成果報告書詳細
管理番号20140000000543
タイトル平成25年度-平成26年度成果報告書 「福祉機器情報収集・分析・提供事業 情報機器等における障がい者への支援機能の現状及びユーザーニーズの検討」
公開日2014/9/27
報告書年度2013 - 2014
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ
プロジェクト番号P93011
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約件名:平成25年度-26年度成果報告書 
情報機器等における障がい者への支援機能の現状及びユーザーニーズの検討

調査目的
本調査は、障がいがあってもインターネットや情報機器の利便性を享受できることを目的とした、情報機器が持っている支援機能の現状や、障がい者の福祉に供するアプリの開発動向を調査するものである。アンケートやヒアリング調査により、障がい者のニーズにマッチした製品を開発するための方法をまとめることを目的とした。

調査方法
ウェブ検索による支援ツールの現状把握、障がい者へのアンケート、ヒアリングによるニーズ把握、有識者へのヒアリングによる支援ツールの効率的開発方策等に関する意見聴取によって行った。

調査結果
1支援機能の現状
高齢者や軽度の視覚障がい者のための基本的な支援機能は、どのOSにも備わっている。重度の視覚障がい者を支援するソフトやツールは、非常に数が多く、ウェブ専用サイトもある。聴覚障がい者用の支援ツールでは、筆談ボードやデジタルペンによって、手書きの文字や絵がパソコンに取り入れられるものがある。手や指に障がいのある人の入力支援ツールは、様々な条件があるので様々な機器が考案されている。(第4章 第1節)
アンケート調査によれば、障がい者のニーズとして、障がい者と健常者の意思疎通に関するものが多かった。(第4章 第2節)
ヒアリング調査からは、電子すかし技術など、障がい者のニーズにマッチした技術がある一方で、音声の同時翻訳など技術レベルが十分でないものや、ニーズが有ってもアプリが存在しないものがあり、障がい者のニーズに満たす製品を開発する余地はまだ十分あることが分かった。(第4章 第3節)
2アプリの開発動向
パソコン、スマートフォン用のアプリでは、視覚障がい者に対しては文字を音声で、聴覚障がい者に対しては音声を文字で読むことが可能なツールが多い。これらは無料で配信されているものも多い。(第4章 第1節-第3節)
iOSやAndroidでは、アプリの開発を容易にするプラットフォームが提供されることから、専門会社でなくとも、小規模の会社や個人が、自分のアプリを作成することが容易になった。(第5章 第2節)

3支援ツールの効率的な開発方法
障がい者向け情報機器の開発は、だれもが比較的容易に入手できる情報機器をベースに、障がい者を支援する機器を開発していくことが、開発期間も短く、経費も少なくてすむ方法であると考えられる。(第4章 第3節)
障がい者のための支援機器を開発する方法として、タブレットやスマートフォンなど既存のハードウェアに、障がい者のニーズにマッチしたソフトウェアを実装し、操作性に配慮した機器に仕上げていくことが最も効率的な方法である。(第5章 第4節)

結論
本体は既製の情報機器を活用し、障がいの部位や程度に応じて必要なアプリや入力補助装置等を開発することで、ソフトウェア(アプリ)やハードウェアの開発コスト、製造コストを大きく削減できる可能性が示された。タブレットやスマートフォン等には多様なセンサーや通信機能が組み込まれており、必要最低限の開発で障がい者の支援機器が開発可能と言える。また、ユニバーサルデザインの概念を取り入れ、今後、人口増加が予想される高齢者もユーザーに取り込む様な工夫をすることで市場の拡大が見込める。(第5章 第5節)
最後に、障がい者の自立、社会参加を支援するツール(ソフト、機器)を効率的に開発するための留意点についてまとめた。(第5章 第6節)
英文要約2013-2014 year Result Report
Surveillance study to consider the current status of support functions for disabilities users in information equipment and user needs

The purpose of the survey
This survey is intended to consider the current status of support functions for disabilities users in information equipment and development trend of application.

Results of the survey
1Current status of support functions
Any OS has basically the functions with the expansion of character, zoom function, color adjustment for elderly persons and mild visual disabilities. There are various tools and software supporting severe visual disabilities. In terms of support tools for hearing disabilities, there are digital pen and board conversation by writing, painting and handwriting is incorporated into the hearing impaired person’s PC. (Chapter 4, Section 1)
By questionnaire survey, as the needs of disabilities users, most of those requests were related to mutual understanding of healthy people and people with disabilities. (Chapter 4, Section 2)
By hearing survey, we revealed that there is a variety of promising technology that matches the needs of disabilities people. But on the other hand, there is enough room to develop products for disabilities users. (Chapter 4, Section 3)

2Development trend of the application
On Android and iOS of iPhone, the platform that facilitates the development of applications is provided, so even small company or owner could make their applications easier. (Chapter 5, Section 2)

3Method for developing an efficient support tool
It will be the best way for saving development time and cost, to develop an equipment to support the disabilities users based on the information equipment which everyone could get easy. (Chapter 4, Section 3)
Many of the support tools for disabilities users have become possible to develop by using general-purpose products due to the high performance of tablets and smartphones and their widely spread. The most efficient way to develop support tools for disabilities users is to implement software which could match the needs of disabilities users to hardware such as tablets and smartphones and to make the tool easy of operation. (Chapter 5, Section 4)

Conclusion
From this survey, the possibility was shown that development and manufacturing cost of the software (application) and hardware could be greatly reduced, using existing information equipment and developing necessary applications. Furthermore, as it is possible to add the appropriate device depending on the disabilities level, it would be possible to develop support devices for disabilities users in the minimum requirement. (Chapter 5, Section 5)
Finally, we summarized the points to keep in mind to effectively develop (software, equipment) tools to facilitate to support independence of disabilities and join to social participation. (Chapter 5 Section 6)
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る