成果報告書詳細
管理番号20130000000499
タイトル平成24年度成果報告書 「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト シンガポールにおける国際共同研究開発・実証事業 メンタルヘルス状態計測の研究開発・実証」
公開日2014/8/20
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社日立製作所
プロジェクト番号P12007
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約(課題1)精神性疾患の検知におけるローカリティの分析・検討
 標準語及び関西弁を日常使用する健常者各60名を対象に光トポグラフィを用いて語流暢性課題およびワーキングメモリ課題遂行時の脳活動を測定した。
 精神疾患鑑別に必要とされる語流暢製課題遂行時の前頭部信号の積分値、重心値の平均値について、2群で有意な差は無かった(p>0.7)。また、POMS質問票とワーキングメモリ課題遂行時の前頭部信号との相関関係にも有意な差は見出されなかった。よって、標準語と関西弁においてはローカリティの問題は認められないという結論を得た。
(課題2)シンガポール側事業採択への環境整備
 2月4日に、シンガポール側代表者であるHitachi Asia Singapore,および共同提案者であるAsia Medical Centerの担当者と共に,NRFのMr. George Loh, Mr. Brian Cheungと交渉し,採択を再考いただくために必要な要件を尋ね,修正提案させていただくようお願いした。しかし,Loh氏より「審査は終了しているので、変更提案は受け付けない。別のグラントへの応募を勧める」との回答を得た。これを受け,日立独自費用で進めることを検討し、Duke-NUSと交渉して合意を得て,3月22日にNEDOに報告した。
英文要約I. Investigation and analysis of locality effect on the detection of mental disorder.
Brain activities during verbal fluency task and working memory task were measured using Optical Topography for 60 normal volunteers who usually speak the standard Japanese or Kansai dialect.
The mean values of integrated signals and barycenter of signals in frontal regions during the verbal fluency task, which are useful in the differential diagnosis of mental disorder, were not significantly different from each other (p>0.7). Also the correlation between depression-mood-score by POMS and signals in frontal region was not significantly different between 2 groups. In conclusion, we found no problem of locality between the standard Japanese and Kansai dialect.
II. Environmental improvement toward the adoption of project in Singapore side.
The responsible party, Hitachi Asia Singapore who is a representative of the project in Singapore side, Asia Medical Center, and Hitachi Central Research Laboratory, had a meeting with Mr. George Loh and Mr. Brian Cheung of NRF, asked conditions for reconsidering the adoption, and requested to accept a resubmitted application. However, Mr. Loh answered “NRF never accept any resubmission, because the judgment was closed. I recommend you to apply other grants.” According to this answer, we made a plan using a budget of Hitachi’s own and came to an agreement with Duke-NUS. This situation was reported to NEDO on March 22th
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る