成果報告書詳細
管理番号20140000000546
タイトル平成25年度成果報告書 NEDOプロジェクト成果のフォローアップ調査に関する検討
公開日2014/9/18
報告書年度2013 - 2013
委託先名一般財団法人マイクロマシンセンター みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成25年度成果報告書「NEDOプロジェクト成果のフォローアップ調査に関する検討」

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、研究開発プロジェクト成果の実用化に向けた取り組みの一環として、「NEDOプロジェクトにおける知財マネジメントの基本方針(平成22年12月策定、平成24年12月改定)」により、プロジェクト参加者への知財意識向上を図るとともに、NEDOプロジェクトの実施効果の最大化に向けた知財マネジメントの強化を行っている。しかしながら、本基本方針では、知財の取得及びその実施に係るルールの合意形成のプロセスについては明示されていない。また、プロジェクト終了後の成果管理・普及に向けての具体的なスキームの指針についても提示されていない。本事業では、知財の取得及びその実施に係るルールの合意形成プロセスを分析にした上で、NEDOプロジェクト成果の利用可能性を高めるスキーム構築に必要な要件を明確にするため、以下の調査を実施した。1)成果利用スキーム構築のための要件調査 技術研究組合等の産学官連携コンソーシアムで実施された研究開発の創出成果の利用スキーム構築に必要な要件を明らかにするため、知財ルール・マネジメントの検討内容を記録した議事録等の文書、及びプロジェクト関係者からのヒアリングに基づき、研究開発プロジェクトの企画立案からプロジェクト終了時までの知財ルール・マネジメントに関する検討経緯や合意内容を収集・整理した。更に、プロジェクト参加者へのアンケートを通して、プロジェクト参加者以外の第三者への成果利用に対する意識調査を行った。調査結果から、具体的な製品の実用化まで遠い基礎・基盤的な技術やソフトウェア・データベース等の研究インフラで第三者へのプロジェクト成果利用が見出された。また、成果利用スキーム構築やプロジェクトのテーマ運営における課題も抽出された。2) NEDOプロジェクト終了後における効果的な成果管理・普及までを含め、研究開発成果の効率的な活用を促進するための仕組みについての実証的な検証を行った。具体的には、平成25年3月に終了した「異分野融合次世代デバイス製造技術開発プロジェクト」(BEANSプロジェクト)で構築したスキーム(成果を一元的に集積(プール)することによってライセンスを行う方式)の有効性について、成果利用スキームを構築するプロセスの整理・分析、及び、実際の成果管理・普及活動を通して検証した。調査結果から、BEANSプロジェクトの成果利用スキームでは、ホームページよる情報発信や展示会での広報活動を充実させ、できるだけ多くの人に、プロジェクト成果の利用手段があることを知っていただくことが重要であり、利用可能性を高めるための課題も抽出された。
英文要約Title:Follow-up survey for the results of NEDO R&D projects (FY2013) Final Report

New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) has established a “fundamental policy for the management of the intellectual properties” which is obtained from the R&D activities of NEDO projects, so as to increase the researchers' mindfulness for strategic intellectual property creation and maximize the outcomes of NEDO projects. However, this fundamental policy has not yet provided the process for making agreement to the rules which regulate the procedures of acquiring and managing the intellectual property rights among participants of NEDO project. Therefore, in this survey, we have carried out a case study over the agreement process for the rules on the intellectual properties through the following process, so as to define the essential requirements for establishing the scheme which increase the opportunities for utilizing the results of NEDO projects. 1) Requirement on scheme building to promote utilization of R&D results. In order to define the essential requirements for constructing the utilization scheme of R&D results obtained by the activity of Industry-academia-government collaboration consortium, we have analyzed the agreement process among the participants of several sampled NEDO projects based on the information collected from the minutes of the meetings on intellectual properties management and the interviews to the project management representatives. Moreover, we have analyzed the result of the questionnaire survey to the participants of one of the NEDO projects in order to clarify their mind over the third party use of the R&D. The result of this survey has indicated that the scheme to promote the utilization of the intellectual properties would be possibly established if the intellectual properties were acquired from basic and foundational researches. Also, we have found the awaiting solution for the strategic creation and the management of the R&D result and the intellectual properties. 2) Empirical study to verify the scheme on utilization of R&D results. This empirical study investigated on the scheme of utilizing R&D results, typically patents, of NEDO project. The scheme includes management that is performed after the completion of the project. Specifically, the study examined the validity of the scheme established by Bio Electromechanical Autonomous Nano Systems Project (BEANS Project, 2008-2013), analyzed processes of the scheme, and tried actual management and dissemination activities. As the result, it specified requirements for operation such as way of integrating and identifying patents for sub-licensing. Also, the study extracted issues towards dissemination such as PR activities in the exhibition or on web in order to inform the means of using the patents to as many people as possible.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る