成果報告書詳細
管理番号20140000000542
タイトル平成24年度-平成25年度成果報告書 NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/国富を担うロボット共通基盤技術の社会普及に関する体系的研究・活動
公開日2014/7/24
報告書年度2012 - 2013
委託先名国立大学法人東京大学
プロジェクト番号P06046
部署名ロボット・機械システム部
和文要約【概要】 日本語
NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開 国富を担うロボット共通基盤技術の社会普及に関する体系的研究・活動(平成24年度-平成25年度)では、ロボット産業の活性化、競争力強化を図るため、Robot Technology Middleware【RTMと略記】、サービスロボット技術、フィールドロボット技術に関して、以下の成果を得た。
(1)周辺研究 研究開発項目 1.国富ロボット共通基盤の研究開発
研究開発項目 1-1.国富を創るRTM産業基盤技術経営研究:国富のもとである、ものづくり共通基盤として、RTMの試験運用や新規導入のテストベッドとなるエンジニアリングサンプルの開発を行った。本成果はRTミドルウェアコンテスト2013にて最優秀賞を受賞した。
研究開発項目 1-2.国富を守るロボットとその安全の社会実装研究:1)生産現場や福祉現場で人間と直接共存し、彼らを支援する次世代ロボットの市場を創出・拡大するために不可欠な安全性の向上を目的として、Robot Technology(RT)に適するように機能安全の概念を修正・提案し、その普及に努めた。2)フィールドロボティクスの研究として、人による作業が困難な環境においてロボットが移動・作業する足場をロボット自らが自動構築するシステムのプロトタイプを開発し,想定するユーザへのデモ・意見交換を行った。
(2)人材育成の講座の実施 研究開発項目 2.国富を担う技術経営人材育成
研究開発項目 2-1.国富を創るロボット人材育成:1)サービスロボット、RTM、および、フィールドロボットに関するセミナ、ワークショップを14回開催した。延べ参加人数は、651人であった。これらの知見はロボペディアに蓄積・公開された。2)ベテランロボット技術者の経験活用のための講師派遣活動の趣旨を明らかにし、日本ロボット学会の承認をとり、具体的な教員と講義のデータベースのプロトタイプを実現し、少数回の講師派遣活動を実施した。
研究開発項目 2-2.国富を守るロボット人材育成:東大柏キャンパスにおいて、大学院の講義として、人間人工環境講義IIを開講し、単位取得をふくめ、技術イノベーション(社会変革)をひきよせるロボットを可能とする人工環境とその基礎をなす情報学を、機械編、人間編、社会実装・システム編にわけて講義した。参加者は、14名であった。
(3)人的交流等の展開 研究開発項目 3.国富を担うロボット分野の人的交流
研究開発項目 3-1.国富創出ロボットプロジェクト企画:ロボットユーザー、サービス提供者、ロボット開発者、研究機関等がロボットサービスシステムを創出し、育て、普及定着させる地域プロジェクトプロセスを企画立案した。
研究開発項目 3-2.国富を担うロボット技術経営研究会:1)RTMの今後の在り方を議論し、その将来の方向性として、ロボット教育のための教材へのRTM応用の重要性を指摘した。2)フィールドロボットに関し、性能評価標準化の重要性、国際協力の重要性を指摘、深化をはかるための試験評価会とワークショップを開催した。
英文要約【概要】 英語
In the researches of the human resources developments and the synthetic promotion of industry-academia collaboration (the systematic approaches to the outreach of the robotics common platform technologies, 2012-2013), our goal was to enhance the competitiveness of the robot industry. The followings are the results of this project.
i) Related Researches

1.1. Development of Factory Automation (FA) System using RTC

We developed an engineering sample of introducing and testing RT-middleware into industrial field. This research won the best award of the RT-middleware contest 2013.

1.2. Safety Technology and Field Robotics for National Wealth

1) We proposed, improved, and outreached the functional safety standard of Robot Technology to cope with the market expansion of the next-generation robots

2) We surveyed the potential needs in the field of disaster respond robots. A proto-type system of seld-reconfigurable mobile manipulation robot, which automatically construct own foot path, was realized and demonstrated to the related people with keen deicussion.

ii) Human Resources Developments

2.1. Workshops and Seminars for National Wealth

1) We held 14 workshops and seminars on the RT-middleware, the Service Robotics, and Disaster Respond Robots. In total, 651 people attended the seminars. The presentation materials are accumulated in the website, “Robopedia.”

2) We clarified the objectives of the education program by the veteran engineers. After obtaining the RSJ (Robotics Society Japan) approval for this program, a prototype of the database of the veteran engineers was implemented. We have carried out the education activities several times.

2.2. Human Resources Development for National Wealth

As a course for graduated students, the series of the classes named “Human-Friendly Artificial Environment 2” was opened to the public. The purpose of the classes is to educate the informatics that enables the social innovation by robots and artificial environments. In this talks three subtopics of ‘Mechanical Issues’, ‘Human Issues’, and ‘Society Issues’ are touched upon. 14 students attended the classes.

iii) Activities of Personal Interaction

3.1. Project Planning of the Future National Project

The project of community based robotics in which users, service providers, developers, and research organizations create, cultivate, and implement the robot service system was proposed.

3.2. Robot Technology management Consortium for National Wealth

1) The future plans of the RT-middleware were discussed. As the result, we pointed out the importance of the RT-middleware in the field of robot education. 2) We held the workshops and meetings on the evaluation of the field robotics. The importance of the standardization and international cooperation of the benchmark test in the field robots.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る