成果報告書詳細
管理番号20140000000537
タイトル平成25年度成果報告書 社会課題対応センサーシステム開発プロジェクト (研究開発成果等の他分野での先導研究) 鳥インフルエンザウイルス監視システムの開発
公開日2014/9/30
報告書年度2013 - 2013
委託先名独立行政法人産業技術総合開発機構 パナソニック株式会社
プロジェクト番号P11006
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成 25 年度成果報告書 社会課題対応センサーシステム開発プロジェクト (研究開発成果等の他分野での先導研究) 「鳥インフルエンザウイルス監視システムの開発」

光学部品をプレス成型により作製して、新しいセンサの部材とした。インフルエンザウイルスAをネブライザーを用いて鶏舎模型内に散布を行い、新しく開発したセンサを用いて検出を行った。ゼラチンフィルターを用いてウイルスを捕獲することにより、104pfu/mLのウイルスの検出に成功した。
英文要約Title:The Sensor System Development Project to Solve Social Problems. Development of avian influenza virus surveillance system(FY2013)Final Report

We fabricated v-shape optical parts with a hot press process. Influenza virus Type A dissolved in water was evaporated in a poultry house model and we measured detection limit of influenza concentration with our new sensor having a gelatin filter. We successfully detect the virus of 104pfu/mL.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る