成果報告書詳細
管理番号20140000000396
タイトル平成22年度-平成25年度成果報告書 「ヒト幹細胞産業応用促進基盤技術開発 ヒト幹細胞実用化に向けた評価基盤技術の開発」(株式会社島津製作所)
公開日2014/8/8
報告書年度2010 - 2013
委託先名株式会社島津製作所
プロジェクト番号P10027
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約件名:平成22年度-平成25年度成果報告書 ヒト幹細胞産業応用促進基盤技術開発/ヒト幹細胞実用化に向けた評価基盤技術の開発

メタボローム解析技術によるヒトES細胞品質評価技術の確立を目的とし、メタボローム解析に適した前処理方法の開発およびガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)または液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS)を用いたメタボローム分析手法の開発を行なった。開発した分析手法を用いることで、解糖系やクエン酸回路など主要な代謝経路を含め、幅広い代謝産物を再現性良く評価することが可能となった。複数の異なるヒトES細胞を対象に、分化/未分化状態における比較メタボローム解析を実施した結果、未分化状態のヒトES細胞と分化誘導細胞では明確に異なるメタボロームプロファイルが得られた。以上のように、メタボローム解析によるヒト多能性幹細胞の品質評価適用の可能性を確認することができた。また、新たにGC/MS代謝成分データベース Ver.2を2013年9月に上市した。
英文要約Title:Fundamental Technology for Promoting Industrial Application of Human Stem Cells/Development of key evaluation technologies toward the practical use of human stem cells(FY2010-FY2013)Final Report

To establish a technology for quality evaluation of pluripotent stem cells with metabolome analysis, we optimized sample preparation methods and developed a metabolome analysis method using gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS) and liquid chromatography-mass spectrometry (LC-MS). This method enables us to quantify various species of metabolites including those associated with the glycolysis and citric acid cycles with high reproducibility. Comparative metabolomics showed a clear difference between undifferentiated and differentiated states of human embryonic stem cell lines. Thus, we were able to confirm the applicability of metabolome analysis to the quality evaluation of pluripotent stem cells. We have launched the GC/MS Metabolite Database Ver. 2 in September, 2013.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る