成果報告書詳細
管理番号20140000000607
タイトル平成25年度-平成26年度成果報告書 インド共和国(印国)におけるスマートグリッド関連技術に係る現状分析
公開日2014/8/20
報告書年度2013 - 2014
委託先名富士電機株式会社 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 プライスウォーターハウスクーパース株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約慢性的に電源が不足しているインドにおいて、持続可能な経済成長に貢献するスマートグリッド関連技術を対象として、我が国技術の導入・展開の足掛かりとするための実証事業計画について基礎調査を実施した。インドにおいてスマートグリッド技術の導入を推進している電力省(MoP: Ministry of Power)配下の省庁間連携組織であるISGTF (India Smart Grid Task Force)、官民連携組織であるISGF(India Smart Grid Forum)が計画している14のスマートグリッド・パイロット・プロジェクトのうち、ハリヤナ州北部地域の配電事業を所管しているUHBVN(Uttar Haryana Bijli Vitran Nigam Limited)のパニパットを実証事業の候補地として選定した。
インドの他の多くの配電会社と同様に、UHBVNも財務状況は逼迫しており、2011年度には201億ルピーもの損失を計上、4.93ルピー/kWhの供給コストに対し2.76ルピー/kWhしか回収されていない。この不健全な財務体質は、高いAT&Cロスが収益を圧迫していることが主たる要因である。
この損失は州政府からの補助金により補填されており、多額の補助金負担が電力インフラへの追加投資を阻害している。パニパットでは、1)盗電、電力メータ改竄、料金徴収漏れによる36.1%と高いAT&Cロス、2)最大電力需要に対する最大電力供給が約17%不足、フィーダ単位での計画停電を高頻度で実施、3)長時間を要する事故停電発生時の復旧、4)フィーダ間の連系不足による事故発生時のフィーダ全体への停電波及、という問題が生じている。
これらの問題点の解消に向けて、本実証事業では、1)電力メータの自動検針や電力メータ装置改竄を検出するAMI(Advanced Metering Infrastructure)、2)AMI、SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)を活用したPLM(Peak Load Management)、3)フィーダへのセンサ設置とSCADAを活用したOM(Outage Management)、4)区分開閉器、連系開閉器の設置とそれらを制御するSCADAを活用したOMとPLMの4つのソリューションを導入し、状況の改善を図る。AMIの通信方式には、通信品質を担保しつつ通信コストを抑制することが可能なTWACS(Two-Way Automated Communication System)方式を採用する。またSCADAはインドの配電環境に合わせて必要な機能に特化したSimplified SCADAを導入する。
実証事業は、パニパットの3つのフィーダを対象とし、全体の実証期間は4年を想定している。実証前調査は、開始から半年程度実施し、その後、実証設備の設計・製作段階に入る。設計から設備設置、および全体の組合せ試験までに1年間、データ取得など実証運転は2年間を予定している。スマートグリッド関連技術を活用した実証事業を通じて、1)需要家の受電量制御によるピークロードの抑制効果、2)計画・事故双方の停電時間短縮効果、3)再生可能エネルギー導入拡大への貢献、4)盗電ロス削減効果などを評価していく。実証事業の推進にあたっては様々な課題が存在するが、ピークロード抑制のための電気料金制度設計と展開が重要な課題となる。特にTime of Use(TOU)の電力料金体系の制度設計は、UHBVNが主体となって設計と顧客説明、および制度の展開を図る必要がある。
本実証事業により、AMI、SCADA等、我が国のスマートグリッド技術のインドにおける優位性を立証した後、更なる発展が期待されるデリー・ムンバイ産業回廊、チェンナイ・バンガロール産業回廊を中心とした地域への展開を図り、長期的には1兆円規模の事業展開を目指す。
英文要約This project aimed to investigate the Smart Grid technology that contribute to sustainable economic growth in India - which is facing a chronic electricity shortage – with the objective of collecting basic information toward implementing a demonstration project that will act as a beachhead for Japan to introduce and deploy its technologies. As the demonstration site, Panipat of UHBVN (Uttar Haryana Bijli Vitran Nigam Limited), Haryana State was selected from 14 Smart Grid pilot projects which are promoted by MoP (Ministry of Power) Government of India, ISGTF (India Smart Grid Task Force) and ISGF (India Smart Grid Forum).
As well as many other power distribution companies in India, UHBVN is suffering from its unsound financial structure. In FY2011, UHBVN has recorded a loss of Rs20.1 billion and the gap between ACS (Average Cost of Supply) and AR (Average Revenue) is Rs2.17/kWh (ACS=Rs4.93/kWh, AR=Rs2.76/kWh). High AT&C losses which squeeze on profits caused this unsound financial structure. This loss is compensated by subsidies from the state government; subsidy burden a lot of money has been inhibiting the additional investment to the power infrastructure.
Issues of power distribution system of Panipat can summarized as following 4 points ; 1) High AT&C Loss reaching 36.1% caused by power theft, meter tampering, billing inefficiency 2) Gap between peak demand and supply reaching about 17%, causing regularly planned outage 3)Long duration in accidental power outage 4) Spread of outage to the entire feeder due to lack of interconnection between the feeder.
To improve these situations, our demonstration project will implement 4 solutions; 1) AMI (Advanced Metering Infrastructure) for automatic meter reading and detection of any meter tampering 2) PLM (Peak Load Management) with utilizing AMI and SCADA (Supervisory Control And Data Acquisition) 3) OM (Outage Management) with SCADA and sensors deployed in the feeders 4) OM and PLM with Section Switch and Connection Switch deployed in the feeders controlled by SCADA. TWACS(Two-Way Automated Communication System) which ensures communication quality and cost efficiency would be implemented as the communication method of AMI. And also, Simplified SCADA which have mandatory function according to the circumstance of the power distribution system in Panipat would be implemented.
The demonstration project will target at three feeders in Panipat, and the duration would be totally 4 years. The feasibility study will be conducted for six months from the starting date followed by the designing and manufacturing of facilities for the demonstration activities. It will take one year from the designing and installation of facilities up to the integration test, and the demonstration will take two years. Through the demonstration project, following benefits of smart grid will be evaluated; 1) the peak load suppression effect achieved by control of power received by consumers 2) Reduction of outage hours both upon accidental and planned 3) Increasing renewable energy to be introduced 4) Reduction of AT&C Losses. Design and customer education and deployment of TOU (Time of Use) mechanism would be the most critical among many concerns on the project which UHBVN have to address.
With the verification of superiority of Japanese Smart Grid Technology (i.e. AMI, SCADA etc.) thorough this project, we will develop JPY 1,000 billion scale business especially in DMIC (Delhi Mumbai Industry Corridor) and CBIC (Chennai Bangalore Industry Corridor) region by introducing our Smart Grid technology in long term.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る