成果報告書詳細
管理番号20130000000050
タイトル平成23年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業11B04018c ナノ構造制御によるポリマー薄膜太陽電池の高効率化 平成23年度中間
公開日2014/9/17
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人東京大学但馬敬介
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約 新たなモノマーユニット(ベンゾジチオフェン)と、当グループの開発した共役側鎖を持つユニットの組み合わせによって合成した半導体高分子を用いた太陽電池において、VOC = 0.78 V, JSC = 11.88 mA/cm2, FF = 0.68が得られ、当研究グループでの光電変換効率のこれまでの最高効率を更新する変換効率6.30%を達成した。
また、ナフタレンジイミドベースの新たなn型有機半導体ポリマーを開発し、p型有機半導体ポリマーとの組み合わせによって太陽電池を作成することに成功した。効率は1.63%とこれまでに開発したペリレンジイミドベースのポリマーには劣るものの、電荷の輸送効率を示すFFは0.66程度とフラーレン系の材料と同程度に高くなっており(これまでのペリレンジイミドベースのポリマーでは0.5程度)、この材料系の高いポテンシャルを示した。
英文要約 A combination of a new monomer unit (benzodithiophene) an the conjugated side chain unit that has been developed in our group led to a new semiconducting polymer. The organic solcar cells based on this polymer showed VOC of 0.78 V, JSC of 11.88 mA/cm2 and FF of 0.68 resulting in the highest power conversion efficiency in our group (6.3%)
We also developed a new n-type semiconducting polymer based on naphthalenediimide. By combining with a p-type semiconducting polymer, organic solar cells were successfully fabricated. The highest efficiency of the cells was 1.63% but FF reached to relatively high value of 0.66 that is comparable to that of the fullerene-based n-type material. This result shows a high potential of this materials for photovoltaic applications.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る