成果報告書詳細
管理番号20130000000687
タイトル平成21年度-平成24年度成果報告書 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発 橋渡し促進技術開発 癌特異的抗原受容体改変T細胞の輸注とがんワクチンによる複合的がん免疫療法の研究開発
公開日2014/8/27
報告書年度2009 - 2012
委託先名タカラバイオ株式会社 国立大学法人三重大学 学校法人慶應義塾
プロジェクト番号P07022
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約1-1.ベクターAを用いたTCR改変T細胞とペプチドによる臨床研究開発:ベクターAの保存安定性試験を実施し、GMP製造及び品質試験を問題なく終了した。また、TCR改変T細胞の保存安定性も確認した。基礎実験では、NOGマウス実験で特異的T細胞輸注に加えてペプチドワクチンを行う治療プロトコールの妥当性を示した。さらに輸注T細胞のマルチファンクション性の評価が免疫機能の良い指標となる可能性を示した。臨床研究では、計10名の患者にTCR改変T細胞の輸注が実施された。全ての症例で重篤な有害事象、増殖性ウイルス、輸注細胞のクローナリティーは認められず、本臨床研究は安全に実施されたと考えられた。コホート2,3はコホート1に比較して良好な臨床経過を辿る可能性があり、輸注細胞数と臨床効果の関係性が示唆された。輸注直後よりTCR改変T細胞が検出され、ピーク時の末梢血中の検出細胞数は輸注細胞数依存的に増加して検出された。長期生存例では輸注細胞が長期にわたり末梢血中に検出され、腫瘍組織への輸注細胞浸潤例もあった。15名の患者からのTCR改変T細胞作製では品質試験結果も全て良好であった。今後の展開として、ベクターAを用い前処置を併用した新たな臨床研究の厚生労働大臣による承認を得た。また、新規細胞調製法を用いたTCR改変T細胞の製造法も樹立した。1-2.ベクターBを用いたTCR改変T細胞とペプチドによる臨床研究開発:GMPに準拠したベクター製造・品質試験を実施し、保存安定性を確認した。少量(-100ml)末梢血から1x10^10レベルのTCR改変T細胞の調製が可能となり、実機スケールの試験製造を複数回実施した。また、siRNA発現ユニットを持つベクターのオフターゲット効果検証、各種非臨床試験、NOGマウスによる安全性試験も実施した。その後、ベクターBの開発は治験として進めることを優先することとした。PMDA(医薬品医療機器総合機構)と対面助言を2回実施し、その結果をもとに確認申請資料を作成して、品質・安全性に関する薬事戦略相談を実施した。今後、確認申請を実施する予定である。また、厚労省監視指導・麻薬対策課との相談を実施し、多施設共同臨床研究実施体制、及び多施設間における細胞調製用の全血及びTCR改変T細胞の輸送システムを構築した。2免疫評価法の開発による新規T細胞療法の総合的評価:各施設で実施された免疫療法前後の抗腫瘍T細胞応答を総数185症例以上で測定した。血清・血漿検体を用いて、多項目を同時測定するビーズアレイ法を確立し、50項目以上のケモカイン・サイトカインを測定して、がん種毎の特徴を明らかにした。各種能動免疫法と養子免疫療法症例のビーズアレイ法による血中サイトカイン・ケモカイン解析及び免疫誘導効果・抗腫瘍効果との相関解析により、症例選択・効果予測・免疫誘導評価に有用と考えられるバイオマーカーが同定された。マウス腫瘍モデルを用いて、T細胞を用いた養子免疫療法における免疫作用と抗腫瘍効果と相関があるマーカーの検証と機序解明を行った。また、新規抗腫瘍T細胞測定法として、HLA-classIIテトラマー及び腫瘍抗原包埋オリゴマンノース被覆リポゾーム、抗原スプレッディングを測定する方法として、多色化HLA-テトラマー及び腫瘍抗原ビーズパネルを作製し、免疫療法検体を用いて有用性を確認した。アクティブプロテインアレイを用いて網羅的に有用な抗原の同定も行った。さらには既存のELISPOT・HLA-テトラマー測定法の標準化も実施した。ベクターAの臨床研究でTCR改変T細胞を投与された症例については、末梢血中でのTCR改変T細胞の検出が可能であり、複数のサイトカイン・ケモカインの変動などが認められることを確認した。
英文要約Title: Development of comprehensive cancer immunotherapy utilizing adoptive transfer of tumor-specific TCR-engineered T cells and cancer vaccine (FY2010-2013) Final Report: 1-1. We completed the stability tests and quality tests of GMP-grade retrovirus vector A. We confirmed the stability of T cells that were transduced with TCR by vector A. We validated the efficacy of the combination of adoptive T cell therapy and peptide vaccination. We showed that the multifunctionality of transferred T cells could be a sensitive correlate of the immune control of the disease. In the clinical trial, ten patients were enrolled. Neither adverse events relating to the TCR-engineered T cell treatment nor risks relating to the retrovirus, such as a reproductive retrovirus or clonality in transferred cells, were observed in all patients. The clinical outcome seems to be better in patients enrolled in cohort 2 and 3 compared to cohort 1, suggesting the positive correlation between the number of transferred cells and the clinical outcome. Transferred T cells were detected in all patient’s peripheral blood in a dose dependent manner by quantitative PCR analysis on inserted vector. In patients with long survival, transferred cells were detected for long period in the patients’ PBMC. From a tumor biopsy specimen of one patient, tumor infiltration of the transferred cells were detected by quantitative PCR. We planed a new clinical trial utilizing same vector with lympho-depleting pretreatment that were approved by the Minister of Health, Labor, and Welfare. : 1-2. We confirmed the stability of the GMP-grade retrovirus vector B. We completed the pre-clinical tests including in vitro and in vivo safety tests and efficacy tests for the vector B as well as T cells trasduced with vector B. We consulted PMDA about the process to have an approval of the Pharmaceutical Affairs Law, and in process to prepare the necessary documents to perform clinical trials aiming the practical use. We established the system to run gene-engineered T cell therapy trials among institutes. : 2. T cell immune reactions were accessed utilizing samples from more than 185 cases. More than 50 cytikines/chemokines were measured in the peripheral blood of the patients and found several specific cytokines or chemokines that could be the biomarkers of the selection of the patients for immunotherapy, prediction of the effects of the therapy, and/or the assessments of the immunological states of the patients. We analyzed the comprehensive response of the antibodies utilizing active-protein-array and defined several antigens that could be biomarkers of the immune response. We developed several novel methods to detect the anti-tumor immune responses such as HLA-class II tetramer, mannose-encapsulated liposome, multi-color tetramer, tumor antigen beads panel, and a novel protein array.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る