成果報告書詳細
管理番号20140000000471
タイトル平成25年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 フォローアップ事業 「都市域の渋滞緩和に向けた高度交通システム(ITS)導入可能性に係る現状分析(インドネシア)」
公開日2014/7/12
報告書年度2013 - 2013
委託先名オムロンソーシアルソリューションズ株式会社 西日本高速道路株式会社 一般財団法人計量計画研究所 株式会社社会システム総合研究所 株式会社ウェザーニューズ 株式会社ゼンリンデータコム
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約 近年の急速な経済発展と人口増加による交通需要の増大によって、インドネシア共和国の特に都市域において、交通渋滞や交通事故の多発といった社会問題が深刻化してきている。また、交通渋滞にともなうエネルギー消費量、CO2排出量の増加は、地球温暖化というグローバルな課題の要因の一つでもあり、インドネシア共和国政府は、2011年に温室効果ガス削減の行動計画および温室効果ガスのインベントリ管理に関する大統領令(2011年第61号、第71号)を発布してその対策に取り組んでいる。このような状況のなか、温室効果ガス削減に対する方策の一つとして都市域の渋滞緩和へ向けた高度交通システム(ITS)の導入に対するインドネシア共和国の期待が高まっている。
 ITS導入による都市域の渋滞緩和によって、インドネシア共和国のエネルギー消費量、CO2排出量の削減に貢献し、現地での我が国のシステム技術の評価を高めるともに、日本国内産業の発展だけでなく、インドネシア共和国の経済発展に寄与していくことを目指す。われわれは、交通状況を把握する画像センサ、無線パケットセンサといったインフラセンサや個々の車両の位置を把握するプローブセンサのみならず、道路沿線に設置する気象センサなどから得られる多様なデータを統合・分析・提供するシステムを構築し、これらを技術の強みとして実証事業を行うことを想定し、本基礎調査を実施した。想定しているシステムは、道路沿線の気象情報の収集とデータから求められるリスク分析結果の提供が、渋滞緩和や道路上の安全性向上に有効であるという国内での知見に基づいて、気象データも含めた交通に係る多様なセンサデータの統合と、そこから分析される情報の提供を行うものである。このシステムによって、ドライバの行動を制御し交通渋滞緩和へ向けた交通流の全体最適を図ることができると考えており、実証事業においてその効果を検証していくことを想定している。現地における実態調査により、交通渋滞に関する課題、ITS導入による温室効果ガス削減効果を明らかにするとともに、提案するシステム技術の基盤となる各種センサ類の適用が可能であることを確認した。
 本調査に基づきインドネシアのおけるITS導入に向けた実証事業候補地として、南スラウェシ州に位置するマカッサル市を選定し、現地の高速道路を管理運営する社と実証事業実現へ向けた協議に入ることができる関係を構築した。
 国際実証事業の実施にあたり、インドネシア政府のITSに関連する各省庁を訪問し、カウンターパート候補を選定した。
 現地実態調査、聞き取り調査に基づき、現地ニーズに即した実証事業および普及段階での事業計画を検討した。実証事業での十分な検証を行うことで、交通情報を核としたサービス事業とそれを支えるシステム、アプリケーション提供事業の実現が期待できる。
 本案件の調査検討項目は以下の通りである。
(1)対象地域の基礎情報及び現地ニーズの収集
(2)ITSに係る分析
(3)想定されるシステム実証事業の実施計画・詳細計画の具体化
(4)対象技術の普及可能性調査
(5)当該システム技術導入における政府ほかの関連政策・支援などの調査
(6)過去の実証事業の成功要因への適合性
英文要約 As the demand for transport increases with rapid economic growth and rise in population in recent years, social problems such as traffic jams and accidents are getting more strained in the Republic of Indonesia, particularly in urban areas. Likewise, the increase in energy consumption and CO2 emissions is one of the major factors for the global problem of global warming. The government of the Republic of Indonesia is thus engaged in countermeasures by issuing Presidential Decrees on National Action Plan for Reducing GHG Emission. Under such circumstances, there are heightened expectations for the introduction of Intelligent Transport Systems (ITS) aiming at alleviating traffic jams and reducing greenhouse gas emissions.
 By alleviating traffic jams in through the introduction of ITS, we aim to contribute to the reduction of energy consumption and CO2 emissions and enhance the reputation of Japanese system technologies in Indonesia. For that purpose, we have established a system for integrating, analyzing and providing various data obtained not only from infrastructure sensors to grasp traffic information (such as image sensors and wireless packet sensors) or probe sensors to grasp vehicle locations, but also from roadside meteorological sensors. Using these technologies in our study, we have conducted this basic research in view of conducting a verification project. Based on the experience in Japan that the risk analysis results from meteorological information and data in roadside is beneficial to improve road safety and alleviate traffic jams, the prospective system is designed to integrate various sensor data and provide information analyzed. With this system, we believe that we can control driving behaviors and promote overall optimization of traffic flow to alleviate traffic jams, and we expect to demonstrate its effect in a verification project. In a field survey, we have identified problems related to traffic jams and clarified the GHG emission reduction effect obtained by the introduction of ITS. We have also confirmed that various sensors are applicable.
 Based on this field survey, we have selected the city of Makassar located in South Sulawesi Province as a candidate site for the verification project for the introduction of ITS, and established relations with a company that manages/operates local expressways to cooperate with us to realize the verification project.
 For the implementation of the international verification project, we have visited relevant government agencies and selected the candidates for counterpart.
 On the basis of the field survey and interviews, we have examined project plans for the verification project and for the execution phase. After sufficient verification, we can expect to realize services on traffic information, support systems, and application services.
 
 Items to be examined in this research project are as follows;
(1)Collection of baseline information and local needs in the target area(s)
(2)Analysis related to ITS
(3)Materializing the implementation plan/detailed plan for the verification project
(4)Study on the feasibility of dissemination
(5)Study on relevant policies and supports by the government
(6) Compatibility with success factors in past verification projects
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る