成果報告書詳細
管理番号20140000000512
タイトル平成25年度成果報告書 技術開発型ベンチャー支援に資する分野横断的公募事業の成果活用状況と評価結果の関係検討
公開日2014/9/11
報告書年度2013 - 2013
委託先名日鉄住金総研株式会社
プロジェクト番号P12012
部署名イノベーション推進部
和文要約件名: 平成25年度成果報告書 技術開発型ベンチャー支援に資する分野横断的公募事業の成果活用状況と評価結果の関係検討

今年度から開始するNEDOの第三期中期計画が開始されるが、その中で「経済の活性化や新規産業、雇用の創出の担い手として、新規性、機動性に富んだ技術開発型ベンチャーへの実用化開発助成事業における取組等を一層推進すること」とうたわれている。NEDOでは、これまでに企業等による新たなアイデアによる技術開発を支援する「分野横断的公募事業」を実施してきた。
本調査では、個別の事業に関する追跡調査・評価を行い、具体的にどのように成果が活用されているのかを把握することによってアカウンタビリティの向上を図るとともに、個々の事業の成果活用状況と応募時の提案審査結果等の評価結果との関係を分析し検討することにより、技術開発型ベンチャー支援策の提案審査等におけるより効果的な評価システムの構築に資することを目的とする。
成果活用状況は、実用化状況報告書とアンケート調査により情報収集を行い、評価結果は、採択審査と事後評価から情報収集を行った。また、以上のデータを用いてデータベースの構築を行い、抽出・検索を容易にできるようにした。
下記に調査概要を示す。

1) 調査対象
イノベーション実用化助成事業786件、大学発事業創出実用化研究開発事業(マッチングファンド)386件。合計1,172件。
2) 調査データソース
・実用化状況報告書
・アンケート調査
・採択審査
  事前評価
  委員評価
・事後評価
3) 調査内容
・成果活用状況を、助成額別、企業規模別、事業分野別の観点で整理・分析。
・成果活用状況と採択/事後評価結果の関係を、時系列、委員別の観点で整理・分析。
・データベースの構築
英文要約Title: The analysis of relationship between evaluation results and outcomes utilization of Cross-Sectoral Public Subsidized Project contributing to Technology Development Venture Support FY2013

In the Third Mid-term Plan of NEDO, which will be implemented starting this year, NEDO mentions: We will further promote the efforts of the Practical Application Development Support Projects targeting Technology Development Ventures with high novelty and mobility, as these projects are promising agents for stimulating economic growths and for creating new industries and employments. Until now NEDO has been carrying out the Cross-Sectoral Public Subsidized Projects to support the technology development based on new ideas by institutes including private companies.
In this study, we aim to improve the accountability related to the projects by understanding how the project outcomes are utilized through follow-up and evaluation studies of each project cases. Additionally we aim to contribute to the construction of more effective evaluation system of Support for Technology Development Venture such as for proposal review of projects, by examining and analyzing the relationship between outcome utilization and the evaluation results at the time of application or year after the support exit.
The data of outcome utilization were gathered from Reports of Practical Application and results of the questionnaires. The data of evaluation results were gathered from review for adoption and Ex-post Evaluation. Moreover, we built the database based on these data, in order to help users easily search and extract.
The research summary will be shown below.

1)Investigation objects
786 Innovation Practical Application Development Support Project, Grant for Practical Application of University R and D Results Vender the Matching Fund Method 386. Total of 1,172.
2) Survey data sources
・Reports of Practical Application
・Results of the questionnaires
・Review for adoption
  ・Pre-evaluation
  ・Evaluation of committee
・Ex-post evaluation
3) Contents
・To analyze and organize the data of outcome utilization by amount of grant money, size of companies and field of projects.
・To analyze and organize the data of evaluation results by time series and behavior of committee.
・To build the database.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る