing scooter-type robot are collected. In a real life test with AIST and JARI, standing scooter-type robots are driven by 118 general people in public places and their opinions regarding the safety of standing scooter-type robot are collected. Based on the aforementioned opinions, TMC has conducted risk assessments on the robot.

Furthermore, TMC has involved in the research and development of safety testing methods with Japan Automobile Research Institute (JARI), Advanced Industrial Science and Technology (AIST) and National Institute of Occupational Safety and Health. Through the research and development, TMC has advised test jig design and has provided inspection software for electromagnetic compatibility test. TMC has, furthermore, provided maintenance service for the conventional standing scooter-type robot, and training of their testing personnel.

Lastly, TMC participated in a pilot study of certification procedure with Japan Quality Assurance Organization (JQA) wherein certification procedure for service robot was developed.

Contract Management No.
09003699-0
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る