成果報告書詳細
管理番号20140000000530
タイトル*平成25年度-26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 フォローアップ事業 圧縮天然ガス(CNG)自動車普及に向けたガス供給インフラの構築可能性に係る現状分析(インドネシア)に関する基礎調査報告書
公開日2014/8/21
報告書年度2014 - 2015
委託先名豊田通商株式会社 トヨタ自動車株式会社 東邦ガスエンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約 日本車の重要市場であるインドネシア(以下、尼国)は、豊富な国産天然ガスを輸送用燃料の一部に活用する事を国策としている。しかし現状ではCNG車の利用に関する安全性、利便性、経済性の課題があり、普及は一部に留まっている。本基礎調査では尼国政府の政策実現に貢献すると共に、日本企業の持続可能なビジネス創出を念頭に日本のCNG車・CNGステーションに係る技術・知見・法規の有効性と現地への適用可能性、検証の為の実証事業の概要、実証事業の成功要因について調査・分析し、基礎資料として取り纏めた。以下、概要。

(1)対象地域の選定
 CNG化事業の対象地域選定にはCNG車の需要が最も重要である。この為、人口・経済・産業の規模やインフラ整備の現状把握と将来予測を行い、ガス供給政策・計画も考察し、第1候補としてジャカルタ首都圏と東部工業団地を選定した。その実績・課題を踏まえ、次に第2の人口・経済圏であるスラバヤ広域都市圏への拡大を図る事が最も着実なステップと考える。

(2)実証事業の概要
 普及が見込まれるCNG車の車種・用途として、路線バス、運送トラック、タクシーが挙げられる。これらは燃料消費量が多く石油代替効果が高い事、走行ルートがほぼ固定されCNGステーションの効率的な配置と運用が可能な事などの利点がある。
 国有石油ガス会社プルタミナは、需要拡大が確実に見込めるトランスジャカルタ路線バス用にCNGステーションの増設を優先する方向である。本事業では工業団地を循環する運送トラックとユーザーへの宣伝効果の高い政府公用車を対象車両とし、その運行域内に日本式CNGステーションを設置・運営する。日尼双方が補完的に設置する事より、効果的かつ着実なCNG車の普及推進を目指す。

(3)実証事業の成功要因の適合性調査と課題
 現在CNG車の普及が進まない主な理由に、CNGステーションの不足、不十分な燃料品質が挙げられる。また、尼国政府はCNGへの燃料転換改造キットを無償配布する等によって普及を促したが改造CNG車に対する安全保証が担保されておらず、ユーザーの不信感から普及は一部に留まっている。この為、本事業ではCNG車の安全性が担保される事をユーザーに示す必要がある。本事業では高品質な日系自動車メーカーのCNG車を用いて、後付改造車に比べ、安全・環境面で優れている事を示す。ただしCNG車を輸入する場合は現在40%の輸入関税が課される為、2015年以降のアセアン経済統合時の関税撤廃が強く期待される。また改造キット無償配布の政策が残っており、OEM供給との公正な競争の実現も尼側に訴える必要がある。
 CNGステーションについては、土地確保が難しいジャカルタ都市部での建設・運営において、日本製のコンパクトで振動・騒音対策が施されたオイルレス/オイルフリーのコンプレッサーが最適と考える。一方、輸送トラック向けが主体の郊外の工業団地では日本式の効率的なCNGステーションのレイアウトを導入する事により、既設給油スタンドへの併設を可能にし、ユーザーが他の充填所へ行かずにCNGを充填する事ができる。
 実証事業の成功とビジネス化の鍵となる現地カウンターパートについては、対象地域向け輸送用燃料のガス田権益を保有し、既に自前のCNGステーションを建設・運営しているプルタミナを候補とする。対象とするCNG車・CNGステーションがプルタミナの計画と重ならず補完関係にある事から、プルタミナは連携に前向きである。今後、日尼政府間協議により、尼国石油ガス当局MIGASの本事業への理解を得て、協力体制が強化される事を期待する。
英文要約Indonesia is an important market for Japanese automotive manufacturers where promoting use of abundant domestic natural gas for transportation fuels. However, there are several issues such as safety, convenience and economy for CNG Vehicle (CNGV) users, the spread has remained in part at present. To contribute to the policy implementation of Indonesian government and sustainable business creation for Japanese companies, this basic research investigates and analyzes applicability of technology, knowledge and regulations related to CNGVs and CNG stations of Japan and success factors of demonstration project and compiles basic data. Summary is below:

(1) Selection of target area
Demand for CNGVs is the most important in selection of the CNG target area. Therefore, current situation and forecast of size of population, economic and industry including infrastructure and gas supply policy and plan was researched. As a result, Jakarta metropolitan area and eastern industrial zone is selected as the first location. Then, expansion to Surabaya area as the second next is the steadiest step.

(2) Summary of Demonstration Project
As models and applications of expected CNGV are buses, trucks and taxis. Since these vehicles consumes much fuel and are running in certain routes/area, CNG stations can be arranged effectively. PT. Pertamina, State-owned oil and gas company, has a priority direction to expand CNG stations for TransJakarta busway. So, in the demonstration project, target vehicles are put for government official cars and trucks routing around industrial zones for advertising-effective and economy-effective. And Japanese style CNG stations will be put in the target area.

(3) Issues and success factors of Demonstration Project
Reasons that the spread of CNGV was not much as expected are the development of CNG station was not so many proceeded and also unstable CNG quality. Indonesian Government tried to spread CNGV with free distribution of retrofit conversion kit. However, the users were not guaranteed for safety, the spread has remained in part. Therefore, it will be necessary to indicate to users that safety, economic and environmental friendly of the CNGV is ensured in this project using of high quality Japanese CNGV vehicles.

For CNG stations, due to the difficulty in acquisition of land in Jakarta, Japanese compact, less noise & vibration, oil-less / oil-free compressor will be the best choice. And in the industrial zones, efficient layout of Japanese CNG station will be applicable.

As a key success factor in this demonstration project and future prospective business, PT Pertamina is selected as the local counterpart. Pertamina owns gas field for target area and has been operating CNG stations. Since the idea of demonstration project is not overlap with their plan, Pertamina is willing to work together. Through government-to-government relationship in the project, cooperation with MIGAS, Indonesian oil and gas authority will be strengthened.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る