成果報告書詳細
管理番号20140000000547
タイトル平成25年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 中国におけるCCS-EOR候補地点の抽出及びCO2挙動モニタリング技術適用プロジェクト案件発掘調査」
公開日2014/8/21
報告書年度2013 - 2013
委託先名公益財団法人地球環境産業技術研究機構 日揮株式会社 中外テクノス株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約CCSに原油増進回収を組み合わせたCCS-EORは、石油増産という商業的利益を生むため、CCSの普及手段としても注目を集めている。CCS-EORの効率化には、圧入したCO2の挙動を的確に把握するモニタリング技術が不可欠であるが、本事業では当技術の適用候補油田を中国石油と共同で検討するとともに、モニタリング実施の有効性を評価する。また、石油増産の効率化を図る技術として、マイクロバブル技術のEORへの適用、および微生物利用CO2再資源化技術の適用の可能性調査を行う。さらには、CCS-EORを普及展開させるビジネスモデルを検討・立案する。具体的な実施事項は以下のとおりである。
1.中国におけるCCS-EORの候補地域・地点の分析(RITE):中国における石炭火力発電所の分布状況を把握するとともに、油田開発状況、CCS-EORの普及状況に関する情報を収集し、石炭火力発電所起源のCO2によるCCS-EORの候補地域の分析を行うとともに、CO2削減効果を試算する。
2.CO2挙動モニタリング技術適用候補油田の協議・分析(RITE):モニタリング技術の適用性、効果を中国石油に提示し、その上で中国石油と共同でモニタリング技術を適用する候補油田を協議する。また、候補油田の油層特性を分析する。
3.モニタリング実施計画の策定と効果の分析(RITE):モニタリング技術の適用方法を検討し、その適用性・有効性を分析する。
4.マイクロバブル技術のEORへの適用性調査(RITE):CO2を微細気泡化し、貯留層中の小さな孔隙にも浸透するようにするマイクロバブル技術をEORに適用することにより、石油増産効率化が図れないか可能性を調査する。
5.微生物利用CO2再資源化の適用性調査(中外テクノス株式会社):微生物利用技術調査として、中国油田における常在微生物および水質データ等の油層情報の調査を行い、微生物を利用したCO2再資源化技術の適用性の評価を行う。
6.将来のビジネスモデルの検討(日揮株式会社):地球温暖化防止に係わる世界と中国の取り組み、排出権取引の状況、中国におけるCCS政策を調査した上で、CCS-EORのビジネスモデルを検討、立案する。
英文要約CCS-EOR is a driver for the deployment of CCS, as it brings commercial benefit to both CO2 suppliers and users. For achieving efficient and appropriate CO2 injection in CCS-EOR fields, techniques for accurate CO2 monitoring are required.The purpose of the feasibility study is to select several candidate CCS-EOR sites for CO2 monitoring tests, and to evaluate the validity of the tests in China.The feasibility of micro-bubble technologies applied to EOR and microbial regeneration of methane in subsurface using sequestered CO2 are also surveyed. Moreover, business model for spreading CCS-EOR and acquiring economical benefit from the system are described in the report.The feasibility study examines the following items.
1.Assembling information for CCS-EOR site selection: Candidate sites for CCS-EOR in China are studiedbased on information such as CO2 emissions from coal fired thermal power stations, and the situation of oil production and CCS-EOR tests. The potential reduction amount of CO2 emissions achieved by CCS in China is also estimated.
2.Discussion with Petro-China for site selection: Candidate CCS-EOR sites for the tests of the CO2 monitoring techniques, proposed by the Research Institute of Innovative Technology for the Earth, are discussed with Petro-China. The characteristics of the candidate oil fields are also surveyed.
3.Planning of CO2 monitoring: CO2 monitoring methods and procedures in the candidate CCS-EOR sites are planned, and the validity of the plan is evaluated.
4.Feasibility of micro-bubble technologies applied to EOR: Feasibility and validity of micro-bubble technologies applied to EOR are studied.
5.Feasibility of microbial regeneration of methane in subsurface using sequestered CO2: Feasibility and validity ofmicrobial regeneration method of methane in reservoir using sequestered CO2are studied.
6.Study of business model: Business model for spreading CCS-EOR and acquiring economical benefit from the system are studied, referring to information concerning CO2 trading and CCUS strategies in China.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る