成果報告書詳細
管理番号20140000000485
タイトル平成24年度-25年度成果報告書 IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト (ヘルスケア分野)角膜再生医療の普及のための診断・治療IT支援システム開発・ビジネスモデル実証事業
公開日2014/7/26
報告書年度2012 - 2013
委託先名国立大学法人大阪大学 株式会社ニデック 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
プロジェクト番号P12009
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約件名平成24年度-平成25年度成果報告書 融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト/(ヘルスケア分野)角膜再生医療の普及のための診断・治療IT支援システム開発・ビジネスモデル実証事業
高齢化社会の進展と共に、眼疾患に罹患し失明する患者は年々増加している。その一方で、失明疾患を治療する角膜移植にはドナー不足と他家移植による拒絶反応という深刻な問題があり対策が急務である。細胞シートを用いた角膜再生医療はこれら問題を解決に導く極めて優れた医療であり、我々が世界をリードしてきた分野である。しかしながら、角膜再生医療の普及は未だ大幅に遅れているのが現状である。なぜなら、角膜再生医療は、移植適応診断や角膜移植に用いる口腔粘膜細胞シート(以下、角膜シート)製造に関し、角膜専門医師や細胞培養熟練技術者の豊富な技術・知識・経験が必要であり、プロフェッショナリティに強く依存した限定的な医療だからである。本実証事業では、角膜再生医療の実用化と普及を加速化させる目的で、角膜専門医師や細胞培養の熟練技術者のいわゆる「プロの目」を一般化するためのハードウエア・ソフトウエアをIT技術を用いて開発するとともに、標準化・定量化された技術とデータベースを運用するビジネスモデル実証事業を行う。そのためには、以下1-3が求められる。1医療面においては、特殊治療である角膜再生医療に精通した医師の視点ならびに判断基準を可及的にデジタル化し、これを一般の医療機関によって実施できるようにする。2角膜再生医療製品提供面においては、患者によって特性の異なる細胞の状態を合理的に把握し、適切に細胞培養が実施できるような仕組みを構築し、熟練者の視点をIT技術によって解析し一般化する。3さらに、医療側、組織提供側ともに高度な技術を要する角膜再生医療にIT技術によるデジタルデータベース化を新規導入し、診断支援システムと角膜シート品質管理システムの開発およびそれらのデータベース化のパッケージングをもって角膜再生医療の新たなビジネスモデルを構築する。その結果、1については、手術の適応判断や術後経過観察において治療介入の判断に重要な要素となる角膜診断情報として混濁、浮腫、血管侵入、充血、上皮欠損の5つの所見を選定し、注目部位の抽出技術の検討を行い、デジタル・定量化を行う基盤技術を策定した。この基盤技術を基にした角膜診断支援ソフトの開発に成功した。2については、細胞シートの電気抵抗値測定、細胞形態のIT画像処理による解析、培地成分分析による非侵襲的評価法等により、細胞シートの製造・工程管理に関する合理化を目指したIT技術基盤の策定に成功した。3については、本研究開発技術を利用することで、再生医療推進法等の制度改革にいち早くマッチングしたビジネスモデルの構想を提案することに成功した。以上において、H24-25年度に実施の全研究項目の目標に対する達成度は100%であり、そのことにより角膜再生医療の加速的普及につながる基盤技術の策定に成功した。今回開発した一連の技術は、IT融合を用いた角膜再生医療の加速的普及を目指した技術革新に必須であり、新規性、革新性、発展性は極めて高い基盤技術である。また本事業の遂行により、分野横断的な異業種連携によるITビジネス創出の可能性を示すことができ、新規で優れたビジネスモデルの提唱に成功したと考える。
英文要約Title: Validation project to develop business model with IT assisted diagnosis and treatment system for the dissemination of corneal regenerative medicine (FY2012-FY2013) Final Report

Recently, patients with vision loss after serious eye disease are increasing in an aging society. Transplantation is one effective remedy to cure cornea related blindness. However, corneal transplantation suffers from chronic donor shortage and high rates of rejection. We have developed cell sheets for use in corneal regenerative medicine which are able to overcome these problems. However, corneal regenerative medicine using cell sheet technology is still in its infancy and not yet widely available. Increasing the professional skills and knowledge of corneal ophthalmologists and cell sheet manufactures, as well as forming an effective business model for managing this medical service are strongly required. Therefore, in order to generalize the cell sheet-based corneal regenerative medicine, we believe, an introduction of technical innovation and a new business model are strongly desired. In this project, we have developed a novel IT assisted diagnosis and treatment system for cell sheet corneal transplantation. The first success was in the diagnostic information of corneal disease obtained by professional corneal ophthalmologists being converted into simple quantitative digital data content using our novel developed software. Consequently, non-corneal specialists are able to use this diagnostic information for cell sheet corneal transplantation. The second success came from the rationalization of cell sheet manufacturing quality control using digital data content. The digital data content includes cell sheet quality information during manufacturing, such as electric resistance, digitalized cell morphology, and monitored medium condition during cell sheet culturing. Furthermore, we presented a unique business model. The business model utilizes information from the digital data content we developed for managing cell sheet-based corneal regenerative medicine. Therefore we now believe, by means of using our business model, non-corneal specialist doctors as well as general medical facilities, have a chance to operate cell sheet-based corneal regenerative medicine as a common medical service in the near future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る